【富士宮市 海鮮丼】『ひこまる』席数3の人気店!隠れ家的店の500円まぐろ丼

富士宮市 海鮮丼 【ひこまる】ダヤンテールブログ

 【ひこまる(ひこ○)】

『富士宮市』『海鮮丼』でググると上位検索される、2022年11月現在口コミ数58件

星評価4.3の富士宮市黒田にある【ひこまる】

とても判りにくい構造?のお店で、お店の場所が判ったとしても初訪時は(う~ん…)と思ってしまいそうになる外観(入口?)だ

座席数も行ってみれば判るのだが、コロナ禍だから…では無く、物理的な問題で元々少ない

(MAX4席)

いっときはそれこそ、新型コロナの影響で『2席』にまで減らしたが

富士宮市 海鮮丼 【ひこまる】ダヤンテールブログ

自粛期間中の2席しか無かった時の店内。こんなに狭いのにがらんとしている。

現在は3席で落ち着いている

【ひこまる】としてはオープンして8年程経つそうで、噂を聴いて行ってみようかと店の前を通る度に

(次に…しよう)え?

(今日はやめとこう…次…だな)なぜ?w

と前を通りつつもなかなか『勇気』が出ず、行く機会を逃しまくっていたのたのだが…2年前に1度友人を伴い訪れる機会があり、1度行ってからは2回目以降の訪問は難無くクリア✨

(そんなもんだ笑)

フォロワー様の中にも『ここのお店気になっているんだけど…ちょっと行きづらい』って方もいらっしゃるみたい

(;´・ω・)気持ちは わかる…!

今回は、地元個人スーパーを経営する傍ら

スーパー裏口(?)を改装した小さな海鮮丼のお店を、老齢のご夫婦お2人で営業されている【ひこまる】をご紹介致します🐈

 アクセス・場所・駐車場

富士市から富士宮市へ向かう県道414号線

富士宮中央消防署を過ぎ、横断橋のある交差点を高架橋の方面(南・左折)へ進みます

富士宮市立黒田小学校のある大きなカーブをそのまま道なりに450mほど進むと、ちょっと坂を上りきったような場所に『星稜高校前』信号があり、その左手には『フルーリス』という洋菓子屋さんがあり…

富士宮市 海鮮丼 【ひこまる】ダヤンテールブログ

左側にある石造りの建物が『フルーリス』。【ひこまる】はこの信号のすぐ東側にあります

【ひこまる】はその陰になっていて車からは見えにくいのですが、リンゴのマークに【SANO】と店看板にかかれたスーパーの建物の

富士宮市 海鮮丼 【ひこまる】ダヤンテールブログ

リンゴのマークと『SANO』と書かれたスーパーが目印

南東側裏口?のような場所に『入口』があります

富士宮市 海鮮丼 【ひこまる】ダヤンテールブログ

『スーパーSANO』の裏口?に水色の暖簾を掲げた【ひこまる】の入口がある

【ひこまる】はわからなくても、入口付近に『まぐろ丼』の幟がいくつか立っていたら、大丈夫!

安心してください!あってますよ(笑)

 駐車場

駐車場はその『スーパーSANO』の駐車場へ停めてOK!

『スーパーSANO』のオーナーが【ひこまる】のオーナーでもあるのだけど、スーパーでの買い物客は殆ど見たことが無いなぁ…

噂によると『繁忙期?』にはスーパー店内に特設?したテーブルで食べることが可能だと聴いたことがあります(真実は知りません💦)

 外観・入り口・店内

『スーパーSANO』の建物の南東角に暖簾のかかった引き戸があり、そこが【ひこまる】の入口で扉を開けると、こんな感じ

2畳ほどのたたきにカウンター席が(現在は)3つ

富士宮市 海鮮丼 【ひこまる】ダヤンテールブログ

現在は3席で落ち着いている店内

店内はこれが全てです(笑)

オーナーさんの姿が見えなかった場合は、カウンターに置かれている『呼び鈴』を鳴らして下さい

(すいませ~ん…と声をかけても聴こえない場合があります)

座席回り・店内は非常に狭いのですが、清潔感はあります

この建物(空間?)は、もともと魚屋を営んでいたご主人が、安価で旨いまぐろをお客さんに食べて貰いたいとスーパーの一画を自ら改装された、手作り空間✨

奥さん曰く『家賃も人手もかけてないから何とかこの値段で提供できるの。夫婦元気なうちは(ひこまるの営業を)やっていきたい』との事です

現在は毎朝4時に沼津港まで仕入れに行っているので、夕方は疲れてしまい16時半でおしまいと仰る ちょっとご高齢のご夫婦

席につくと女将さんがオーダーを通し、裏方の旦那さんに指示しています(笑)

寒い日には温かいお茶を暑い日には冷茶を出したり、世間話をしたり

富士宮市 海鮮丼 【ひこまる】ダヤンテールブログ

寒い日には温かいお茶を、暑い日には冷茶をふるまってくださいます

新規の女性のお客さん歓迎で、女将さんから心ばかりのプレゼントをいただけ

富士宮市 海鮮丼 【ひこまる】ダヤンテールブログ

以前は籠いっぱいにあった手作りティッシュカバーも在庫が尽きたので、今は使い捨てマスクを新規女性客にプレゼント♪

食後にはお茶請けもいただけます

富士宮市 海鮮丼 【ひこまる】ダヤンテールブログ

女性には何かしらしてあげたいらしい(笑)

息子さんがイラストレーターをされているそうで、店内では息子さん作画のポストカードを販売していたり

富士宮市 海鮮丼 【ひこまる】ダヤンテールブログ

ご子息の作品のポストカード

お店のショップカードは1枚1枚息子さんが手書きをされているそうで、貴重な一枚頂いてきました

富士宮市 海鮮丼 【ひこまる】ダヤンテールブログ

女将が大事にしている、一枚一枚ご子息が描いた貴重なショップカードを頂きました

ご子息のお話をされる女将さんが本当に嬉しそうにお話をされてくるので、こちらも思わずほっこりとしてしまいます

 メニュー

メニューは頭上に短冊で貼りだされています

『まぐろ丼500円(税込)』から始まって現在一番高いもので『980円(税込)』!👀

富士宮市 海鮮丼 【ひこまる】ダヤンテールブログ

一番安価なもので『まぐろ丼(並)500円』。一番高いもので『3種盛り丼(各種)980円』いづれも税込み価格

FCやチェーン店ならいざ知らず、個人店でこのお値段をずっとキープしているのは凄い!

更に!富士宮の地域振興券『元気わく湧くクーポン』が使用できるらしい

が!クーポンは1000円単位から使用可能なので…2杯以上食べるか、連れがいないと使用できない(笑)

驚きの価格設定なのですが、それでも『500円のまぐろ丼』以外は少しづつ値上がりしています

『500円まぐろ丼(並)』は開店時からずっと500円のまま

部位は赤身が基本なのですが、切り分けでたまに『中とろ部位』が入っていたりして…入っていたら超ラッキー✨

メニューに迷ったら『500円まぐろ丼(並)』をお勧めします

短冊には使われている食材が書かれていてわかりやすいのですが、唯一わからない『盛り合わせ丼(780円)』はいわゆる『海鮮丼』のこと

ただ『まぐろ』は少なめ

『まぐろ2種盛(780円)』には、赤身やハラミなどが使われているのだそうです

後、『漬け』を頼むときは注意してください

『漬け丼』には『レタス』を使用(※漬の下にレタスを敷いてある)してあって、人によってはこの『レタス』不評なんだとか😅

初訪で『漬け』を頼むと、女将さんが心配してその辺りを確認してきます

 

メニューのところどころに『大盛』とか『大盛無料』と書かれていますが、男性の方や普通以上に食べられる方は大盛を推奨

並盛は女性茶碗の1杯分ほどのご飯の量なのでよく食べる方には少なく感じると思います

また、提供時間が思っている以上にかかることがあるかも知れませんが、確かな商品をつくっている証拠

時々解凍をご飯の上で済まそうと、半解凍状態まぐろをご飯の上に乗せドリップがめちゃくちゃ染み出ているものを出すような店も見かけますが、【ひこまる】では一度もありません

暖かい目で見守ってくださればと思います

 中とろまぐろ丼(780円)

漬けも良いなとか、他のメニューも食べてみたいなと思いつつなぜか毎回『中とろ丼』を頼んでしまうダヤン(プチ贅沢好き笑)

富士宮市 海鮮丼 【ひこまる】ダヤンテールブログ

ついつい頼んでしまう『中とろ丼』

富士宮市 海鮮丼 【ひこまる】ダヤンテールブログ

行く度盛り付けや切り方が違う(笑)

ご飯は冷ました白飯

必要以上に冷たくはなっていないので、冷蔵庫などにはいれず常温保存してあるものでしょうか?

乾きにムラがある事があるのでそこだけが気になります(米フェチ)し、利用するごとに柵の切り方や量が違うのはご愛敬で😅

富士宮市 海鮮丼 【ひこまる】ダヤンテールブログ

器の真ん中に大葉が一枚敷かれ、手切りの大根のつまがこんもりと盛られています

ワサビは練わさびですが、結構つーんときます富士宮市 海鮮丼 【ひこまる】ダヤンテールブログ

まぐろは、醬油の小皿へつけると表面にぱーっと脂が走る良い脂の載り加減♪

富士宮市 海鮮丼 【ひこまる】ダヤンテールブログ

プチ贅沢でついつい頼んでしまう『中とろ丼』。脂が醤油の上を走ります

富士宮市 海鮮丼 【ひこまる】ダヤンテールブログ

さしも良い感じよな

比較的小食ダヤンがちょうどいいと思える量です

丼には、お味噌汁・漬物・(時々副菜)

富士宮市 海鮮丼 【ひこまる】ダヤンテールブログ

時々『副菜』がついてくることも(笑)

と最後にサービスでお茶請けのお菓子も頂けたりします

富士宮市 海鮮丼 【ひこまる】ダヤンテールブログ

お茶請けを1つ出すのは女将の拘りらしい

 迷ったら500円まぐろ丼…だがちょっと待ったぁ! 

さて、最後に行った際に『提供間際』衝撃の事実を女将から聴かされました

( ゚Д゚)なぜオーダーしてから…

グーグルの口コミでも【ひこまる】の惜しむらくは『白飯』である事…と何件も書かれているのですが

ひこまる
おばちゃん、酢飯にもできるよっ✨みんなにも宣伝してあげて♪

と仰るのです💦

ええええっ….(;´・ω・)!

いやいやいや…

店内にどこにも書いてないし、私ブロガーとも名乗ってませんし

(;´・ω・)私一般人です

なんなら記事をアップする5日前の口コミの方も『白飯で残念』と書かれていますし

なんでご自身で言わないのぉぉぉ & 書かないのぉぉぉ!!(笑)

聴けば『酢飯変更無料』というので、1週間空けて翌々週再訪して来ましたよ

(使命w)

そして…玉砕してきました(え?( ゚Д゚)

敗因は『酢飯は女将にしかできず、その女将は今日明日とイベントで出張中~』

ま…まじかよ(笑)

『おばちゃん、できるよっ!』 ⇐(回想…)

ああ…なるほどね?謎が解けました😅

酢飯変更は『女将』にしかできなくって、その女将が居ないときは店が開いててもできないって事なのか

それで、メニューとしては載せられないのね(泣)

おじちゃん(大将)、ごめん!出直してくるぅぅ

 【改】迷ったらこれ!500円まぐろ丼 (酢飯Ver.)

(さて一週間経過しました…)

前回、大将が『来る時、電話して~!』と仰って下さったので行く前に電話☎

女将が出たので一安心するも、『酢飯希望』の場合は大人数だったら(何人?w)事前に知らせて欲しいっ~て事でした(私は一人でしたので、着たらでいっか~との事w)

お店に着くと、大将が

『お!酢飯の姉ちゃんな!』

(笑)

頂いた『500円まぐろ丼(並)』はこんな感じ~…って、見た目は一緒だよね?(笑)

富士宮市 海鮮丼 【ひこまる】ダヤンテールブログ

まぐろ丼(並)税込み500円(※酢飯に変更)。お茶・味噌汁・香の物・お茶請けまで付けてくれる【ひこまる】

切り身が薄くてちょっと寂しい感じもするけど、ご飯食べきるだけの量はマグロ載ってるからOK!

富士宮市 海鮮丼 【ひこまる】ダヤンテールブログ

薄切りでちょっと寂しい気もするけど、全然OKなんじゃないだろうか?

肝心の酢飯の味は…心配する事全くなかった!(笑)

白飯、おそらく全て冷まして置いてあるんだろうから、そこから酢飯ってどうやって作るのか心配になってたのよね~

次のお客が来店しちゃったから詳しくは聴けなかったんだけど(次のお客はもちろん白飯)、酢で白飯がべちゃべちゃになっている訳でもなく、ほんのりと聴いた甘酢が白飯の時よりうまさ倍増の『隠れサービス』だった

『美味しかったよ』って言ったら、『酢加減どうだった?濃さ、調整できるからまた言ってね』って女将

気になるわ~…いったいどうやって酢飯作ってんだろ

(; ・`д・´)

 

ってな事で、このブログを読んだ方ラッキーでしたね!(何がっ!?w)

【ひこまる】で海鮮丼をオーダーする際は、『女将さん』がお店にいたら『酢飯で』ってお願いしてみて♪

みんなには内緒だよっ…!

てか、宣伝してって頼まれたんだよなぁ

どうしよっか?(笑)

  ヾ(=゚・゚=)ノニャン♪  

 お店のデーター

【ひこまる(ひこ○)】

静岡県富士宮市黒田110-29

電話:0544-24-8846

営業時間)11:00~16:30(※中休み無し)

定休日)年中無休

駐車場)あり(※無料・スーパーSANOの駐車場へ)

※【ひこまる】にはweb上のHPがありません

■楽天市場のおすすめ商品■



※広告スポンサーリンク※

Google検索エンジン

※広告スポンサーリンク※

広告スポンサーリンク


富士通 FMV LOOX

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

HN/ダヤンテール。 おうし座、A型。 静岡県出身、富士宮市在住。 食品会社の営業退職後に大手グルメサイトにて食レポを始める。 よくあるグルメ本とは違う、実際に行って人と話し自分の言葉で伝えられる様に記事を書くのを信条としています。 富士山を中心とした東海甲信地区情報をメインに、自分が実際に行った観光地やその土地のグルメなど、心地よいレポとして書いていこうと思っていますので、参考にして頂けると嬉しいです。