『伊豆パノラマパーク』割引ロープウェイで行く碧いテラスと紅葉散策

伊豆の国市【伊豆パノラマパーク】ダヤンテールブログ

 【伊豆パノラマパーク】

標高452mの伊豆葛城山山頂と北麓を利用した素晴らしい景観を堪能できる観光施設が、静岡県伊豆の国市にあります

1992年開業、2021年7月に名称を改め『ロープウェイを使って7分。気軽に楽しめる天空リゾート』としてリニューアルオープンした【伊豆パノラマパーク】伊豆の国市【伊豆パノラマパーク】ダヤンテールブログ

Instagramでも多くのアンバサダーが紹介するなど、都心からも比較的近く(新宿から直通バス利用で2時間10分)注目のインスタ映えスポットとなっています

修善寺からマイカーで15分

公共交通機関を使っても30分程度で到着できるので、他の観光施設と併せて利用するのも便が良くっていいですよね

また、ワンちゃん連れ歓迎施設になっておりレストラン席・ロープウェイの使用・頂上散策の為の専用バギー貸出などがあるのも愛犬家の方々には嬉しい仕様

伊豆の国市【伊豆パノラマパーク】ダヤンテールブログ

ワンちゃん連れでも楽しめる

紅葉のボードウォークも見応えがあるようですが、時期はこれから(11月中旬~12月上旬)で、現在はまだ『青葉・見頃前で全く紅葉が見られない状況』

伊豆の国市【伊豆パノラマパーク】ダヤンテールブログ

2022年11月4日現在

◆参考リンク(日本気象協会・伊豆葛城山紅葉状況)

となっています

が、私は個人的には紅葉や桜の開花状況などを優先するより『富士山の全景』が見えるかどうかを通年優先させるべき場所だと思っています(富士山あっての景観)

が、その為に実際行けたのが行きたいと思ってから約1年後の今なんですがw

富士山が生活圏で見える方は行き時が庭先にでるだけで判断できると思いますが、そうではない方は【伊豆パノラマパーク】のHPライブカメラ『伊豆市だるま山』にあるライブカメラで確認するのもひとつの手だと思います

ちなみに、富士山がよく見える確率が高い月は11月・12月と2月となっているそうですよ

ダヤン家でも、予定が決定していない状況で朝を迎え急遽『行こう!』という事になってバタバタと出かけましたが…

 事前準備

居住地域と標高が違うような場所へ行くときには、現地の気温などを調べてから前の日に服装を決め用意しておくのですが、今回はとりあえずまずそれができていませんでした💦

ただ、服装に関してはテラス周辺にいるだけでしたら、それほど気にせずとも大丈夫でした

板張りのテラス(pointA)からボードウォークに続く(pointB)区間が足元が少しだけ不安定なので

・歩きやすい(着脱しやすければ尚良し)靴

・体温調整がしやすい服装(100m標高が上がるごとに0.6℃気温が下がると言われており麓と山頂では2~3℃温度が違うと思われ、歩き回ることで暑くなったり、山頂付近では風がある事も多い為)

などの装備があれば良いかと思いますが、ロープウエイに乗るまでの間で寒さを感じなければ山頂展望コースでも往復30分弱で行き来できるので日常の『散歩』程度で考えても大丈夫✨

足湯に行きたいと考えている方も、足湯に有料のタオルがおいてありますのでタオル持参の心配もしなくて大丈夫です

てか、『ビニールソックス』って(笑)

ああ…ストッキングやタイツ女子でも足湯に入れるって事か!

考えたなぁ

伊豆の国市【伊豆パノラマパーク】ダヤンテールブログ

足湯は山頂展望コースの途中にあります

伊豆の国市【伊豆パノラマパーク】ダヤンテールブログ

富士山を正面に見ながら足湯に浸かることができます(有料100円タオル・ビニールソックスあり)

 チケット購入を事前に考える

服装は日常使いで全然OKなのですが、チケットに関しては予め準備する事をお勧めします!

ダヤン家では1年ほど前に函南ゲートウェイで手に入れた『ロープウェイ100円引きチケット』を、大事に大事に持っていたので

伊豆の国市【伊豆パノラマパーク】ダヤンテールブログ

この日の為に、大事に大事にとっておいた割引券だったけど…

ダヤン
よし!今朝は富士山が全景見えてる!今日行こう!

と、そのチケットを一度は持ったのですが…割引チケットに書かれていたロープウエイの往復金額は『1800円』

念の為、現在の金額をHPで確認したら『2400円』にっ‼‼‼‼👀マジかヨ~💦

行きたいと思ってからどんだけ時間たってんだよっ!って話ですが、正直ちょっと(お高いな…)って思い、慌ててどこかで割引できないかググる出発10分前(笑)

 ▪『HIS』クーポン

めんどくさい登録なしで速攻で手に入れた『HIS』の平日50組・土日祝日30組限定のクーポン

(現金での支払いのみ・チケット売り場で並んで画面を見せる・スクショでもOK)

なんとか2人で800円のロープウェイ利用時のお値引きに成功したものの

後でゆっくり調べてみると、便利な方法を発見しました

注意
『HIS』のクーポンは2022年11月30日で終了となります!

 ・前売りWEBチケット

WEBチケット販売が10月より、『アソビュー』から『KKday』へ変更になっています

◆KKday割引チケット◆↓

伊豆パノラマパークロープウェイ 割引チケット

調べるとネット上では『アソビュー』のリンクを添付してある記事が多く、リンク切れで使えなくなっていた事に非常に困惑💦

(;´・ω・)もう時間が~!

緊急手段として今回は『HISクーポン』を利用し、現地のチケット販売窓口で並びスクショを見せ割引して貰えましたが

『KKday』で『電子チケット(バウチャー)』を前の日にでも購入すれば、チケット販売口には並ばずに『ロープウェイ昇降口』でQRコードをかざせば利用でき、『チケット売り場の列』は回避できる✨

ただし、こちらの注意点としては『当日には購入使用不可』

当日朝の富士山のコンディションを見て~…には使えませんので注意!

『KKday』も『HISクーポン』と同じく大人で400円の往復ロープウェイ割引が可能

また、今年7月にグランドオープンしたばかりの1階のイタリアンレストラン『パラディーゾ』利用とロープウェイ割引が一緒になった電子チケットもありました

 ・今こそしずおか元気旅(地域振興クーポン)

また、5000円の支払いで1万円以上の宿で使える旅行券が貰え、プラス 2000円の地域クーポンがついてくるという全国の方を対象としたキャンペーンで手に入れた『地域クーポン券』がここでも使用可能

修善寺の帰りにここへ寄るのも、地域クーポンの使い方としてはいいかも♪

使い方はHPで確認を!⇒『今こそしずおか元気旅

 やっと【伊豆パノラマパーク】へ出発!

【伊豆パノラマパーク】へは、東名高速道路(新でも旧でも)で伊豆縦貫道(国道136号線)に出て、『伊豆長岡IC』で『韮山(にらやま)・三津浜(みとはま)』分岐へ降ります

伊豆の国市【伊豆パノラマパーク】ダヤンテールブログ

伊豆長岡ICで降ります

伊豆縦貫道途中にETC使用不可の『江間料金所』(※普通車200円)がありますので、小銭の用意を忘れずに~

ナビの通りか県道130号線を使っても数分で【伊豆パノラマパーク】葛城山へ行くためのロープウェイ駅『山麓駅』へ到着します

伊豆の国市【伊豆パノラマパーク】ダヤンテールブログ

【伊豆パノラマパーク】麓駅。ここからロープウェイに乗って山頂駅へ向かいます

入口に誘導員さんの姿はなく、駐車場も建物正面・裏に合わせて200台ほどの専用無料駐車場完備

イタリアンレストランの前・お土産が並ぶ棚の前を通ってチケット売り場へ並びます

伊豆の国市【伊豆パノラマパーク】ダヤンテールブログ

今日はチケット売り場へ並びました。購入時にHISのスクショを見せ、現金で支払います

(※KKdayのWEBチケット購入済みの方はここには並ばず、2階のロープウェイ乗り口へ直行して大丈夫なのだそうです)

施設パンフはチケット売り場の左側にあるのでセルフで貰っていきましょう(※窓口では渡されませんでした💦)

チケットを手に入れたら、2階のロープウェイ乗り場へ!

お天気のいい平日でしたが、オープン直後(朝9時頃)には未だ利用者もまばらでした

しかし…通路わきにこんな空間があってびっくり💦

伊豆の国市【伊豆パノラマパーク】ダヤンテールブログ

ロープウェイ乗り場に向かう通路の右手に…

伊豆の国市【伊豆パノラマパーク】ダヤンテールブログ

えっ!?こんなに混雑することがあるって事っ!??💦

コロナ禍前かシーズン中かはわかりませんが、こんなにロープウェイ乗車を待つ人でいっぱいになるんでしょうか?😅

ちなみにですが…オープン直後が空いていて利用しやすいのは勿論なんですが、実は『富士山』は朝は見えていても昼近くに差し掛かって来るとに見えなくなることが多いんです(地元民は知っている)💦

ですので、混雑回避&富士山の為にもできるだけ早め行動を推奨します

 快適!ゴンドラロープウェイ

チケットを提示して、麓と山頂を結ぶロープウェイゴンドラに乗り込みます

伊豆の国市【伊豆パノラマパーク】ダヤンテールブログ

いよいよロープウェイに♪

乗車定員6名で、ペット同行も規定を守ればOK

車いすも幅が60㎝以内だったらそのまま乗車可能

伊豆の国市【伊豆パノラマパーク】ダヤンテールブログ

ゆったりとした創りの綺麗なロープウェイ

このあたりの詳しい情報は末尾にリンクした公式HPに載っています

このリフトは通常9時から運行ですが、元旦に限っては朝5時から動いていて葛城山山頂で初日の出を拝みに来場される方もいらっしゃるんですって!(混むんだろうなぁ💦)

リフトは片道1800mで高低差411m、秒速4mってことは時速換算すると『頑張って走ったママチャリ』くらいの速さ…なんだけど、駅から『発射?』される勢いが麓からも頂上からも結構強いので驚きますが、なんといっても景色が圧巻!!!

山をふたつ越すような感じで、移動手段というより『特等席』とどこかで書かれていましたが、確かに快適な『7分間』でした

ゴンドラ内には案内BOOKが置かれていましたので、到着までの間それを見てみるのも楽しいですよ♪

 頂上到着~!

ロープウェイから降りたら、真っ先に『碧いテラス』にダッシュで行って、人が来ないうちに写真撮って…と意気込んでいたら、降りた目の前が『碧いテラス』でしたぁ!(爆)

伊豆の国市【伊豆パノラマパーク】ダヤンテールブログ

走ることも覚悟していたのに(笑)

『碧いテラス』降りてすぐの場所に『展望デッキ』(※利用無料)

伊豆の国市【伊豆パノラマパーク】ダヤンテールブログ

ロープウェイから降りた所がもう『碧いテラス』

その横の水盤の一段下がった場所にある『ソファーエリア』(※利用無料)

伊豆の国市【伊豆パノラマパーク】ダヤンテールブログ

水盤の向こうに無料のソファー

伊豆の国市【伊豆パノラマパーク】ダヤンテールブログ

来てそうそう、ここで仰向けに寝転んでいる人も💦(人が途切れた一瞬にパチリ📷!)

『ソファーエリア』から右手の階段を数段下って降りた先(展望デッキの足元にあたる)は、ワンドリンクオーダーで予約不要30分利用無料の『ザ・ウォーターラウンジ』

伊豆の国市【伊豆パノラマパーク】ダヤンテールブログ

『ザ・ウォーターラウンジ』1ドリンクで30分ソファーが借りられ、無料のソファーより落ち着いた雰囲気が楽しめお勧め!

『ソファーエリア』の左奥にあるのは

伊豆の国市【伊豆パノラマパーク】ダヤンテールブログ

この奥が、予約・時間貸し切りの『プライベートガゼボ』

伊豆の国市【伊豆パノラマパーク】ダヤンテールブログ

ロープウェイゴンドラ内の案内にも書いてありましたが、寝転んだり食べ物を持ち込んだりもOKのプライベート空間。1ルーム制なので大人数で(5人まで)借りればお得かも

飲食店は『和甘味』などを中心としたメニューの

伊豆の国市【伊豆パノラマパーク】ダヤンテールブログ

和甘味どころ【かつらぎ茶寮】

伊豆の国市【伊豆パノラマパーク】ダヤンテールブログ

メニューは季節によって少し変わるようです

ドリンク・コーヒー・ソフトクリームなどを中心とした【葛城珈琲】があり

食事メニューは簡易容器の『ブラックカレー』があるみたいだけど、簡易容器のカレーって海の家みたいね💦

なるべく人が映り込んで来ない写真を撮りたかったのですが…30秒に1台客車が出発するロープウェイ

動き出したら次々に利用者が到着して、それどころでは無くなってしまいました

【かつらぎ茶寮】の奥にある予約制のプライベートガゼボも個室感覚でいいのですが、お勧めは1ドリンクで水盤前のプライベート空間を30分貸し切りにできる【ザ・ウォーターラウンジ】

伊豆の国市【伊豆パノラマパーク】ダヤンテールブログ

騒がしくないのが良いです

伊豆の国市【伊豆パノラマパーク】ダヤンテールブログ

ひとり1ドリンクで30分専用シートになる

ドリンク到着後に大きな砂時計を返して、そこから30分

目の前の綺麗な景色を独り占めすることができます

伊豆の国市【伊豆パノラマパーク】ダヤンテールブログ

『ザ・ウォーターラウンジ』を上から見るとこんな感じ

さて、素敵な写真も撮れたので『プチ散策』と参ります

 周辺を散策

【かつらぎ茶寮】の裏手に『葛城神社』があり伊豆の国市【伊豆パノラマパーク】ダヤンテールブログ

その中間に『足湯』『展望台』『ボードウォーク』『幸せの鐘』に続く散策路『山頂展望コース』の出発点があります

伊豆の国市【伊豆パノラマパーク】ダヤンテールブログ

山頂コースの出発点は【かつらぎ茶寮】と神社の間

伊豆の国市【伊豆パノラマパーク】ダヤンテールブログ

頂上・散策路案内図

散策路には『狩野川コース』『天城コース』『山頂展望コース』の3つがあり、『碧いテラス』の整備されたばかりの新しい雰囲気とは違い、ずいぶん前に整地されたような崩れたコンクリート階段などがあり少し歩き難いのですが、『探検気分』で景色を見ながら歩くのも気分が良いですね

伊豆の国市【伊豆パノラマパーク】ダヤンテールブログ

散策コースは途中歩き難い箇所もありますが、難易度は低いです

ロープウェイから見た山々はすこ~しだけ『紅葉』していましたが

伊豆の国市【伊豆パノラマパーク】ダヤンテールブログ

ロープウェイから見た山々は少しだけ紅葉が始まっていましたが

伊豆の国市【伊豆パノラマパーク】ダヤンテールブログ

紅葉の一番の見どころ『ボードウォーク』は殆どと言っていいほど紅葉感なし!(笑)

伊豆の国市【伊豆パノラマパーク】ダヤンテールブログ

でも、青葉から射し込む木漏れ日や穏やかな風が気持ちよかったです

片道15分、往復でも30分ほどのプチ散策ですがちょっと歩いただけで汗ばんできました

伊豆の国市【伊豆パノラマパーク】ダヤンテールブログ

葛城山の山頂
山頂を目指せば『登山』なので、これもトレッキングや散歩ではなく『登山』?

伊豆の国市【伊豆パノラマパーク】ダヤンテールブログ

折り返し地点『さえずりの丘展望台』。修善寺方面が見えます

伊豆の国市【伊豆パノラマパーク】ダヤンテールブログ

『幸せの鐘』

伊豆の国市【伊豆パノラマパーク】ダヤンテールブログ

下駄供養塚の巨大下駄

(寒いだろうと思って、防寒着を着ていったせいもありますw)

散策から戻ってきた時に、小腹が空いて体が冷えていたら『ぜんざい』を

暑かったら『ソフトクリーム』を食べようと決めていたので

チケットを購入した際に頂いた、ソフトクリームの割引券を使って季節限定『花束ソフト』を購入

伊豆の国市【伊豆パノラマパーク】ダヤンテールブログ

貰った割引チケットでソフトを食べることに

ベンチに座って頂くことにしました

 花束ソフト(700円)

かりっかりっのワッフルコーンにブルーベリーソフトが乗ったソフトクリーム『花束ソフト』

葛城山山頂には四季折々の変化に富んだ草花で形創られた小型の富士山があり、

伊豆の国市【伊豆パノラマパーク】ダヤンテールブログ

葛城山にある『フラワークラフト花富士』

このソフトクリームはエディブルフラワーを使いそんな葛城山に咲く花をイメージしたソフトクリームなのですが…

伊豆の国市【伊豆パノラマパーク】ダヤンテールブログ

エディブルフラワーが散りばめられた『花束ソフト』

創ったスタッフの方のセンスなのか、その日用意されたエディブルフラワーが悪かったのかはわかりませんが、ビジュアル的に押し花になりかけの花を並べた様な かなり残念なソフトクリームに…(笑)

伊豆の国市【伊豆パノラマパーク】ダヤンテールブログ

ぐぬぬ(笑)

伊豆の国市【伊豆パノラマパーク】ダヤンテールブログ

(写真とちがーうw)

さっぱりしていてコーンもパリッパリで美味しいことは美味しかっただけに、ちょっと残念💦

伊豆の国市【伊豆パノラマパーク】ダヤンテールブログ

綺麗な写真も撮れたし、帰るか

 

ロープウェイで降りてきたのが11時

山頂で過ごすのも2~3時間が限度かなぁ

山頂へ今から向かう方のロープウェイ乗り場とチケット購入口に20組ほどの列ができていました

紅葉がまだ始まっていなかった普段日レポはこれにて終了!

これからの週末にお出かけの際には『早め』が鉄則ですよ~

   ヾ(=゚・゚=)ノニャン♪  

 施設のデーター

【伊豆パノラマパーク】

静岡県伊豆の国市長岡260-1

電話:055-948-1525

営業時間(ロープウェイ発着時間)

▪夏季(2/16~10/15) 上・9:00~17:00|下・9:00~17:30

▪冬季(10/16~2/15)上・9:00~16:30|下・9:00~17:00

▪元旦は朝5:00~特別運航

駐車場)あり(※無料・200台ほど)

詳しくは公式HP【伊豆パノラマパーク】にてチェック⇐

■楽天市場のおすすめ商品■



※広告スポンサーリンク※

Google検索エンジン

※広告スポンサーリンク※

広告スポンサーリンク


富士通 FMV LOOX

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

HN/ダヤンテール。 おうし座、A型。 静岡県出身、富士宮市在住。 食品会社の営業退職後に大手グルメサイトにて食レポを始める。 よくあるグルメ本とは違う、実際に行って人と話し自分の言葉で伝えられる様に記事を書くのを信条としています。 富士山を中心とした東海甲信地区情報をメインに、自分が実際に行った観光地やその土地のグルメなど、心地よいレポとして書いていこうと思っていますので、参考にして頂けると嬉しいです。