熱海アカオハーブ&ローズガーデンのカフェレストラン【COEDA HOUSE】【ミッレフィオーレ】

COEDA HOUSE

今日はどこ行く?何食べる?
こんにちは(*’ω’*) 
ドコべるblogの管理人 ダヤンテールです

今日は、前回記事の【アカオハーブ&ローズガーデン】内にある2つのカフェ・レストラン

【COEDA HOUSE】【ミッレフィオーレ】の詳細記事です♪
(*’▽’)

 

 【COEDA HOUSE】

 頂上付近にあるカフェ

2017年に完成した、建築家・隈研吾氏設計の積層された木とカーボンファイバーのカフェCOEDA HOUSE

空飛ぶブランコと並ぶ人気施設の為、非常に混みます

熱海アカオハーブ&ローズガーデン

空飛ぶブランコ

店内ではお土産も少し扱っていますCOEDA HOUSE

 

 

 開店時間

9:30~16:00

席取りは、順番やオーダー順ではありません

1人の利用だと困ってしまうかも知れませんが、注文口に1人並んでもう1人は席の確保を開店と同時にした方がお好きな席に座れるかと思います

一番人気の席は、海側に向かうガラスの天板のカウンター席です

COEDA HOUSE

1番人気の席

 外観

透明感のある構造体と、景観と共存する1本の樹の様なインスタ映えする建物ですCOEDA HOUSECOEDA HOUSECOEDA HOUSE

 

 メニュー

メニューはテイクアウト対応なので、店内だけでは無く屋外に持ち出す事も可能です

COEDA HOUSE

メニュー

 人気の商品『バラのアイスクリーム』

COEDA HOUSE

本当にバラの花びらが使われているバラのジャムのアイスクリーム 600円

COEDA HOUSE

お土産でも売っているこのジャムが使われています

 ローズジュース

COEDA HOUSE

アイスよりはバラの風味は落ちるが色合いが可愛らしい 500円

 熱海タルトフォロマージュ橙(ダイダイ)

COEDA HOUSE

タルトは一口大の小さなタルト 300円

COEDA HOUSE

バームもしっとりして美味しかったが…小さい

オーダー品の上げ下げ、お水はセルフサービスです

COEDA HOUSE

オーダー後、番号を呼ばれるのを待ちます

COEDA HOUSE

お水・トレーなどの上げ下げセルフ

 

 期間限定ライトアップ(完全予約制)

5/15~6/10限定の完全予約制のイベント(※雨天中止)

COEDA HOUSE

期間限定完全予約制ライトアップイベント

19:00~20:30、バラの最盛期に【COEDA HOUSE】と周辺のテーマガーデンをライトアップ!

料金は1500円

入園料込で、COEDA HOUSEでのドリンクが付いてきます

とても幻想的ですね♪

 

 【イタリアンレストラン ミッレフィオーレ】

 入り口付近にある唯一のレストラン

園内唯一の、相模湾が一望できるレストラン施設ですミッレフィオーレ

 開店時間

11:00~16:00

入園受付時間・COEDA HOUSEの開店時間・ミッレフィオーレの開店時間が

少しづつずれているので上手に利用して下さい

こちらのレストランも11:30には待ちが発生します

ミッレフィオーレ

店内

 

 メニュー

園内で食べられるものが殆ど甘いモノばかりなので、こちらの『カレー』や『ポテト』が食べたくなります

ミッレフィオーレ

メニュー

ミッレフィオーレ

メニュー

ミッレフィオーレ

アルコールメニュー

ネットで調べると、このレストランでデザート系をオーダーすると、お皿に可愛らしいサプライズがあるようなので…次回は訪問することがあったらオーダーしてみたいと思っています

 野菜カレー 1380円

ちゃんと写真通りのビジュアルでした

ミッレフィオーレ

野菜カレー1380円

お野菜の素揚げがタップリ使われていてホテルカレーの様で美味しかったのですが、少し辛めですミッレフィオーレ

ミニサラダとドリンクを、セットでつけました

ミッレフィオーレ

セットのドリンクとサラダ

 ガーリックフライドポテト 490円

ガーリックとチーズがかけられていて、風味や塩加減がとても良かったです

ミッレフィオーレ

ガーリックフライドポテト

 本日のスープ 480円

日に依って違うので内容は確認して下さい

利用した日は『コーンスープ』でしたミッレフィオーレ

ミッレフィオーレ

コーンスープ

容器が変わっていて、量がたっぷり入っていましたよ♪

 

 

ミッレフィオーレの下の階が『ハーブハウス』というお土産売り場になっていて、ラベンダーのソフトクリームを販売しています

 

【アカオハーブ&ローズガーデン】はチケット購入後、歩いて下から登って行っても構いませんし

前回の記事のお勧めコースの様に、バスで頂上まで登った後に徒歩で下がりながら散策することもできます

自身の到着時間や滞在時間によって、どの施設をどういう順番で回るかをシュミレーションしてから行かれた方が、『待ち時間で時間ロス』する事が無くなりますので、ご参考にして下さい

 

ヾ(=゚・゚=)ノニャン♪

■前回の記事■

インスタ映え!熱海アカオハーブ&ローズガーデン開花状況と割引・スポットなどの事前情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

HN/ダヤンテール。 おうし座、A型。 静岡県出身、富士宮市在住。 食品会社の営業退職後に大手グルメサイトにて食レポを始める。 よくあるグルメ本とは違う、実際に行って人と話し自分の言葉で伝えられる様に記事を書くのを信条としています。 富士山を中心とした東海甲信地区情報をメインに、自分が実際に行った観光地やその土地のグルメなど、心地よいレポとして書いていこうと思っていますので、参考にして頂けると嬉しいです。