【FUJIBOKU(フジボク)】富士宮お宮横丁の隣でルイビ豚焼きそばと日本酒ジェラート

富士宮市 焼きそば ルイビ豚 FUJIBOKU

 酒と料理とルイビ豚【FUJIBOKU(フジボク)】

お宮横丁の西隣で1店舗としてお店を構えている【FUJIBOKU】

前を通る度に行こうかと思って、なかなか凸できなかったお店です

理由はメニュー表から見る『富士宮焼きそばの値段 』

・お宮横丁焼きそば学会『並450円』
・【FUJIBOKU】『680円』

並盛焼きそばが450円ってのも少し高い気さえしているのに、680円って…
無いな~ぁ…

気にはなっていたのですが、店の前まで行っては帰り
行っては帰り…(笑)富士宮市 焼きそば ルイビ豚 FUJIBOKU

何度も店舗前まで行って見る…
のにはこれも理由があって

『食べてみたいメニューがあったから!』

今日はどこ行く?何食べる?
こんにちは(*’ω’*) 
ドコべるblogの管理人 ダヤンテールです

ある日、とうとう…

好奇心が勝ってついに突撃してきました(笑)

今日は、お宮横丁西隣で店舗を構える【FUJIBOKU】の記事です♪
(*’▽’)

 

 気になっていた商品

何が気になっていたかと言うと

『ルイビ豚のステーキ(モモorうで100g)と青木養鶏の目玉焼きの鉄板焼きそば 1000円(内税)』

富士宮市 焼きそば ルイビ豚 FUJIBOKU

焼きそば+ルイビ豚ステーキ100g+青木養鶏のたまごの目玉焼き

それと

『日本酒の酒升に入った、日本酒ジェラート 500円(外税)』

富士宮市 焼きそば ルイビ豚 FUJIBOKU

日本酒ジェラート

ちょっと計算が複雑で消費税計算ができませんでした⇦

合計支払い金額は1540円でした

 

 その他のメニュー

富士宮市 焼きそば ルイビ豚 FUJIBOKU

アルコール・ドリンク類

富士宮市 焼きそば ルイビ豚 FUJIBOKU
富士宮市 焼きそば ルイビ豚 FUJIBOKU

入り口冷蔵ケースでルイビ豚の小売りもしています

 

 外観と内装

お宮横丁と【FUJIBOKU】が決定的に違うのは『食べる場所が天候に左右されない室内』という事

富士宮市 焼きそば ルイビ豚 FUJIBOKU

店内

お宮横丁は1部簡易的に屋根が付いている青空イートインなので、天候によってはとても使い辛い事がありますが、【FUJIBOKU】は独立普通店舗なので、カウンター席もテーブル席もあって快適富士宮市 焼きそば ルイビ豚 FUJIBOKU

ちょっと怖そうかな…って入る前は思っていたオーナーも、お姉さんもとっても優しくって良かった

1人なので、カウンターに座らせて貰いました富士宮市 焼きそば ルイビ豚 FUJIBOKU

【お酒と…】と看板に書いてある通り、カウンターにはビールサーバー口がついています

 

 ルイビ豚ステーキと目玉焼きと焼きそば

税込1000円

ちょっと、ちょっと~ぉ♪
見て下さいよぉ♪富士宮市 焼きそば ルイビ豚 FUJIBOKU

目玉焼き、♡ですよ~ぉ♪

こんなちょっとの事で嬉しくなっちゃうなんて…なんて単細胞( ノД`)

でも嬉しいですよねぇ(笑)

地元青木養鶏の新鮮卵の目玉焼き具合が崩せばとろ~っとする感じで良いですね!富士宮市 焼きそば ルイビ豚 FUJIBOKU

使用している蒸し麺は『叶屋』!!b

富士宮市 FUJIBOKU ルイビ豚焼きそば

【叶屋】蒸し麺使用

ソースが少し多い感じですが、富士宮焼きそばに使用される『肉カス』がオリジナル肉カスで、お宮横丁で見る様な『肉カス』では無く、ルイビ豚の挽肉みたいな小さな柔らかい『自家製肉カス』を使っていらっしゃいます

ルイビ豚は1000円の焼きそばには『モモorうで』で、1280円だと『ロース』使用らしいのですが、『モモorうで』でも、すご~っく柔らかくて美味しかったです!

富士宮市 FUJIBOKU ルイビ豚焼きそば

100g肉のルイビ豚ステーキが柔らくて旨い

ルイビ豚は富士山麓で育てられたブランド豚で、他のブランド肉と比べても柔らかくてジューシー♪

とても柔らかい口当たりです

噛み切らないと食べれないかな~…と思いましたが、柔らかかった上に真ん中辺りに包丁を入れてくれてあって苦労せずに綺麗に食べる事ができました富士宮市 FUJIBOKU ルイビ豚焼きそば

薄めの塩コショウの味付けと、お肉の焼き加減も絶妙でした!

焼きそば食べて物足りなくて、から揚げやお肉類を何か食べる事を考えたら、この『焼きそば+目玉焼き+ステーキで1000円』は、安上がりかも知れない!

入り口で『ルイビ豚製品』お肉の小売りもしているくらいだからお肉の扱いが上手♪

 

 日本酒升ジェラート盆

税別500円(なぜこの商品が税別なのか不明)

【FUJIBOKU】では、豆腐ジェラートや抹茶ジェラートなど、この酒のジェラートを含む6種類以上のジェラートがあります

富士宮市 焼きそば ルイビ豚 FUJIBOKU

色々な種類のジェラート

使用している『日本酒』は、日本最古の神社大神神社の麓で300年続く酒造、今西酒造純米吟醸『三諸杉』を使用したジェラート

富士宮市 焼きそば ルイビ豚 FUJIBOKU

日本酒ジェラート

でも言ってしまうと…これも、実は中々入る決心がつかなかった要因で…

折角富士宮に良い酒蔵が幾つもあるのに、地元の酒蔵使って貰えたら良かったのにな~

っと勝手に思っていたから⇦

後、写真の見た目のジェラートがざらざらしてそうで、舌触りがどうなんだろ…って思っていたからです(笑)

 

運ばれて来た日本酒ジェラートは、提供された時から『お酒の匂い』がしてます!

この『酒木升』のビジュアル、素敵だと思いませんか?

富士宮市 焼きそば ルイビ豚 FUJIBOKU

日本酒ジェラートは酒升に入っていました

富士山の小皿に少し付いて来たのは、『岩塩』

富士宮市 焼きそば ルイビ豚 FUJIBOKU

日本酒ジェラートに塩とは、粋な(笑)

なるほど!

木升の角に少し塩を付けて呑む『通の飲み方』ですなっ!

縁に盛りながらお酒を飲む用に塩を舐める訳にはいかないので、時々木のスプーンの先にチョンと岩塩を食べる

これ、おいしいです!

ざらざらしていると思っていたジェラートもねっとり濃さと粘りがあって、勿論…『日本酒の薫りが凄い!』

でも、甘さがあるから…さしずめ『甘酒』みたいな感じかな?

升の下部にアラレが敷き詰めてあって、後半良いアクセントになっています

富士宮市 焼きそば ルイビ豚 FUJIBOKU

酒升の下には香ばしいアラレが敷き詰められていた

 

 ちょっと冒険しても後悔しないレベル!

こうして焼きそばとジェラートを頂いたわけですが…

総評的には

『富士宮焼きそばを安く食べたい!』のなら選択肢としてはありませんが

『浅間大社の目の前の落ち着いた室内でボリューム的・味的に満足して食べたい!』

というのなら選択肢として充分在りだと思います

満足感があり、おいしかったです富士宮市 焼きそば ルイビ豚 FUJIBOKU

 

 メモ

File95■FUJIBOKU■@富士宮市
★富士宮ブランド豚『ルイビ豚』を扱うお店
★富士宮焼きそばの他に、ジェラート・アルコール類も扱っている
★隣のお宮横丁より予算は高め
★ルイビ豚は製品の小売り販売もしている
富士宮市 焼きそば ルイビ豚 FUJIBOKU

ヾ(=゚・゚=)ノニャン♪

 お店のデーター

【FUJIBOKU】
静岡県富士宮市宮町4-22
電話:0544-57-9115

営業時間)
11:30~15:00
17:00~21:30(LO)

定休日)水曜日・第3火曜日

販売)ルイビ豚製品の販売あり

コース料理の予約もできる

詳しくは【FUJIBOKU facebook』にてチェック⇦

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

HN/ダヤンテール。 おうし座、A型。 静岡県出身、富士宮市在住。 食品会社の営業退職後に大手グルメサイトにて食レポを始める。 よくあるグルメ本とは違う、実際に行って人と話し自分の言葉で伝えられる様に記事を書くのを信条としています。 富士山を中心とした東海甲信地区情報をメインに、自分が実際に行った観光地やその土地のグルメなど、心地よいレポとして書いていこうと思っていますので、参考にして頂けると嬉しいです。