【富士宮市 焼きそば】『ごえもん』地元穴場おすすめ!居心地が良い店内でごえもん焼き

富士宮市【ごえもん】ダヤンテールblog

 【ごえもん】

2006年から開催されたご当地グルメの祭典で殿堂入り(2年連続グランプリ受賞・第3回特別賞受賞)を果たした『富士宮焼きそば』

フィーバーから10年以上経った今このコロナ禍でも『富士宮焼きそば』は富士宮に訪れた際の楽しみにして貰えているようで、メディア露出の多い店・いわゆる『人気店・有名店』には多くの観光客や県外ナンバーの車が、週末は特に店からあふれ出るようにして長い列を成しているのをよく見かける

ダヤンが勝手に商店街の重鎮と思っているスイーツショップのマスターから、以前こんな話を伺った事がある

とある店のマスター
浅間大社の観光バスから降りた観光客は、貰った『免罪符』を片手に宮焼きそばを求め商店街をウロウロしているが、自由に動ける時間も短く離れた場所にも行けず、結局は混雑しているメディア露出のある店で食べて『こんなもんか~』って帰って行ってしまう。もう少し行動範囲を広げればいいお店がたくさんあるのに

富士宮市にある『富士宮やきそば』を扱う店は(10年程前のデーターになるが)、B級グルメでの快挙を受けて120とも150とも言われている

単純計算すると、1000人に1人は焼きそば店を営んでいる試算となるが、それほど乱立している『富士宮焼きそば』の店なのに、激混みしている店は数軒💦

わざわざ他県から来て、地元民が行かない様な(中には混み過ぎて気軽に行けなくなった名店も確かにあるが)混む店に行って、『富士宮焼きそばって折角並んで食べたのにこんなもんか~』とか『高い~』って言うのだけは辞めて欲しいが

困ったら焼きそばってくらい『富士宮やきそば』を常食する地元民に『美味しい店』や『おすすめの店』を聴くのも無駄なんだよね(笑)

だって大抵の市民は、自分の家の焼きそばが一番うまくコスパも最高だと思っているし、何より材料は手に入り易いし安価でできるので滅多に外食で『焼きそば』を選ぶ人はいないと思う

でもそんな宮っ子でもごくたまに『誰かが作ったやお好み焼き』をふっと食べたくなる時がある

今回はGoogleマップで見つけた、気軽に行ける良心価格とアットホームな雰囲気が魅力の『富士宮で食べるモダン焼き風鉄板焼きの穴場なお店』【ごえもん】を紹介したいと思います🐈

 場所・アクセス

【ごえもん】があるのは奥まった住宅街の一画

今回ばかりは…本当に周辺に目印となるのものが無いので、場所説明に困ってしまうのですが

県道414号線(俗称:大月線)沿いにある『朝日町信号交差点』を西へ

500mほど進んだ県道184号線(白糸富士宮線)と交差する信号交差点を北へ

350mほど進むと緩いカーブを描くのですが、そのカーブを立ち上がった場所にあるこの道を右折

富士宮市【ごえもん】ダヤンテールblog

この道(?)を右折

右折してすぐ二股に分かれている道を更に右折方向すると

富士宮市【ごえもん】ダヤンテールblog

真っすぐ?右?…あ!右奥に看板が見える

左手に【ごえもん】があります

富士宮市【ごえもん】ダヤンテールblog

無事(?)に到着っ!
ε-(´∀`*)ホッ

実は、一番最初に出た『県道414号線』を朝日町信号で曲がらずにそのまま北上

左手に中古車販売業『KOYAMA富士宮店』がある変字の5差路を鋭角に南西に進む道を選択して道なりにま~ぁっすぐ進むと、800mほどで【ごえもん】に着くのですが…途中非常に道が狭かったり全く目印が無かったりで更に判り難いのでお勧めしません(って、勧めないのに書くヤツ!)

まあ…アクセスの目印になる様なものない混む要素皆無なこれぞ穴場的な場所です💦

 外観・駐車場・店内

パッと目を惹く綺麗で青い小さなコンテナの店舗

【お好み焼き・焼きそば・鉄板焼き ごえもん】と書かれた看板

白い暖簾と、鉄板焼き屋らしく『営業中』の看板の代わりに『焼いてます』の木製の看板

手入れされたプランターや小さな鉢植え入り口に置かれていて、可愛らしい雰囲気さえ漂います

富士宮市【ごえもん】ダヤンテールblog

住宅街の中でひときわ目を惹くカラーと可愛らしい建物の【ごえもん】

この地域(富士宮)の焼きそばやお好み焼きを扱うお店は、年季の入った建物での営業が多いので斬新な感じがしますし…ある意味『不安要素』も伴います💦

その『不安要素』の話は後回しにして…

駐車場は、バラスを敷き詰めた駐車線区切りの無い店舗前の駐車場

広さにすると6台は停められそうな感じですね

富士宮市【ごえもん】ダヤンテールblog

店舗前が駐車場になっています

 店内

引き戸を開けて暖簾をくぐり中に入ると、正面に中柱?(中壁?)があり、左右にテーブル席が1卓づつ配置されています

富士宮市【ごえもん】ダヤンテールblog

ガラスの扉を開けると壁柱で簡易ホールになっていて、左右にテーブル席が配置されています

『正面に壁』はダヤンが個人的に好きな間取りです(笑)

飲食席と入り口の間に壁が1枚ある事で、くつろげる空間になるかならないか変わると思うんですよね~

出入口入っていきなり、どなたかが食事をされているテーブルが目の前に飛び込んで来る店って…苦手なんよ

(; ・`д・´)

因みに席はその2卓だけでは無く、中壁の向こうに『大きな鉄板』を目の前にして座る事ができるカウンター席がありましたので、今回はそこへ座らせて頂きました

富士宮市【ごえもん】ダヤンテールblog

鉄板焼き屋に来たら、やっぱり鉄板の前に陣取りたい

カウンター席と鉄板の高さがあわないので、食事をする時に苦しいがのちょっと難点だったけど、やっぱり鉄板焼きの店では鉄板の前に陣取りたい(笑)

金属の『カウンター椅子』だったからもしかして調整できるのかな?

(今度確かめてみよう)

店内にも観葉植物が飾られ、適度な採光を確保してあって(左手にアルコールのキープボトル棚の様な物があり、カウンター席も黒の合皮革で飲み屋やバーの雰囲気がない事も無いのですが💦)健全?な雰囲気がします

本当に住宅街過ぎて(周りに家以外何も無くってw)、週末のお昼時だと言うのに客はダヤン1人

ダヤン
(それでなくてもコロナ禍なのに)住宅街で判り難い場所だけどお客さん来ます?

失礼にもそう聴いてしまったダヤン😰

ごえもん
近くに有名な『伊東』さんとか『うるおい亭』さんとかあるでしょ?(そこが)いっぱいで、近くで焼きそばが食べられるお店が無いかネットで探して来てくれる方がちらほらいらっしゃいます。本当は発信した方が良いんだろうけど、そうやって探して来てくれる。良い時代だと思います

と微笑みながら返答して下さったご夫婦

聴いたダヤンが恥ずかしく思えるほど欲がない少し年配の穏やかなご夫婦が営んでいます

因みに【ごえもん】は『焼きそば学会』に加入していない為、トレードマークの『オレンジの幟』やそこの登録商標である『富士宮焼きそば』と言う名称は使用できません

 メニュー

欲が無いのはメニューの価格を見ても一目瞭然☺

初訪なので焼きそばを…と言いたい所ですが、『ごえもん焼き』気になりますねぇ~

焼いている時間に『これ宜しかったらどうぞ♪』と、昔懐かしい『紙で折ったくず入れ』と共に提供して下さったのが

富士宮名産『ジャンボ落花生』!👀

富士宮市【ごえもん】ダヤンテールblog

富士宮市の名産茹でジャンボ落花生、頂いちゃった♪

ちょっと固めに茹で上げてあるジャンボ落花生、コリコリしていて美味しかったです

 メニュー

メニューは写真つきで判り易い♪

焼きそばは500円~・お好み焼きは450円~

塩焼きそば・そばめし・しぐれ焼きなどの他に『牛トロホルモン』『豚キムチ』などの鉄板焼きも数種

富士宮市【ごえもん】ダヤンテールblog

焼きそば類のメニュー

富士宮市【ごえもん】ダヤンテールblog

お好み焼き類のメニュー

富士宮市【ごえもん】ダヤンテールblog

その他鉄板焼きメニュー

富士宮市【ごえもん】ダヤンテールblog

アルコール類

アルコールメニューも一通りあります
富士宮市【ごえもん】ダヤンテールblog

新しいお店だと鉄板が調理用として馴染んでいなくって、金属臭かったり焼きが上手くできなかったりする事があるんですが、こんなに綺麗なお店と鉄板で【ごえもん】はオープンから既に5年経っているんだそうです

コロナ禍で一時休業して2年前に営業再開したそうなんですが、この綺麗な鉄板

富士宮市【ごえもん】ダヤンテールblog

手入れの行き届いた綺麗に使い込まれた大きな鉄板

手入れをこまめにされているんだろうな♪

 『ごえもん焼き』

今回はお店の名前を持つ『ごえもん焼き』をオーダーしてみました

富士宮には『しぐれ焼き』という、『モダン焼き』のような形態の郷土料理?があるのですが

『しぐれ焼き』と『モダン焼き』の違いは、使用する麺に味をつけるか付けないかの違いなのだそうです

(厚みの違いかと思ってたw)

富士宮市 グルメ 富士宮焼きそば しぐれ焼き うめづ

【富士宮市 グルメ】『うめづ』焼きそばだけじゃない!富士宮のソウルフード”しぐれ焼き”がお勧めのお店

2019年9月15日

『ごえもん焼き』はその点からいうと、『モダン焼き』寄り(※麺に味が付いてない)

【ごえもん】のご夫妻の出身地の『モダン焼き』には砂肝などを入れ、ご子息がそのモダン焼きが大好きなんだそうですが、富士宮でモダン焼きを作るに当たっての具材を考えた時に、桜えびを入れる事を思い付き完成した料理が『ごえもん焼き』

富士宮の製麺所【めんの叶屋】の麺を丸々1玉使用しています

富士宮やきそば

春は富士宮焼きそばの旬!?宮っ子のお勧め【叶屋】の麺で自宅で美味しい焼きそば♪

2019年3月15日

小麦粉を薄く溶いた生地で下地を作り

富士宮市【ごえもん】ダヤンテールblog

薄い生地の土台を作ったら

その上に千切りにしたた~っぷりの山盛りキャベツと天かす

富士宮市【ごえもん】ダヤンテールblog

もりっと千切りキャベツ

富士宮市【ごえもん】ダヤンテールblog

桜えび・天かす・バラ肉を3枚

桜えび・厚みがある豚バラ肉が3枚も☺✨

玉子を潰して焼いて、叶屋の蒸し麺を解して焼いて

富士宮市【ごえもん】ダヤンテールblog

話ているうちに下に敷かれてしまった焼きそば麺😅卵を崩しています

先に焼いていたキャベツたっぷり生地とドッキング!

富士宮市【ごえもん】ダヤンテールblog

全ての具材をドッキング!

返してソースを塗ったら完成です

富士宮市【ごえもん】ダヤンテールblog

ひゃ~♪旨そう😆

『富士宮流』だと鉄板に置かれたまま、小さな金属製のコテを使いながらふぅふぅ言って食べるのが流儀なんですが(笑)熱いですよね、それ😰

富士宮市【ごえもん】ダヤンテールblog

本来は鉄板からコテで直接食べるのが富士宮流。店によっては言わないとお皿を出してくれない店もあります

4分の1づつ皿に取り分けて頂きます

富士宮市【ごえもん】ダヤンテールblog

ふっくらしていて美味しそう♪

【ごえもん】では魚粉類は『おたふく』、ソースは『グリーンソース』という程好い香辛料と甘みと酸味が絶妙な濃厚ソースを使用

余り口にした事の無い銘柄のソースでしたが、しつこく無く良い味♪

ふっくらしていて美味しい✨

富士宮市【ごえもん】ダヤンテールblog

怖々、『辛いソース』付けてみる(笑)

マヨネーズや『辛さが増すソース』も希望があれば提供して下さるというので、辛いソースを少しだけ味変として頂いてみましたが…ハバネロとかジョロキアみたいな辛さがあり、これはかなり辛かったです

室内は鉄板焼きを気持ちよく食べて貰えるように室温20℃に設定してあるそうなんですが、徐々に額には汗が💦

焼き行程から(これは多いな…)と思ってみていましたが、実際に食べてみてもボリュームが凄い!👀

食べ切れなかったので持ち帰りを希望すると、残った『ごえもん焼き』とアルミホイルを仕切りにして、先出で頂いていて残った『茹でジャンボ落花生』もプラパックに入れ持たせて下さいました

 

Twitterで【ごえもん】の事を紹介して直ぐにフォロワーさんが行って見て下さったのですが、その方も気に入ってもう数回通われているそう😆

行く人を虜にする小さな鉄板焼き屋【ごえもん】です

ヾ(=゚・゚=)ノニャン♪  

 お店のデーター

【ごえもん】

静岡県富士宮市淀師1312−1

電話:0544-66-8611

営業時間)11:00~14:00/16:00~21:00

定休日)火曜日

駐車場)あり(※無料・5~6台)

2 件のコメント

  • いつもダヤンさんのブログを参考にさせていただき新しいお店にお伺いしています。
    本日、こちらのごえもんさんにお伺いしましたが、ドンピシャ当たりのお店でした。
    いつも魅力的なお店を紹介していただき有難うございます。
    とても良いお店だったのお礼を書かずにいられず、初めてコメントさせていただきます。
    最近はアニメやらメディアの影響による大混雑で、老舗お店への足が遠のいていましたが、
    こちらの記事を見て久しぶりに「そば」と「しぐれ」を食べに行こうと思い、予約のTELを
    入れてから家族でお伺いしました。
    こちらのお店の懐かしい味と清潔感、お店ご夫婦の人柄に惹かれて是非またお伺いしたい
    と思いました。
    まだしばらくは感染症の影響で外食は厳しい状況が続きそうなので、すこしばかりですが
    こちらのように頑張っている地元のお店にご協力できればと思っています。
    これからも富士、富士宮周辺の素敵なお店の探索とご紹介を宜しくお願いします。

    • kaza様へ∥いつも読んでくださり、ありがとうございます
      また、初コメもありがとうございます✨
      【ごえもん】、店的にも人的にも本当に魅力的なお店ですよね
      私も紹介して良かったなぁっと、しみじみ思っております

      これからも自分のポリシーに沿って、新旧囚われず皆様に地域の情報発信して行きますので、応援よろしくお願いします!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    HN/ダヤンテール。 おうし座、A型。 静岡県出身、富士宮市在住。 食品会社の営業退職後に大手グルメサイトにて食レポを始める。 よくあるグルメ本とは違う、実際に行って人と話し自分の言葉で伝えられる様に記事を書くのを信条としています。 富士山を中心とした東海甲信地区情報をメインに、自分が実際に行った観光地やその土地のグルメなど、心地よいレポとして書いていこうと思っていますので、参考にして頂けると嬉しいです。