【富士市 吉原店】『感動の肉と米』爆速CP最強ステーキセット価格850円込~!君たちはどう食べるのか

富士市【感動の肉と米 富士吉原店】ダヤンテールblog

 【感動の肉と米 富士吉原店】

国道139号線沿いの富士市浅間本町『しずてつストア』と同敷地内にあった【牛角】の場所に、【感動の肉と米】という店名セルフサービススタイルのステーキハウスが8月7日オープンした

事前情報で

入口発券システム』

『レギュラー(180g)ほぼ1000円セット』

『ご飯などのセット食べ放題』

『ステーキにはハラミなどがあり替え肉システム(肉のお替り)もある』と聴いていたので

ダヤン
最近富士宮市にオープンした『やっぱりS』の後方互換(※同等の部類で新しくできた施設)だったら、わざわざ富士市まで凸る事もないかぁ

と考えていたのですが、行ってみたらこれは…『上位互換』!?☹

今回は、今勢いに乗っている東海地盤の焼肉チェーンあみやき亭が運営する『コスパに感動!米に感動!提供速度に感動!』の【感動の肉と米 吉原店】に関しての『爆速』記事です!

(そうでもない…)🐈

 アクセス・場所

東名富士ICを139号線(沼津・富士市街)方面へ向かい、1.2㎞ほど道なりに進んだ右手

『しずてつストア』や『マツモトキヨシ』との共同敷地内、北側にあります

富士市【感動の肉と米 富士吉原店】ダヤンテールblog

店名は『吉原』ですが住所は『浅間本町』。しずてつストアとの同敷地内北側です

最近まで焼肉チェーン店『牛角吉原店』があった場所に、『静岡初上陸』と話題になっています

開店日未定で現在静岡の流通通り店にある(あった?)焼肉食べ放題の店『どんどん』も【感動の肉と米】になる予定

【感動の肉と米】は『あみやき亭グループ』の現在全253店舗のうち、24店舗ほどを占め2021年春に立ち上げた新ブランド

続々と新店をオープンさせている勢いのある飲食店です

 駐車場

『しずてつストア』との共有駐車場120台分と案内されています

120台と結構広めの駐車場ですが、『しずてつストア』は地元で人気の食品小売なので万年駐車場混みしています

停められないほどでは無いと思いますが、遠くに停めてもいいや~って気持ちが大切!

 外観・店内

『牛角』時代は黒がシンボルカラーで閉鎖的印象でしたが、【感動の肉と米】は白黒バイカラーなんでしょうか?

ステーキハウスや焼肉のイメージからすると軽めの印象がありますが、開放的で明るい雰囲気にリニューアルされていました

入り口は、幹線道路側(東側)

出口は西側とで分かれています

なぜ出入口が分かれているのか、は…退店しようとした際にわかりましたので後で説明しますね

富士市【感動の肉と米 富士吉原店】ダヤンテールblog

店舗入り口は幹線道路側。外壁にオーダー方法やメニューなどが書かれている

さて、外看板に『利用方法』や『メニュー』などがイラストや写真付きでドドォーン!と貼り出されていたのでこれを見逃すまいと食い入る様に眺めていたダヤンでしたが…ダンニャに置いて行かれました😇

 店内と発券機画面

店内入ってすぐ目の前が大きく開けていて、ガラス張りの厨房の向こうでお肉をグリルしているスタッフさんの姿が視界に入って来て、店内に充満するステーキのいい匂いで視覚と嗅覚から空腹に拍車をかけてきます

富士市【感動の肉と米 富士吉原店】ダヤンテールblog

店内に入ると目の前に焼き場!いい匂いが充満しています。左手に『券売機』があります

左を見ると…『天井からつるされた①と書かれた看板下付近』に利用者のグループが2組ほど

ここに『発券機』が1台設置されています

【感動の肉と米】も【やっぱりS】と同じ入口発券機システム

最近この手の『入り口発券機型オーダー』が増えて来ているように感じますが…どうも苦手なんですよね~(汗)

前の利用者が もたもたしていてもイラっとするし、自分の番が来たら来たで焦るし…

発券機の最初のホーム画面に

『メニューは全てセット付』

『肉以外はお替り無料』

『小学生以上の方はお一人様1セットの注文をお願いします』

と書かれています

富士市【感動の肉と米 富士吉原店】ダヤンテールblog

『券売機』のホーム画面

6歳から大人と同じ一人前…(; ・`д・´)

まあ、小学生が1人で来ることは無いだろうし、フリーのご飯や『お供』は調整可能だけど、お子様連れの方は覚えておいた方が良いと思いますね

 メニューとオーダー(発券)から受け取りシステム

外壁に貼りだされていた『オーダーの仕方』が店内(頭上)に番号付きで案内されていて流れる様に着席できるのが良いと思いました(※着席は案内が無く好きな場所へ座る事ができました)

富士市【感動の肉と米 富士吉原店】ダヤンテールblog

利用者は①券売機→②→③→④と流れて移動します(因みに④が抜けていますが③の後に振り返ると④があり、⑤は食事後の返却場所になっています

メニュー(ちらし)は発券機の左側(窓枠)に置いてあったので、もっと入口付近の目につく場所にあると良かったかな~

【①発券機のタッチパネルでオーダー】

メインの肉を選びます

富士市【感動の肉と米 富士吉原店】ダヤンテールblog

レギュラーは850円~1000円。2種の肉が食べられる『コンボ』もある。全て税込みセット価格

人気№1の『牛ロースステーキ』【やっぱりS】でも人気の『ハラミステーキ』は№2人気

№3は『粗びきハンバーグ』

その他に『ミスジ』『赤身カット』『厚切り豚ロース』『チキンステーキ』と新名物の正体不明『ヴォルケーノカルビ』があり

『レギュラー』『W』『+ハーフ』などの量を考慮してタッチパネルをタッチします

2種類のお肉が食べられる『コンボ』メニューもありますが、『ミスジ』が売れ筋なのかな?

ミスジ

『ミスジ』は腕肉にあたり、腕肉のなかでは霜降りが入った赤身肉

火を通し過ぎるのは厳禁で、適度な歯ごたえと脂分と濃厚な旨味が特徴

完売していました

替えお肉制度もあるようです

 ▪支払い方法

支払いは現金の他に『各種クレジット』『Paypay』と…なぜか『交通系IC(PASMO・Suica)』が利用可

口コミによると『万札利用が不可』らしいのでご注意を!

発券したら受け取って②へ移動します

【②お肉をお受け取り下さい】

②では『丸〇製麺』の様にトレーが用意され、プレートの滑り止めゴムマット・熱々の溶岩プレートをスタッフが用意してくれます富士市【感動の肉と米 富士吉原店】ダヤンテールblog

割りばし・フォーク・ナイフ・お手拭きなど必要なものが左手にあるので取り揃えていると…瞬時に『お肉』がプレートにONっ!!!👀

富士市【感動の肉と米 富士吉原店】ダヤンテールblog

箸と、フォークと…なんてやっているうちに肉が焼けた!👀

はやっ!その間何十秒か程度

ってか早過ぎね?(笑)

富士市【感動の肉と米 富士吉原店】ダヤンテールblog

ダンニャがオーダーした『コンボ』もジュージューと音を立ててすぐに焼き上がり

富士市【感動の肉と米 富士吉原店】ダヤンテールblog

キッチンペーパーえお爪楊枝で留めて

富士市【感動の肉と米 富士吉原店】ダヤンテールblog

紙のガードをかけて、ハイ!出来上がり!職人技!👀

さすがタイパ(タイムコスパ)最強なだけあります(汗)

オーダー前に加熱済みの肉を再加熱したものかな?

でもちゃんと焦げも付いてジュージューいってます

脂跳ねが激しい商品は、キッチンペーパーを上から楊枝挿し!側には紙製のガードをかけられます

このキッチンペーパー楊枝挿し技はこの業界の流行なんでしょうか?

ご飯へ行く前に『生卵』を1個もらう事ができるのでGETしておくように!

富士市【感動の肉と米 富士吉原店】ダヤンテールblog

1人に1個生卵が貰える。これは『要らない』なんて言わずに貰っておこう!

【③ご飯を盛り付けて下さい】

そのままの流れで『羽釜』の前を通り、自動白飯盛り付けマシン(ごはんおかわりロボ)に茶碗をセット!

好きな分量のボタンをポチると、自動的にご飯がふわっと茶碗の中へ!

ちょっと味気ないけど、誰が触ったかわからないしゃもじを持って誰が覗き込んだかわからないジャーを覗き込んでご飯を盛るより、ずっと衛生的

富士市【感動の肉と米 富士吉原店】ダヤンテールblog

ご飯は高火力羽釜で炊いた炊き立てご飯をBOTが盛り付けてくれる。衛生的。

小(120g)・中(180g)・大(230g)から選び、お替りしたい場合は『新しい茶碗をセット』します

【④セルフコーナー】

③まではレーンで繋がっているのですが、④は背中側になります

富士市【感動の肉と米 富士吉原店】ダヤンテールblog

④は③の後、背後へ。ここには『味噌汁』『お供』『子ども食器』『お茶や水』が置いてある

セルフコーナーには『乾燥具材を盛って味噌汁サーバー』で作る味噌汁

白菜キムチ・野沢菜・ピリ辛牛しぐれ(肉味様)の3種のご飯のお供があり、これらはフリーになっています

富士市【感動の肉と米 富士吉原店】ダヤンテールblog

吉原店のお供は3種。中でも左側にある『ピリ辛牛しぐれ』は肉味噌そぼろで旨い!

ご飯のお供は毎月16日(とろろの日)、29日(明太子の日)もあり、その日は特別にお供が増えるのかな?富士市【感動の肉と米 富士吉原店】ダヤンテールblog

あの手この手を使って、どうやってもご飯をお替りさせる気 まんまんですね(笑)

白飯大好きダヤン、最近は健康の為ご飯も小盛にしてお替りはご法度だったのに…今回、負けてしまいました

お子様用の食器もここに置いてありました

冷温茶・お冷のサーバーもありここでトレーにあらかた載せたら、好きな席に着いて食べ始めます

尚、サポートが必要な利用者にはスタッフがついて下さるそうです

お子様用の椅子も用意され、全年齢楽しめる様相になっています

富士市【感動の肉と米 富士吉原店】ダヤンテールblog

『お子様椅子』は③のご飯コーナーの横にありました。食器の返却は出口付近の⑤になります

 実食感想

カウンター席・テーブル席が形状としてありますが、テーブル席の天板が小さめ(汗)富士市【感動の肉と米 富士吉原店】ダヤンテールblog

2人でしたが4人席に着席

着席したころには受け取ったお肉はジュージューから少し落ち着いていました

※読者様から情報!プレートが冷めてしまったと感じた場合はアツアツのものと交換して下さるのだそうです

卓上にはガーリックソース系のタレが4種

富士市【感動の肉と米 富士吉原店】ダヤンテールblog

液体ダレの他に、小袋わさびや岩塩もあるそうです

他に小袋わさびや生姜、うちのテーブルには無かったのですが実は岩塩もあるみたいです

いつもは『岩塩&わさびラブ』ダヤンですが、ここではちょっと違いました

 ハラミステーキ(レギュラー)

ご飯・味噌汁・ご飯のお供食べ放題でハラミステーキ180gで1000円込!

富士市【感動の肉と米 富士吉原店】ダヤンテールblog

『ミスジ』か『ハラミ』を食べてみたかったが、『ミスジ』完売の為『ハラミ』に、ご飯・味噌汁・お供で1000円。卵は始め『要らない』と思って貰わなかったが…

サラダが欲しいとこだけど、よくあるサラダバーの荒れ方を見ると『お供』でも良いかな~と思っちゃう

肉質は…思っていたより中まで結構火が通っていて、柔らかくジューシーはジューシーだったけど肉質と焼き加減に関しては富士宮の1000円ステーキハウスの店と比べると、少し劣って感じてしまった

富士市【感動の肉と米 富士吉原店】ダヤンテールblog

柔らかく食べ応えのある『ハラミ』…だけど、もう少し生っぽい方が好み(ちょっと焼け過ぎ)

(最速提供の為の事前調理と、受け取った後肉を持ってご飯や味噌汁、お供やお茶をトレーに載せて着席してからやっと肉を食べられるのが要因かな?)

でも言って、1000円だかんね!

しかも白飯が旨すぎるっ!

ステーキ屋でワンパンしなくてもご飯が旨いって神だと思う

新潟県産『ゆきん子舞』を精米、高火力羽釜炊きしているらしい富士市【感動の肉と米 富士吉原店】ダヤンテールblog

『ゆきん子舞』は粘り過ぎず適度な歯ごたえと仄かな甘みがあるのが特徴で、味の濃いおかずと非常に相性が良いんだって!

富士市【感動の肉と米 富士吉原店】ダヤンテールblog

『ご飯は小盛で、お替りはしない』ってずっと守って来たのに…(笑)肉屋に肉味噌って反則っ!w

 あらびきハンバーグとヴォルケーノ(コンボ)

東海エリアと関東エリアではサービスやメニューが少し違うって知ったし、この新名物の『ヴォルケーノ』は限定店提供だった事もあるって

富士市【感動の肉と米 富士吉原店】ダヤンテールblog

『ヴォルケーノカルビ』は油跳ねが激しいのでカバーをかけて提供される

メニュー写真で見ると他の商品より『赤々しい』ので何か味付けがされてるのかと思いきや…

富士市【感動の肉と米 富士吉原店】ダヤンテールblog

右端上の『ヴォルケーノカルビ』だけ赤々しくみえるので味付きかと思いきや

薄切りカルビをおにぎりみたいに固めて置いてあるだけだった(爆)

富士市【感動の肉と米 富士吉原店】ダヤンテールblog

粗びきハンバーグとヴォルケーノカルビコンボ。『ヴォルケーノカルビ』は薄切りカルビの生塊だった!味付きじゃなかった

唯一生肉写真だから赤っぽく見えたのかな?

ダンニャはこれに、粗びきハンバーグとの『コンボ』にしたので『ヴォルケーノ』を崩して溶岩プレートで焼いて行きたかったんだけど…

溶岩プレートの大きさがダヤンのシングル盛と同じ大きさなので

肉が…広げきれず溢れる(笑)

富士市【感動の肉と米 富士吉原店】ダヤンテールblog

ヴォルケーノが広げられない!(笑)

ただ、この『ヴォルケーノカルビ』は焼きしゃぶ風に、焼いた後好みのタレをつけて溶き卵にくぐらせて食べるとムチャクチャ美味しかった!

富士市【感動の肉と米 富士吉原店】ダヤンテールblog

ヴォルケーノカルビ、焼いて好みのタレをつけて、溶き卵にくぐらせて『焼きしゃぶ』みたいにして食べると絶品!

ダンニャは次回は『ヴォルケーノプラスハーフ』にするっ!って言ってる富士市【感動の肉と米 富士吉原店】ダヤンテールblog

卵は1人1個どうぞって言われたけど、ステーキハウスで『TKG』なんてやらないよ~って最初は思っていたから、ダヤンは受け取らなかったんだけど

見ると

プレートの上で目玉焼きにしたり、『お供』の牛ピリ辛そぼろやキムチ・野沢菜をご飯の上に載せてその上に生卵を鎮座させて『ミニ丼』を作ったりと、みんな色々な事をして【感動の肉と米】を徹底的に楽しんでいた(生卵=TKGしか思い浮かばないダメなダヤンw)

付けダレも甘いの、辛いの、スパイシーなのと色々あるし小鉢もたくさんテーブルに用意されているので、好みのタレを見つけると良い

付けたしみたいになっちゃったけど、粗びきハンバーグも普通に美味しかった富士市【感動の肉と米 富士吉原店】ダヤンテールblog

 

さて

【感動の肉と米】では、食べ終わった食器を自分で片すまでがルール

利用者が配膳・片しをすることで人件費削減につながって、それを価格に還元できるんだってから協力しよう!

出口付近に『返却口』があって、なぜかそこでたくさんの人がスマホを弄っていた

ダヤン
(なあに?ポケストップでも発生しているのかしら…)

と出口でたむろって邪魔で迷惑だな~と思いながら横を通り外へ出て、車の中で【感動の肉と米】のチラシやHPをみていたら

GooglePlayに【感動の肉と米】のアプリがあって、出口付近にあるQRコードの読み込みでポイントがたまる仕組みになってる

富士市【感動の肉と米 富士吉原店】ダヤンテールblog

今から行く人は事前にアプリをダウンロードしてから行くのを推奨!

って知った!

ああ…

このQRコードがあるから、出口入口が分かれていたんだ!

(食べた人にしかQR読めないように)😔

気が付いたのがお店から出ちゃった後だったので、今回のポイントは無し!(泣)

ポイントは段階で分かれていて、一番初めは『ニクコメ研修生』

3ポイントで新入社員ボーナスクーポンが使用できるんだって!

(内容は店舗により異なる)

しかもだ!

アプリインストールしただけで『研修生ボーナスクーポン』使えるから、事前インストールしておけば初回からクーポン利用可!

ぐぬぬだよーっ!(笑)

単価設定とかレージっぽいのとか、何番煎じ?的なステーキハウスシステムだと思っていたけど

独自のSNSの使い方や、『#ニクコメ丼』を発信させて利用者の楽しみ方に自由度を持たせるなど『君たちはどう食べるか』とまるでステーキ界の宮〇駿並みの【感動の肉と米】の問いかけに、私たちは応えて行かなければならないのだっ!

富士市【感動の肉と米 富士吉原店】ダヤンテールblog

『#ニクコメ丼』で発信!

(今回そんな壮大な話だったのか…?)

  ヾ(=゚・゚=)ノニャン♪  

 お店のデーター

【感動の肉と米 富士吉原店】

静岡県富士市浅間本町1−49

電話:0545‐53‐4129

営業時間)11:00~22:00

定休日)年中無休

駐車場)あり(※無料・同敷地内しずてつストアと共有120台分)

詳しくは公式HP【感動の肉と米】にてチェック⇐

当サイトは広告主(Googleアドセンス・A8net・バリューコーマス・The money tizer)から支払われる広告収入を主な収入源として運営を行っています

当サイトの記事では、商品・サービスの紹介に広告主のアフィリエイト広告を利用しています

2 件のコメント

  • 揚げ足とりでスミマセン。
    鉄板ではなく溶岩プレートです。
    冷めたら熱々に交換もしてくれます。

    • 渡邉さまへ∥コメントありがとうございます!(´▽`)
      気をつけていたつもりでしたが、誤記載あったのですね!みてみます!冷めたらプレート交換も知らなかったのでありがたいです。追記します

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA