【沼津市】『循環ワークス』環境に寄り添うカフェ併設リノベ工場でお宝発掘!

沼津市【循環ワークス】ダヤンテールblog

 【循環ワークス】

沼津港に以前行った時に、駐車場から見える海の向こうの小高い丘の上に 小さなお堂の様な構造の建造物を発見した

沼津市【循環ワークス】ダヤンテールblog

沼津港の防波堤から見えた景色がきっかけ

気になってその建造物をGoogleマップで調べてみると、我入道狩野川河口に海の守り神・氏神として御鎮座している八幡神社(誉田別命御祭神)である事が判ったのだが

更にその周辺を調べてみると…ダヤンの琴線に触れる様なお店を見つけてしまった!👀

それが今回ご紹介する【循環ワークス】

分類別でみると『コミュニティセンター』とあり、催しもの等も確かに発信しているようなのだが…それだけじゃあない!

口コミ写真を見るとなにか『美味しい匂い』『ワクワクする様な匂い』がプンプンと(笑)

そっとGoogleマップに『行きたいフラグ』を立て、ダンニャに事あるごとに『行きたぁ~い…行きたぁ~い』と洗脳する事数カ月(笑)

本日やっとその『美味しい匂い』と『ワクワクする匂い』を体感する事ができましたのでご報告申し上げます🐈

 『循環ワークス』とは

今流行り?の『SDGs』はご存知でしょうか?

『持続的社会(持続可能な社会)』といって、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として2015年の国連サミットで決められた国際的目標『2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す事=SDGs』

3本の柱として『貧困を無くす』『差別の無い社会を作る』『環境を大切にする』と挙げられ、企業や個人で『SDGs』の実践に取り組んでいる方(企業)もいらっしゃると思いますが…

ダヤンの勤務先でも『SDGs』『SDGs』と盛んに口にはしていますが、本当にこれが『SDGs』に繋がる(呼べる?)のか疑問に思う事もしばしば💦

しかし!【循環ワークス】はそれをガチで実践!

特に3番目の『環境を大切にする』事、人々のコミュニティの場となることが企業思想の本軸になっています

 【循環ワークス】の活動

【循環ワークス】代表である沼津市の映像作家山本氏が、10年近く世界を旅して知った世界の実情

たった1本のペットボトルを使いこなす発展途上国の生活を目の当たりにして、日本の使い捨て文化に疑問を持ったという

これまでの様に大量生産・大量消費こそが『豊かさ』としていた生活より、1つの道具を受け継ぎ感謝しながら生活する事のほうが幸福感を得やすいのではないか これからはそれが大事なのではないかと新聞記事の中で語っています

沼津市【循環ワークス】ダヤンテールblog

【循環ワークス】の詳細が書かれた記事
店舗に張ってあるのでご来店の際には是非目を通して見て下さい

【循環ワークス】は静岡県東部で解体する民家に出向いて、食器・古道具・廃材を回収などして『要らなくなった人から必要な人への橋渡し』をになっています

①古材・古物の取り扱い⇨古き良きものを大事に使って下さる方に『循環』

②ワークショップスペース⇨知識や技術を伝授し『循環』

③カフェスペース⇨環境に配慮した生産物を扱い心身共に癒しを

④エネルギーの時給⇨エネルギーの循環を学び体感

環境に寄り添い「もの」や「人」を循環させて、よりよい生活のしくみを考える「循環工場」として、電力は自家発電でまかなっている

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

循環ワークス(@junkanworks)がシェアした投稿

循環型社会を実践的に学ぶワークショップも開催

リサイクルショップや骨董店と違うところは、商品に価値をつけ高額売買を目的とするものでは無くあくまでも『ものを回す』ことが目的

店内は観る人(それを欲しい・探していた)と思う人が見つけると『おぉぉぉ!!✨』となってしまう様なお宝との出会いで満ち溢れています

沼津市【循環ワークス】ダヤンテールblog

無料は罪!(笑)要る人は頂いて行って

沼津市【循環ワークス】ダヤンテールblog

特に三國連太郎のファンでは無いけれど、綺麗で気になりました☺

ダヤンも欲しい!と思うものとたくさん出逢えたのですが…お迎えする『場所』が無かったので断念したものも多数(泣)

ここで買ってしまったら、本末転倒💦(ガマンガマン)

でも定期的に来てみたいな~!

(´艸`*)

因みに営業日は『木曜~日曜日』になっています

 外観

元々『さば節工場』だった建物を買い取り、約100人のサポーターの協力を募り山本氏も自らの手で10カ月をかけて改修

沼津市【循環ワークス】ダヤンテールblog

もと『さば節工場』だったという【循環ワークス】 前の会社の名前がまだ壁に残っています(笑)

2020年11月プレオープン、翌5月にグランドオープンしています

この店の事を知らないで通り掛かった場合は…『何屋?』って疑問と気軽に入ってもいいのかって疑問が湧くかもね

沼津市【循環ワークス】ダヤンテールblog

入り口には建具古材売り場

 店内

建物は3階建てで、店内は『スタッフオンリー』以外の場所はどこも見学内覧自由♪

沼津市【循環ワークス】ダヤンテールblog

ワクワク♪

沼津市【循環ワークス】ダヤンテールblog

中2階から

沼津市【循環ワークス】ダヤンテールblog

中2階には書籍コーナーや

沼津市【循環ワークス】ダヤンテールblog

キッズスペースもある

沼津市【循環ワークス】ダヤンテールblog

富士山が観える3階屋上はまだこれから

沼津市【循環ワークス】ダヤンテールblog

隅から隅まで見ていると…あっという間に時間が経ってしまいます

 駐車場

【循環ワークス】の建物の先は、防波堤壁でTの字になっています

そこを右折

防波堤壁に沿って100mほど進んだ先の右手に専用駐車場があります

沼津市【循環ワークス】ダヤンテールblog

突き当たった先の防波堤壁を右折し100mほど進むと

沼津市【循環ワークス】ダヤンテールblog

駐車場があります

防波堤壁を登ってみたら…『びゅうお』が見えました😆

向こうから八幡神社を見つけて【循環ワークス】を知ったのですよね~(感慨深げ)

沼津市【循環ワークス】ダヤンテールblog

防波堤を登って見たら…『びゅうお』が見えました。

沼津港 観光【びゅうお】ダヤンテールblog

【沼津港 観光】大型展望水門『びゅうお』深海魚トリックアートが楽しめる格安穴場スポット

2022年6月17日

 店内はワクワクする匂いで満ち溢れていた

店内は撮影OK!ということでしたので、忘備録的に写真を撮らせて頂きました

回収だけでは無く持ち込み受け入れや物々交換(古本など)沼津市【循環ワークス】ダヤンテールblog

え?本当にこの値段?👀

沼津市【循環ワークス】ダヤンテールblog

南部鉄器鉄瓶が2000円ですってよ!(中も綺麗でした)

そう言えばむか~ぁし、これ家に確かあったな~!

沼津市【循環ワークス】ダヤンテールblog

レトロ柄のホーロー鍋 うちにも昔あったな~!

沼津市【循環ワークス】ダヤンテールblog

お洒落なアンティークラタンクーハン

沼津市【循環ワークス】ダヤンテールblog

大きな家具類は配送も可能(有料)家具のコンディションもかなり良し!

沼津市【循環ワークス】ダヤンテールblog

新しくお店を始めようって人にも良いかもね✨

沼津市【循環ワークス】ダヤンテールblog

食器コーナー 比較的どれも美品

沼津市【循環ワークス】ダヤンテールblog

こんなものも

沼津市【循環ワークス】ダヤンテールblog

骨董市とかで見るよりずっと安価

沼津市【循環ワークス】ダヤンテールblog

着物や帯

沼津市【循環ワークス】ダヤンテールblog

道具類は手入れが必要そう

(*´з`)

…ってのもあり興味はつきません

時々『セール』もあるそうなのでそれも要チェックです!

(※インスタ等で告知があります)

 ダンニャとダヤンMYお宝発見

状態が綺麗なものが多く、これ欲しいな!と思ったもののたくさんあったのですが…『欲しい』だけで『使う予定が無い』ものを購入してしまうのは本末転倒になるので…自制💦

ダヤンは和柄がお洒落なカレー皿を2枚

ダンニャは綺麗なガラス瓶(アンティーク風デミジョンボトル)を購入

デミジョンボトルはまだ技術が発展していない時代に創られたもので、同じものが2つと無いと言われる歴史のあるガラスのボトル

薄っすらとグリーンが入ったブルーグリーンの色合いが素敵なボトルです

家に帰り、早速夕飯の炒飯で使用したり

沼津市【循環ワークス】ダヤンテールblog

和柄の青染と金のラインが気に入って購入したカレー皿

浴室に飾ったりして

沼津市【循環ワークス】ダヤンテールblog

綺麗な瓶集めが趣味のダンニャのお気に入りコレクションに加わった大きなアンティーク風デミジョンボトル

( *´艸`)ムフ♪

大切に使おうと思います

購入したものは店で用意してくれてある端材(要らない紙や要らなくなったシール)を使い、自分で梱包します

大きなものは配送サービス(基本料金1000円プラス1km100円~)の利用も可能

 カフェ

施設内には小さなカフェスペースがあって、ランチタイムには食事の販売も行われています

できるだけ無添加やオーガニック・フェアトレード品・伝統製法にこだわったものを使っていて丁寧に創られています

沼津市【循環ワークス】ダヤンテールblog

ドリンクやランチなど
夏場はかき氷の取り扱いがあります

瓶底をステンドグラスの様に使用した壁がお洒落♪

沼津市【循環ワークス】ダヤンテールblog

瓶底でデコレーションした壁がお洒落なカフェスペース✨

夏場の現在は自然素材を使ったオーガニックなかき氷の販売があったので、頂いてみました

 かき氷

『甘夏』と『大富士珈琲』のかき氷は切らしているとの事で、ちょっと珍しい『プラム』のかき氷をチョイス

プラス100円で練乳もお願いしました

ランチタイムには『スパイスカレー』もメニューにあるようで、それらのスパイスの薫りが仄かに漂う厨房の中でレトロなかき氷機でシャリシャリと豪快にかき氷をかいて行きます

沼津市【循環ワークス】ダヤンテールblog

レトロなかき氷機で目の前でカキ氷を制作

レトロっぽい器がまたイイですね♪

沼津市【循環ワークス】ダヤンテールblog

かき氷は夏限定『プラムのかき氷600円(+100円練乳)』

トップにはとろとろに煮込まれた函南産のプラムのジャムがとろ~りと♪

甘くて酸っぱいプラムとミルキーな練乳

細かすぎない肌理の氷がとっても美味しい✨

沼津市【循環ワークス】ダヤンテールblog

函南産のプラムのジャムがたっぷり♪

別の種類も食べてみたいし、ランチも食べてみたいな~

あ!かき氷は夏の間だけの様なのでご注意を

 

毎回おちが『花より団子』みたいになるダヤンですが

ここの『花』は『だんご』並に魅力があるので、次回もなにか掘り出し物を探しに来たいな~と割と本気で思っています

ヾ(=゚・゚=)ノニャン♪  

 お店のデーター

【循環ワークス】

静岡県沼津市我入道浜町308 

電話:090‐7687-6765(山本氏)

営業時間)10:00~16:00

定休日)月~水は休業日

※木・金・土・日が営業日

駐車場)あり(無料※工場から100mほど先)

詳しくは公式HP【循環ワークス】 にてチェック⇦

インスタグラムはこちら⇦

Facebookはこちら⇦

その他
金額の確認は問い合せせずにご来店確認をお願いします。また取り置きは不可、物の循環を目的(昔の職人の手仕事が残る古材や技術が詰まった古道具など)としている為に買い取りはしていません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

HN/ダヤンテール。 おうし座、A型。 静岡県出身、富士宮市在住。 食品会社の営業退職後に大手グルメサイトにて食レポを始める。 よくあるグルメ本とは違う、実際に行って人と話し自分の言葉で伝えられる様に記事を書くのを信条としています。 富士山を中心とした東海甲信地区情報をメインに、自分が実際に行った観光地やその土地のグルメなど、心地よいレポとして書いていこうと思っていますので、参考にして頂けると嬉しいです。