気になる商品

【らくのうFACTORY】・【富士ミルクランド】富士宮市朝霧高原附近お勧めランチ

富士宮市 らくのうFACTORY&富士ミルクランド ダヤンテールblog

富士宮市北部に広がる富士山西麓一帯の高原は『朝霧高原地区』と呼ばれ、市街とはひと季節も環境が違い、特に涼を求め夏から秋には多くの観光客が来場している

自然環境が素晴らしいこの地では酪農が盛んで、富士山からの美味しい湧き水もあり『ここにしかない旨いもの』もたくさんある

富士宮市 らくのうFACTORY&富士ミルクランド ダヤンテールblog

富士宮市北部は広大な土地を利用した酪農が盛んな地域

富士宮市 らくのうFACTORY&富士ミルクランド ダヤンテールblog

また、豊富な富士山からの湧き水は全ての源

 

ひとつ鬱陶しい?(笑)と思う事は、北部に向かう道路が片側一車線と狭く

✅県外客も多く訪れる人気蕎麦店【蕎麦の実一閑人】がある県道414号

【富士宮市 ランチ そば】蕎麦の実 一閑人

【富士宮市 そば】『蕎麦の実 一閑人(いっかんじん)』朝霧高原近く緑に囲まれた 県外訪問者多数の有名評判店

2019年8月31日

【富士ミルクランド】【えいちのむらファーマーズキッチン】を通り富士五湖のひとつである西湖に出る県道71号(通称:富士宮鳴沢線)

富士宮 ランチ えいちのむら ダヤンテールblog

【富士宮市 カフェ】『えいちのむら』朝霧高原ファーマーズレストランランチと特製固めプリン

2020年3月29日

✅北部に向かう主要道路、広大な観光牧場【まかいの牧場】がある国道139号

の3つに限られていて、しかもこの3本には横道が少なく一度乗ってしまうと渋滞に嵌ろうがなんだろうが?その道を行くしか選択肢が無く非常に不便だった事💦

 

そんな状況の中、今年7月21日

国道139号線と県道71号線を東西で繋ぐ市道『平山見返線』が開通

この市道が丁度【まかいの牧場】と【富士ミルクランド】の南側を繋ぐ位置になり、今まで行き来が面倒だった【まかいの牧場】⇆【富士ミルクランド】間の移動が各段に気軽にできるようになった事はかなり大きいのです✨

富士宮市 らくのうFACTORY&富士ミルクランド ダヤンテールblog

国道からは、【蕎麦の実一閑人】の看板がある交差点から東へ進入(※写真は市街から北上してきて)

更に、お天気が良い時に国道側から利用すると進行方向に『富士山』の姿を観る事ができるかも…!?

今回はこの『平山見返線』開通に伴い同時利用が可能になった【まかいの牧場らくのうFACTORY】と【富士ミルクランド】のランチ・ブランチ情報です🐈

 

 【まかいの牧場らくのうFACTORY】

【まかいの牧場】は去年から施設を大幅リニューアルしていて、新しい土産物売り場や富士山ビューの天空ブランコやグランピング・バーベキューなど…行きたいのは山々なのだが…

今までのただ単に『混雑している状況』に加え、首都圏から気軽に行ける観光地としてなのか、地元民が外出自粛するなか県外ナンバーの車が多く来場していて、現在気軽には行けないでいるのが現状

(´;ω;`)ウッ…

それでも今回『平山見返線』の開通のおかげで、【まかいの牧場】関連施設【まかいの牧場らくのうFACTORY】を見つけ、混雑に巻き込まれずに ちょっとした観光気分を味わう事ができました

補足
ちなみに、新東名高速道路静岡SA(上)に出店している【まかいの】関連施設も【Milk Factory】という名称(※旧店名『らくのうFACTORY』)になっていますのでお間違えの無いように

 らくのうファクトリーとは

1950年代から開墾された歴史ある富士宮の観光牧場(体験型酪農テーマパーク)【まかいの牧場】

地元民なら一度は行った事があるだろう、子供から大人まで楽しめる地元でも人気の体験観光スポットです

その【まかいの牧場】の牛乳・乳製品を加工する施設が【まかいのらくのうFACTORY】富士宮市 らくのうFACTORY&富士ミルクランド ダヤンテールblog

国道沿いでは無く『平山見返線』の途中にあります

富士宮市 らくのうFACTORY&富士ミルクランド ダヤンテールblog

『平山見返線』の途中にある【らくのうFACTORY】

工場としての機能だけでは無く、工場見学・体験工房・お土産販売・ブランチ(軽食)も楽しめ、駐車場にはハンモックや樹上ハウスなどがあり

言うならば『コンパクトまかいの牧場』

【まかいの牧場】の楽しさが集約された施設で、入場は無料です♪

営業日は、土日と夏休み期間中となっている様です

 

 施設案内

(おそらく)600坪くらいの敷地東半分は樹木やハンモック・樹上ハウスなどがある駐車場

富士宮市 らくのうFACTORY&富士ミルクランド ダヤンテールblog

『駐車場』への入り方
手前は駐車場ではありませんので注意!

富士宮市 らくのうFACTORY&富士ミルクランド ダヤンテールblog

自然木を利用したハンモック

富士宮市 らくのうFACTORY&富士ミルクランド ダヤンテールblog

樹上ハウスなんかもあり、駐車場から楽しい♪

敷地の西半分が工場となっています(※ISO2200認証工場)

富士宮市 らくのうFACTORY&富士ミルクランド ダヤンテールblog

工場はこんな構造

入り口付近のログハウスはテラス席やフリースペース

購入した商品を食べたり、イベントで使える様な建物になっています

富士宮市 らくのうFACTORY&富士ミルクランド ダヤンテールblog

入り口にあるログハウス

富士宮市 らくのうFACTORY&富士ミルクランド ダヤンテールblog

内部

工場建物の正面入り口がショップ入り口

富士宮市 らくのうFACTORY&富士ミルクランド ダヤンテールblog

ショップ入り口

ショップに入る前に、靴を脱いで下駄箱へ!

富士宮市 らくのうFACTORY&富士ミルクランド ダヤンテールblog

店内は土足禁止!
脱いだ靴は右側にある靴箱へ

アルコールスプレーも設置してあります

建物1階は殆どが『工場』で占めており、この工場の一部は2階の体験室の体験通路から見ることができます

富士宮市 らくのうFACTORY&富士ミルクランド ダヤンテールblog

2階の見学通路

左手階段を登ると、2階はトイレと工場見学通路・体験コーナー・休憩スペースなどになっています

富士宮市 らくのうFACTORY&富士ミルクランド ダヤンテールblog

2階はこんな感じ

富士宮市 らくのうFACTORY&富士ミルクランド ダヤンテールblog

モッツアレラチーズ製造体験等もできます

 ショップ

ショップでは、まかいの牧場の乳製品・ハムやウインナーなどの加工肉・人気商品チーズケーキや『きりかぶメープル』などの販売や、ソフトクリーム・季節のサンデーなどが購入でき、テラス席など好きな場所で食べることができます♪

富士宮市 らくのうFACTORY&富士ミルクランド ダヤンテールblog

小さなショーケースと小さなお土産売り場になっている1階ショップ

今回紹介する『ちょこっとブランチ』の会計もここで受付です

 ちょこっとブランチ

ブランチとは、ブレックファースト(朝食)とランチ(昼食)をあわせた造語

休日の朝食と昼食とを兼ねた『落ち着いてゆっくり食べる食事タイム』を指しています

【らくのうFACTORY】『ちょこっとブランチ』もそんな感じでゆったりと食べるのに最適なメニューなんですが…思っている以上にボリュームがありました(笑)

パンに乳製品2つ、肉類も付いて来て…これひとつで【まかいの牧場】の主力商品が一度に試食できるような内容になっています

富士宮市 らくのうFACTORY&富士ミルクランド ダヤンテールblog

『ちょこっとブランチ』は700円。限定10食

\(゜ロ\)(/ロ゜)/お得だっ!!

 

 ちょこっとブランチの内容

・ノンホモ牛乳190ml

・ミルク珈琲

※上記2点はICEかHOTか選択できます。珈琲には静岡のブランド『トクナガ珈琲』を使用

・レモンミルク

・飲むヨーグルト

・飲むヨーグルトブルーベリー

・とろ~り飲むヨーグルト

⇧以上のドリンクより1点チョイス

✔ITQIで3★獲得の食べるヨーグルト

✔無添加ロースハム1枚

✔無添加ウインナー1本

✔サイコロカットのプロセスチーズ

✔ひと口サイズのチーズケーキ

✔きりかぶメイプル1/4カット

ヨーグルとやノンホモ牛乳に関しては過去記事のこちらに詳しく書いてありますので、ご参考にどうぞ⇩

富士宮市 観光牧場 まかいの牧場

【富士宮市 観光 グルメ】『まかいの牧場』の瓶ヨーグルトが欧州で3つ星獲得!天然の生クリームがのった乳製品

2019年9月28日
富士宮市 らくのうFACTORY&富士ミルクランド ダヤンテールblog

『ちょこっとブラン』は思っていたよりちょこっとでは無かった(笑)

ソーセージときりかぶメイプルが焼きたてで、良い薫りが漂ってきます♪

今回は、私が『れもんみるく』(※乳清とレモン果汁の微甘乳飲料)

主人は『飲むヨーグルトブルーベリー』をチョイス

プレートの中で栄養素としては『野菜類』が足りないだけで、結構腹持ちが良いメニューになっていますね

 

『ちょこっとプレート』は700円で1日10食限定となっていますが、頂いた後にきりかぶメイプルもハムソーセージも購入したくなる事間違いないので注意です(笑)

富士宮市 らくのうFACTORY&富士ミルクランド ダヤンテールblog

1階売店でも取り扱っています

富士宮市 らくのうFACTORY&富士ミルクランド ダヤンテールblog

 

 らくのうFACTORYデーター

【らくのうFACTORY】まかいの牧場製造部

静岡県富士宮市内野1361-2

電話:0544-54-0710 

 

営業日)土日と夏休み期間

営業時間)10:00~16:00

駐車場)あり※無料10台程

詳しくは公式HP【まかいの牧場らくのうFACTORY】にてチェック⇦

 

 

 【富士ミルクランド】

続いて紹介するのは【富士ミルクランド】施設内『農場レストラン』のランチです🐈

【富士ミルクランド】県道71号線沿いにあり

【らくのうFACTORY】がある『平山見返線』は、県道71号線のこの地点(※富士ミルクランドの300m南)に出ることができます

富士宮市 らくのうFACTORY&富士ミルクランド ダヤンテールblog

国道から平山見返線を利用して県道71号線へ。【ミルクランドまで300m】に看板がある場所へ出ます。

『平山見返線』は途中未だ狭くなっている箇所もありますが、以前に比べたら格段に利用し易くなりましたよね♪

 富士ミルクランドとは

【まかいの牧場】と同じ体験型酪農テーマパークですが、こちらは入場料が無料です

HPより出典

富士宮市 らくのうFACTORY&富士ミルクランド ダヤンテールblog

ミルクランド施設

補足
※注意※【まかいの牧場】は入場有料・【らくのうFACTORY】は入場料無料

設立は比較的新しく、平成15年

株主は富士開拓農業協同組合となっています

200台停められる一般駐車場を有しており、農協だけあってサッと地元野菜が購入できる様な小さな地元産野菜売り場があるので、今迄のダヤンの【富士ミルクランド】の使いかたはそれが主流だったのですが

今年5月に施設内の『農場レストラン』に気になる新メニューが登場したと聴いてからは、ランチに行って見たいとずっと思っていました

 農場レストラン

野外にバーベキュー会場なども在るようですが、レストランは駐車場の北側にある建物の中通路『農産品販売所』と『ジェラートアイス工房』の間を奥へ進んで行った場所にあります

富士宮市 らくのうFACTORY&富士ミルクランド ダヤンテールblog

『農産品販売所』と『ジェラートアイス工房』の間の通路を奥へ

突き当りは『お土産などのショップ(まきばショップ)』になっていますが、ここの右手が『農場レストラン』入り口です

富士宮市 らくのうFACTORY&富士ミルクランド ダヤンテールblog

『農場レストラン』入り口

 利用の仕方

入り口の自動扉が開くと…左手にメニュー一覧とレジカウンターがあり、ここで先にオーダー・支払いとなります

因みにメニュー表は各テーブルには置いて無いので、入り口でオーダーを決めなければなりません💦

支払いが済むとオーダー番号札が渡され、料理ができたら取りに行き食器も自分で下げるセルフシステム

お冷もレジカウンター近くにあるウォーターサーバーに自分で取りに行きます

私達が伺った時は荒天で(※ワザと狙いましたw)利用客が誰も居なかったので混雑・混乱は無かったのですが、混雑していたり利用の仕方が判らない初見の利用者がいたら入り口付近は混雑するんじゃないのかしら…?

その点がちょっと気になりました💦

 

 店内

店内は外に向いている部分が全て大きなガラス窓になっていて、天井部も高いので明るく開放感がありました

富士宮市 らくのうFACTORY&富士ミルクランド ダヤンテールblog

開放感がある店内

テーブルと椅子も全て統一されており、子供用の椅子も完備

カウンター席は無いのですが、窓側を向いた席があり今日はそこを利用

以前はビュッフェ形式をとっていた事も在ったようですが、現在は定食形式になっており、席数もかなり絞られている印象でしたね

冬の寒さが厳しいこの地区で暖を取るためでしょうか

薪ストーブが置いてありました

富士宮市 らくのうFACTORY&富士ミルクランド ダヤンテールblog

薪ストーブが設置されていました

 メニュー

メニューは道の駅様に蕎麦やうどん・丼類もありますが、自家製チーズを使用したピザや『森本牛』『幸寿豚』などのブランド肉を使ったメニューもあり、思っていたより地元色が出ていますよ

お米も『う宮米こしひかり』を使用

鮮度が良いと評判の『朝霧たまご』も扱っていますね

これは『たまごかけごはん』だけでも美味しい予感(笑)

何にせよ、入って直ぐにオーダーしなければならないのなら予めメニュー検索をしておいた方がベターだと思います💦

 メニュー(2021.5現在)

そんな(?)訳でメニュー一覧

富士宮市 らくのうFACTORY&富士ミルクランド ダヤンテールblog

ピザ・丼もの・そば・うどん

富士宮市 らくのうFACTORY&富士ミルクランド ダヤンテールblog

セット類とカレー

 大々虹鱒の筒切りステーキセット

と、とりあえず一通りメニューはご紹介しましたが、なんといってもダヤンのお勧めは

『大々虹鱒(おおにじます)の筒切りステーキセット』

限定メニューでサラダ・ライス・スープ付 1800円です

富士宮市 らくのうFACTORY&富士ミルクランド ダヤンテールblog

『大々虹鱒の筒切りステーキセット』

富士宮は酪農が盛んな土地であると同時に、富士山からのミネラルを多く含んだ豊かで綺麗な湧き水を利用した『養鱒(※マスの飼育)』が盛んな場所

…であるにも係わらず、この『筒切りステーキ』は余り見かける事がありません

 

『筒切りステーキ』とはズバリ!『筒切り』(あたりまえ笑)で、一番脂の載った『腹部分のみ使用』

富士宮市 らくのうFACTORY&富士ミルクランド ダヤンテールblog

ずっと地元で食べたかった鱒の筒切りステーキ

3Kg越えという大型の鱒で無ければ立派な筒切りにはできないので『レア』と言えるでしょう

ダヤンこの『筒切りステーキ』を、諏訪・山梨で頂いた事があったのですが、ずっと待っていた富士宮でやっと食べる事ができ、感無量であります

(´;ω;`)ウッ…

一緒に付いて来たサラダとスープはアレなので(でたw)ちょっとガッカリでしたが、『ステーキ』に関しては文句なしっ!

大きさ・厚さ・脂の載り具合最高!富士宮市 らくのうFACTORY&富士ミルクランド ダヤンテールblog

焼き加減も皮がパリッ!として美味しく(※ダヤンはぬるっとした魚の皮が好きではありません💦)

富士宮市 らくのうFACTORY&富士ミルクランド ダヤンテールblog

鱒の脂の載りも味付けも、焼き加減も最高!✨

塩加減も、バジルソースも絶品でした✨

この『大々虹鱒』は富士宮市北部『猪之頭養鱒場』の川魚特有の生臭さが全く無い巨大ニジマス

この鱒も富士山の恵みの特産品のひとつです

地元米の『こしひかり』ももっちもちしていて鱒の旨みを更に引き立てていました

 

さて、補足ですが(補足?w)

同行した主人はと言うと、もともと魚がそんなに好きでは無いので『森本牛ローストビーフ』か『幸寿豚のヒレカツ』か『塩ベーコンのカレー』かで迷い、まさかの

『フライドチキンタルタルセット1000円』

をオーダー

富士宮市 らくのうFACTORY&富士ミルクランド ダヤンテールblog

『旨いからどうしてもblogに載せて欲しい』と主人(笑)

(・_・;)え?

地元食材なら何かしら書いてあると思うんだけど、なんとも書いてはいない所を見ると拘りの食材では無いのかも知れない

でも!

熱々揚げたて!この大きさ!このジューシーさ!この唐揚げでも竜田揚げでも無い変わった味付けの『フライドチキン(骨なし)』…にタルタル(笑)

富士宮市 らくのうFACTORY&富士ミルクランド ダヤンテールblog

(失礼にも)案外旨い!

富士宮市 らくのうFACTORY&富士ミルクランド ダヤンテールblog

熱々で大きくジューシー

いや!

笑い事では無く、これ意外にも(失礼!)美味しかったんです!

そんな主人も、私の大々虹鱒ステーキを食べて絶賛していましたが

(結局、旨きゃ何でもいい人?w)

 

ランチとして考えた事が無かった【富士ミルクランド】の『農場レストラン』ですが、朝霧高原附近の美味しいレストランのひとつに挙げても良いかも知れないです

 富士ミルクランドデーター

【富士ミルクランド】内『農場レストラン』

静岡県富士宮市上井出3690

電話:0544-54-3690

 

営業日)毎日

営業時間)レストランは11:00~15:00

駐車場)あり※無料

詳しくは公式HP【富士ミルクランド】にてチェック⇦

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

HN/ダヤンテール。 おうし座、A型。 静岡県出身、富士宮市在住。 食品会社の営業退職後に大手グルメサイトにて食レポを始める。 よくあるグルメ本とは違う、実際に行って人と話し自分の言葉で伝えられる様に記事を書くのを信条としています。 富士山を中心とした東海甲信地区情報をメインに、自分が実際に行った観光地やその土地のグルメなど、心地よいレポとして書いていこうと思っていますので、参考にして頂けると嬉しいです。