【富士宮 カフェ】『喫茶ヴィーナス』地元で愛される老舗喫茶でホットサンドとスイーツ

富士宮カフェ 喫茶ヴィーナス ダヤンテールblog

 【喫茶 ヴィーナス】

今回は、地元で40年以上営業している喫茶店さんの話です

以前夜に伺った時の記事に、2020年8月の最新情報を追加しました

新型コロナ感染対策
※店内の空気は天窓を常時開けて換気

※ドアノブ、テーブル、ソファーなど、お客様が触れる場所を随時消毒

※席数を減らしお客様同士の間隔をあける

※隣り合わせに座っていただくようお声がけする

※従業員はマスクを着用

※お客様のマスク着用のお願い

※従業員は出勤時体温測定 微熱のある従業員は帰宅

※テーブルとテーブルの間に仕切り

※レジ前に消毒剤を常備(お客様、従業員がいつでも使用可能)

※営業時間等、状況に応じて随時変更

※お金の手渡しをなくし受け皿で対応

※テイクアウトに対応

それでは、【喫茶ヴィーナス】の詳細です🐈

 コンセプト

昭和51年当時営業していた高級革製品店をオイルショック後に営業を辞め、改装して開業した純喫茶

最初はコーヒーのみの純喫茶予定でしたが、店の規模が大きかったことと利用者からの要望が多かったことでメニューを増やし、今の形態になっているそうです

ゆっくりと落ち着ける空間を提供し、一期一会の想いで接していますとのことで、実際とても丁寧な接客を感じました

長居も、してしまいました( *´艸`)

 お店のカテゴリーとメニュー

『喫茶』と冠についているが、まだ『カフェ』という言葉より『喫茶』という言葉の方が広く浸透していた時代からの今年で営業40年以上のカフェ

なので、内装などの雰囲気は喫茶店のイメージがあります

しかし、アルコール類の提供や、夏場は限定かき氷、地元B級グルメ富士宮焼きそばをメニューとして扱うなどメニューは多岐に渡っています(∩´∀`)∩

富士宮カフェ 喫茶ヴィーナス ダヤンテールblog

お勧めのホットサンドメニュー

富士宮カフェ 喫茶ヴィーナス ダヤンテールblog

夏季限定かき氷メニュー

(´-`).。oO(そいうや若かりし頃、ここではパフェしか食べた事が無かったな。。)

 場所

登山道に向かう県道180号線を、富士宮バイパス『登山道入り口信号手前』で右折

この道の通り沿い右手に面しています

信号のある角地に位置しているので入り易い場所ですね

 外観と駐車場

夜はイルミネーションが灯っています

昼間訪れると、綺麗に手入れされたプランターの花々が入り口でお出迎えです富士宮カフェ 喫茶ヴィーナス ダヤンテールblog

市のプランター花壇コンクールにもエントリーされたりしてるのかな?

高さを設けたプランターに咲く季節の花も通りから良く見えて癒されます

コーナーポールに大きな珈琲カップのオブジェ兼看板が設置されています

室内から撮ったものですが、窓の外にカップ型の看板がついたポールが見えます

 駐車場

店舗前に5~6台 道を挟んだ向かい側にも駐車場があります

富士宮カフェ 喫茶ヴィーナス ダヤンテールblog

店舗前の他に道向かいにも広い駐車場が在り
利用し易い

角地ですがそれ程交通量は多くないので停めやすいです

 店内の雰囲気

足繁くパフェを食べに来ていた時には、席がBOXタイプだった記憶がありますが…定かではないです。ただ、その少し周りの席と隔離された空間がBOXタイプの席には雰囲気的にあったので、凄く大人の社交場(喫茶が社交場って感じるって、どんだけお子ちゃまの時だ?w)の様な秘密めいた少し大人びた雰囲気…みたいな感じでりようしていた記憶がありますが…富士宮カフェ 喫茶ヴィーナス ダヤンテールblog

席部分の建物の構造型が中心に設置されている(恐らく)ヴィーナスの石像を囲む様に半円柱のようになっているので、外周に弧を描くように透かしの衝立で間仕切られた席がレトロで優雅な感じです(#^^#)

今回は入り口から入ってすぐ左の、一段下がった窓際の席を利用させて頂きました♪

利用した席によって雰囲気変わりそうな感じです

前身が革製品取り扱い店だった影響かな?

席がどれも革張りで、傷みもなく重厚で立派なものです

テーブル天板が、昔喫茶店によくあった、ガラス天板で珈琲豆が敷き詰められているタイプのレトロな感じでした

 本日のチョイス

メニューにあった『宇宙セット』Σ(゚Д゚)とか、『カレー焼きそば』(;゚Д゚)!とか『パラダイス』\(`•ㅅ•´)ノとかも気にはなりますが…(※後日、主人が『パラダイス』オーダーしています)

富士宮カフェ 喫茶ヴィーナス ダヤンテールblog

海老ピラフ・サラダ・富士宮焼きそばがワンプレートに盛られたボリュームたっぷり『パラダイス』

気になった『ホットサンド』と『カフェロワイヤル』を頂きました

 ホットMIXホットサンド

¥743

玉子サンドかチーズ海苔も気になりましたが、一番人気と書いてあったのでMIXをオーダー富士宮カフェ 喫茶ヴィーナス ダヤンテールblog

切り口のビジュアルが何とも綺麗です(。•ㅅ•。)♡

ん?ホットサンドの横に、薪のような…( ゚Д゚)?

富士宮カフェ 喫茶ヴィーナス ダヤンテールblog

ホットサンドのミミも旨い!

おお(´▽`*) パンの耳だけ切り取ったホットサンドですね♪

たっぷりのバターが染み込んでいます(*´ω`)

パンの耳が香ばしくも柔らかく、バターの香りとしょっぱさが癖になりますね♪

肝心のホットサンドは、茹で卵・トマト・レタス・キュウリなど具沢山でオーロラソースでまとめられています(#^^#)

水分は勿論ありますが、食べ難いほどの水分では無く、12枚切りくらいの薄いパンが中心は数ミリくらいまでPressされているので、カリッとした部分と少しだけモチッとした部分があって絶妙ですね(´▽`*)♪

ペロリと食べてしまいました

 カフェロワイヤル

¥600

ホットサンドも勿論なのですが、こちらも相当気になってました

何が?って…ビジュアルがw

優雅で綺麗だと思いませんか?

ゴテゴテしたPOPな派手な綺麗さでは無く、凄く優雅で儚い感じです(*ノωノ)

現に、花弁は5分後には珈琲の海へ沈んで行きましたw

店員さんが、ゆ~っくりゆ~っくりコレを運んできて、ゆ~っくりそ~ぉっと…テーブルに置かれましたが、それもその筈!

これ、トレンチでよくここまで持って来れたな!(私には無理っ)って思いました

。゚( ゚இωஇ゚)゚。

店内が少し暗いので、写真が旨く撮れているかいないか確認する間もなく撮れるだけ取って、実食(∩´∀`)∩

おおぉぉぉ…( ゚Д゚)

なんていい香り何だろ…

あ…少し垂らされた『ブランディー』の薫りと珈琲の香りと生クリームのミルクの香りが合わさると…こうなるのかΣ(゚Д゚)

カフェロワイヤル』って検索すると、ブランディーを染み込ませた角砂糖に点火して珈琲に溶けた角砂糖を溶かしこんで頂く珈琲…てある(o^-^)φ

これはそういう意味では少し本来の『カフェロワイヤル』とは違うのかも知れないけれど、オーダーした時に『お酒が少し入りますが大丈夫ですか?』って聞かれたし、モノに依っては『カフェロワイヤルはカクテルの一種』としても扱われるみたいなので、これは!…大人の飲み物だぁ♪(∩´∀`)∩ワーイ←?

 フルーツフラッペ

880円

ヴィーナスでは夏季限定でカキ氷もメニューに登場しています♪富士宮カフェ 喫茶ヴィーナス ダヤンテールblog

一番押しは、富士宮産きらぴかと言う品種のいちごをたっぷり使ったシロップの『生イチゴミルク』らしいのですが、今回は目にも涼やかで『理想のタイプのビジュアルかき氷』を見つけたのでオーダー

シロップは『いちご』『メロン』『レモン』と好きなシロップを選べますが涼やかな『ブルーハワイ』をチョイス

トップのサクランボや目を惹くスイカの他に

バナナ・みかん・キウイ・ぶどう・ブルーベリーなどのカットフルーツが散りばめられてPOPな感じ♪

トッピングでアイスやミルクも追加できるそうなので、甘露シロップだけでは物足りない方はご検討を

 

食事メニュー・ドリンクメニュー・スイーツメニューどれも多彩で充実している喫茶ヴィーナス】

次は何を頼もうかと食後に再度メニューを観るのも楽しい喫茶店です♪

 

ヾ(=゚・゚=)ノニャン♪

 お店のデーター

【喫茶 ヴィーナス】
静岡県富士宮市ひばりが丘287
電話:0544-27-1144

営業時間)
【火~土】9:00~23:00(LO22:30)
【日】9:00~22:00(LO21:30)

定休日:月曜

駐車場:あり※店舗前・道を挟んで向かいの2か所

その他の情報
※2020年3月より全席禁煙となっています

※現在は新型コロナ対策の為、閉店22:00・テイクアウトにも対応となっています

詳しくは、公式HP【喫茶ヴィーナス】でチェック⇦

■楽天市場のおすすめ商品■



※広告スポンサーリンク※



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

HN/ダヤンテール。 おうし座、A型。 静岡県出身、富士宮市在住。 食品会社の営業退職後に大手グルメサイトにて食レポを始める。 よくあるグルメ本とは違う、実際に行って人と話し自分の言葉で伝えられる様に記事を書くのを信条としています。 富士山を中心とした東海甲信地区情報をメインに、自分が実際に行った観光地やその土地のグルメなど、心地よいレポとして書いていこうと思っていますので、参考にして頂けると嬉しいです。