【富士宮市 カフェ】『縁側茶房ゆのゆの』富士山の全景が観える里山民家縁側でランチ

富士宮市 カフェ 【縁側茶房ゆのゆの】ダヤンテールblog

 【縁側茶房ゆのゆの】

柚野地区の里山にある【縁側茶房ゆのゆの】は、2019年12月にオープンしました

オープン当初は、富士山が観えない日は休業!😓マジカ…

加えて農家であるオーナーさんの農作業の影響・屋外席(縁側)のみだった為お天気による影響などによる まちまちな営業日時で

お店の存在は知っていましたがタイミングが合わず行けない日々…😰💦

更に今年に入り長期間の緊急事態宣言措置が布かれると、【縁側茶房ゆのゆの】も多分に漏れず長期の臨時休業となってしまい…

ダヤン
もう、いつになったら行けるのか見当もつかない💦

そんな中、先日【柚野商店】のプレオープンに伺う際に柚野地区の近隣情報を集めていると…

富士宮市 スーパー【柚野商店】ダヤンテールblog

【富士宮市】『柚野商店』美しき邑唯一の商店が地域の願いでリニューアルOP

2022年6月9日

Googleマップ・Facebook等で【縁側茶房ゆのゆの】が『営業再開』の表示になっているのを発見!☺✨

調べると、今回から富士山観える観えないに関係無く一定の時間・一定の曜日で営業している模様

(やったー!😆笑)

しかも、お料理好きの(お姉さんスタッフOさん)が新しいスタッフさんとして加わり、ランチメニューも始まるとの情報がっ♪

今日は柚野の里山にある民家の縁側を使ったカフェ【縁側茶房ゆのゆの】をご紹介します🐈

 場所・アクセス

国道469号線の柚野・稲子地区との境にある峠は『桜峠』と言う名称で歴史があり、峠名の由来は諸説あるようだがヒルクライムに適した道としてwebで紹介されているつづら折りの道だ

【縁側茶房ゆのゆの】はGoogleマップで見ても、R469沿い柚野⇨稲子へ抜ける最後の民家?のようでこれ以降稲子川に出るまでは建物の表記が無い…そんな里山の場所になっている

アクセスとしては、先の【柚野商店】までは同じ道順

富士宮市 カフェ 【縁側茶房ゆのゆの】ダヤンテールblog

【柚野商店】がある県道75号線をそのまま北西へ直進して行くと、道幅注意の看板があるのでそれをもう少しだけ進むと

そこから先、1か所判り難い左折場所があったのでそこのポイントさえ間違わなければ、ちゃんと到着できる(多分)

ナビ設定をして行ったのにも関わらず(ナビ案内より少し手前で左折してしまい)間違ったポイントはここ⇩

富士宮市 カフェ 【縁側茶房ゆのゆの】ダヤンテールblog

カーブのさしかかりに、『国道469号』と『富士宮市立柚野小学校』の看板がある細い道との分岐があるのでそこを左折

こんな狭い道が本当に国道なのかっ!💦

富士宮市 カフェ 【縁側茶房ゆのゆの】ダヤンテールblog

本当に国道っ!?

という焦りと共に700mほど道なりに登って行くと左手のブロック塀の脇に小さなお店の看板を見つけられたら、そこがゴールです(ほっ..)

富士宮市 カフェ 【縁側茶房ゆのゆの】ダヤンテールblog

到着!

ここ以降民家が在る気配が無いので、見落とす事は無いと思います⇦

  駐車場

駐車場はその入り口の反対側

道路を挟んで右手にあり、ここにも看板が出ているので判り易いと思います

3台程停められますよ♪

富士宮市 カフェ 【縁側茶房ゆのゆの】ダヤンテールblog

3台程停められる駐車場があります

【縁側茶房ゆのゆの】バイシクルピット登録店(サイクリストの為の休憩所として静岡県内で登録されている店)なので、敷地内にはサイクルラックも設置されています

富士宮市 カフェ 【縁側茶房ゆのゆの】ダヤンテールblog

敷地内に設置されたサイクルラック

 外観・店内

住居兼店舗は一部改装してあるとはいえパッと見は民家そのもの

富士宮市 カフェ 【縁側茶房ゆのゆの】ダヤンテールblog

普通のおうち?…入って大丈夫だよね?って思っちゃう(笑)

最初はちょっと躊躇しますが、いきなり開けたこの景色に心を奪われ自然に歩みを奥へ進めてしまいます

富士宮市 カフェ 【縁側茶房ゆのゆの】ダヤンテールblog

フェンスの向こうは手入れされた森
更に向こうに芝川地区やタイミングが良ければ富士山の裾野までの全景が広がる(…はずだけど、この日は富士山観えなかった!)

実は営業再開以降ダヤンが伺ったのは2回

1回目は全く(笑)、2回目はかろうじて富士山の山頂が時折見え隠れする程度の景観でしたが

富士宮市 カフェ 【縁側茶房ゆのゆの】ダヤンテールblog

山頂しか見えなかったが、本来なら点線部の様に観えるはず💦

富士山が観えなくても【ゆのゆの】から観える景色は素晴らしく心が落ち着きます富士宮市 カフェ 【縁側茶房ゆのゆの】ダヤンテールblog

ただ、オーナーさんは【ゆのゆの】を開店した当初からこの素晴らしい景観を少しでも多くの人に共有して貰いたいという思いが強く、富士山が観えない日に営業する事を心苦しく思っていて、営業を再開する前は『富士山が観える週末だけ店を開ける』にしていらしたんですって

確かに、朝から晩まで富士山が観える場所に住んでいるダヤンでさえ、ここまでガッツリ富士山が観える場所にある飲食店は地元でも余り見かけません

富士山を見慣れている者でさえ【ゆのゆの】で富士山が観えれば『おぉぉぉぉ….❕😆』ってなりますし、観えなければ『おぉぉぉ…☹シュン』ってなってしまうのだから、オーナーさんの気持ちも判りますし、利用者の気持ちも判る

でも、富士山が観えなかった時のガッカリ感より お店がやっていなかった時のガッカリ感の方が何百倍も大きいですし

柚野地区を見下ろす景観

微かに聴こえる生活音

どこかから聴こえる草刈機の音

鳥のさえずりや虫の音

それらがBGMとなって現代社会ではではなかなか触れる事の無い里山っぽい居心地のいい空間に身を置ける【ゆのゆの】は、富士山が観えなくっても非日常的な素晴らしい環境にあると思います

また、農業を営んでいていらっしゃるオーナーさんやスタッフの女性のお人柄もユーモアがあり物腰が柔らかくフレンドリーで…かと言って田舎あるあるのパーソナルスペースにぐんぐん踏み込んで来るような事も無く、適度な自由感を与えてくださるのでゆったりと過ごす事ができます

富士宮市 カフェ 【縁側茶房ゆのゆの】ダヤンテールblog

オーナーさんは近くで作業されている事があり、営業時間などで不安がある時にはFBのDMでもお問い合せ可能でした

今回伺った6月には縁側の隅にある水瓶の水の中に紫陽花が浸してあり、とっても涼しげな演出をされていましたし

富士宮市 カフェ 【縁側茶房ゆのゆの】ダヤンテールblog

縁側の近くにある瓶の中に紫陽花の花が浮かべてありました。花手水のようなこの水瓶の中ではメダカを飼っているそうです

脇道を下ったお庭も散策可能で、ここにも紫陽花が綺麗に咲いていました

お手入れはされていますが広大な自然の中なのでこの時期『やぶ蚊』も発生します

散策予定がある場合は、虫よけスプレーなどで虫対策をして行って下さいね

 店内(?)

メインは縁側席になるので、これを店内と呼べるかどうか問題?が発生しますが

富士宮市 カフェ 【縁側茶房ゆのゆの】ダヤンテールblog

縁側席は2~3人用の日向席

希望があれば本当に『店内席』を利用する事もできるのだそうです

富士宮市 カフェ 【縁側茶房ゆのゆの】ダヤンテールblog

『こんな席もありますよ』と見せて下さいました(屋内)

掘りごたつも2回目の訪問の際には『夏仕様』に替わっていました(笑)富士宮市 カフェ 【縁側茶房ゆのゆの】ダヤンテールblog

以前は縁側にタープが在った様なのですが、強風の際に壊れてしまっていて縁側席は現在日向になっています

これからの季節、帽子やうちわを持参して行くと良いと思います

涼しい風が吹き込むような日にはこんな場所で寝っ転がりたくなっちゃいます(笑)

 メニュー

スタッフOさんがお料理が得意な方なので、これからのメニュー楽しみにしていてくださいとの頼もしいコメントを頂き、1回目はケーキと珈琲を

2回目は軽食とデザートを頂きに伺っています

ランチメニューにはオーナーさんが栽培している『お米』が使われていますよ✨

 ランチ (11:00~14:00)

富士宮市 カフェ 【縁側茶房ゆのゆの】ダヤンテールblog

フードメニュー(ランチは11:00~14:00)

2回目の時にランチメニューを頂いています

デザートも食べたかったのでお腹に余裕ができる様に、おむすびのサイズがひと回り小さな『百姓の嫁むすび』にしましたがお米が美味し過ぎたので、きっと百姓むすびの方でもぺろりと食べられたと思います(笑)

 農家の嫁むすび

盆の上に、おむすび2つ・小鉢が3品と香の物

今日は時間があって暇?で、丁度赤味噌をみつけたのでお味噌汁つけてみました~♪と、ジャガイモと玉ねぎの赤出汁味噌汁も付けて下さいました

スタッフOさんのユル具合がとっても面白いのです(笑)

富士宮市 カフェ 【縁側茶房ゆのゆの】ダヤンテールblog

農家の嫁むすび(お味噌汁は本来はつかないのだそうです)

小鉢は、ナスの味噌炒め・カレー風味の切干

花びらの御浸しの様に見えるのは、紫キャベツと人参のクミンシード甘酢漬け

富士宮市 カフェ 【縁側茶房ゆのゆの】ダヤンテールblog

工夫を凝らした小鉢

自分では作った事がない風味の小鉢で、暑い日でも箸が進むような爽やかな箸休めで美味しかったです

家に帰っての献立の勉強になる様なお店は良いですね♪好きです

もう少し『田舎料理』に偏ったメニューなのかな?と思っていましたが意外性がありお洒落でした

小鉢も美味しかったのですが、オーナーの自家製米のおむすびがまた最高ー!

粘りも甘みもある丁度いい炊き加減の白米を、ほろほろと崩れるくらいのソフトな結び方で50~60gくらいのご飯をおむすびにしています

口の中にお米の旨みが噛むほどに広がって行きます

富士宮市 カフェ 【縁側茶房ゆのゆの】ダヤンテールblog

おむすび、最高に旨い!

片方は塩むすび、もう片方はおかかの佃煮でした

このおかかの佃煮はお出汁をとったあとの削り節で作った佃煮なのだそうです

白飯フェチのダヤンとしては、このおむすび たまらない旨さでした!

嫁むすびは、2個で女性のお茶碗1杯分くらいのご飯

これは普通のversionでもイケた…

てか寧ろ3個でもイケたと思う(笑)

新着情報
このblogを執筆中にランチメニュー内容に変更情報がありました。

『百姓の~』と『百姓の嫁~』は6月25日から、おむすびの大きさは同じ(1個80g)で 個数を『百姓の~』は3個・『百姓の嫁の~』は2個となるそうです。

ボリュームアップですね♪

やっぱり米農家さんちのご飯は旨いよね♪

富士宮市 カフェ 【縁側茶房ゆのゆの】ダヤンテールblog

嫁むすびのおむすびは、1つ50~60gくらい

また、ランチメニューは通常は『おむすびランチ』ですが、予約で月替わりお任せランチプレート(1300円)をお願いする事ができるそうです

3日前AMまでの事前予約が必要(FacebookメッセンジャーもしくはインスタDMでも良いそうです)なのでご注意ください

小さなお店なので利用者への了承ごとも少しあります

詳しくは【ゆのゆの】へお問い合せ下さい

 ドリンク

富士宮市 カフェ 【縁側茶房ゆのゆの】ダヤンテールblog

ドリンクメニュー(地元産アルコール類もあるのでドライバー以外の方は是非)

ドリンクは1回目に伺った時にHOTコーヒーを頂いています

薫りが良くって、blackでいけちゃう本格派コーヒーでした

富士宮市 カフェ 【縁側茶房ゆのゆの】ダヤンテールblog

洒落たカップ

有機肥料・農薬不使用でお替り可能な静岡緑茶も気になりますが、地元のクラフトビール『フジヤマハンターズビール』日本酒の蔵元『富士錦』の日本酒等、柚野地区で製造されたアルコール類の取り扱いもあり、ドライバーでない限りは飲んでみたいですよね♪

富士山の湧き水が豊富な富士宮市の中でも特に水が綺麗な柚野地区

お水は生命の源ですからね

お米もお酒も美味しい訳です

 デザート

1回目は以前からの人気メニュー『ホワイトチョコチーズテリーヌ』

富士宮市 カフェ 【縁側茶房ゆのゆの】ダヤンテールblog

以前からある人気メニューのホワイトチョコチーズテリーヌ

ヒンヤリしていて固めで濃厚です

ホットととてもよく合いました

そして2回目は6月の限定スイーツ『あじさいのゼリー』を頂いています

富士宮市 カフェ 【縁側茶房ゆのゆの】ダヤンテールblog

見た目も涼しい『あじさいゼリー』は6月のスイーツ

6月の…って事は月替わりデザートを考案して行くって事かしら?

あじさいの花に見立てたグラデーションカラーのゼリーをトッピングした、下が抹茶・上部は牛乳を使ったミルクゼリーでした

それから

ボードメニューには掲載されていませんでしたが緑茶のゼリーが未完成で完成❔(笑)したそうなのでこちらも是非頂いてみたいですね~♪

スタッフOさんにお尋ねくださいとの事で

緑茶は望月ファームさんの、農薬不使用・有機栽培緑茶。黒蜜は沖縄の黒糖に沖縄の塩を少し混ぜて作っているのだそうです
 
これ、ちょっと洒落たネーミングをつけたら物凄い人気商品になりそうな気がダヤンしています
(いや、あまり人気が出過ぎても困るのだが…ゴニョゴニョ)
 

富士山が観えている時にできれば行きたい【ゆのゆの】ですが、(おそらく)富士山が観えていない時の方が空いてます

多くの方がweb上に残る情報で営業されていないと思っているでしょうから

穴場である内に、ダヤンも気になる『緑茶のゼリー』をとりあえずは頂きに行きたいと思っています 

  ヾ(=゚・゚=)ノニャン♪  

 お店のデーター

【縁側茶房ゆのゆの】

静岡県富士宮市上柚野133-1

 電話:0544-66-0300(代)

営業時間)10:00~16:00

※ランチは11:00~

定休日)月曜~金曜(※土日のみの営業

※天候により変更あり

駐車場)あり(※無料・店の入り口付近に3台)

※バイシクルピットあり

詳しくはHP facebook【縁側茶房ゆのゆの】にてチェック⇦

■楽天市場のおすすめ商品■



※広告スポンサーリンク※

Google検索エンジン

※広告スポンサーリンク※



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

HN/ダヤンテール。 おうし座、A型。 静岡県出身、富士宮市在住。 食品会社の営業退職後に大手グルメサイトにて食レポを始める。 よくあるグルメ本とは違う、実際に行って人と話し自分の言葉で伝えられる様に記事を書くのを信条としています。 富士山を中心とした東海甲信地区情報をメインに、自分が実際に行った観光地やその土地のグルメなど、心地よいレポとして書いていこうと思っていますので、参考にして頂けると嬉しいです。