【富士市 グルメ】『ラーメン井出』塩・醤油の冷たいラーメンと黒炒飯がある きれいな人気店

【富士市 ラーメン】ラーメン井出

 【ラーメン 井出】

今年も暑い日が続きますね💦

ダヤン家では冷やし中華に蕎麦、そうめん、ひやむぎ、ざるうどん…と冷たい麺のメニューが連日続いています

そろそろそのメニューにも飽きて来て

ダヤン
近隣でどこかに『冷たいラーメン』でも扱っているお店は無いかしら…

と検索した所、良さげなお店に当たりましたので行って来ましたよ♪

しかも!

そのお店では、余り他の個人店舗では見かけない 私の大好きな『黒炒飯』もあるとの情報で、一1回ではレポートしきれずに何回か短期間で訪問してしまいました(笑)

はい!
当初の目的からブレブレですね(笑)

今日は富士市にある【ラーメン井出】  の記事です♪
(*’▽’)

 まず冷たいラーメン

冷たいラーメン『塩』『醤油』

冷たい麺に関しては『肉味噌冷やし』『冷やし中華』があります

【富士市 ラーメン】ラーメン井出

冷たいラーメン系は壁に貼りだしてありました

 

 冷たい塩ラーメン

スープのベースは鶏ガラスープ

【富士市 ラーメン】ラーメン井出

冷たい塩ラーメン700円

少しだけ煮干しかかつおの魚介出汁も感じられます

麺は細縮れ麺

スープが良く絡み、シコシコとした歯応えが美味しい!

スープの一口目が『うまいっ!』系なので、食べ進むと非常に濃い感じがします

次回オーダーする時は、薄味にして貰えないか聴いてみたいと思ったのですが…

ネットの評判だと『薄味』という意見は拝見しましたが、『濃い』と仰っている方が余りいらっしゃいませんので、『濃い』と感じたのは私だけかしら?

最期にゴクゴクと飲める位のスープが良いな~ってのが理想だから…かも知れませんね

たっぷりのすりおろし生姜を溶かしこみながら頂くと、さっぱり感が増して『THE・夏ラーメン』と言う感じです♪

トッピングは、普通のラーメンと同じもの…

ですが普通の『塩ラーメン』には煮卵は付きませんが、『冷たい塩ラーメン』には煮卵が標準で載っています♪

煮卵、歯応えが良いたっぷり載ったメンマが美味しいです【富士市 ラーメン】ラーメン井出

チャーシューは厚みがあり脂も程好く乗った炙りチャーシューでとても評判が良いのですが、『冷たいラーメンのトッピング』だと折角のチャーシューが少し肉質が硬く感じてしまい残念でした【富士市 ラーメン】ラーメン井出

冷たいラーメンのチャーシューは、うす切りで良いかな~

 

 肉味噌冷やし

いわゆる『ジャジャ麺』ですね

【富士市 ラーメン】ラーメン井出

肉味噌冷やしラーメン850円

麺がキュッ!と締まっています

キュウリの千切りと白髪ねぎがた~っぷりと乗っています♪

挽肉・タケノコ・きくらげの肉味噌餡が結構ピリ辛っ【富士市 ラーメン】ラーメン井出それが一段と食欲を掻き立てますね♪

 

 個人店では珍しい『黒炒飯』

黒炒飯は見た目 本当に真っ黒で体に悪そうな感じ(笑)な印象ですが、食べてみるとそこまで濃い感じはしません

【富士市 ラーメン】ラーメン井出

見た目真っ黒な『黒炒飯』

『黒色』の正体は『中国たまり醤油』

 黒炒飯の材料ー中国たまり醤油

色の濃さから塩辛そうに見えるたまり醤油ですが、塩分的には関東地方の家庭で一般的に使われている『濃口醤油』と同じ塩分濃度

しかもうま味成分は『濃口』の2倍という調味料です

中国たまり醤油代替品として手に入り易い調味料で作るとしたら『醤油・砂糖・オイスターソース』でも近い味になるらしいので、日本の醤油に甘みと旨さを足したものだと云う感じですかね?

私、某チェーン店でこの『黒炒飯』を食べてみてからこれに嵌って、時々無性に食べたくなることがあります

前置きが長くなりましたが、【ラーメン井出】の黒炒飯です

 黒炒飯

食感は、もち>パラ な感じ

【富士市 ラーメン】ラーメン井出

黒炒飯!700円

チャーコマが入っています

たまり醤油の香りがとってもいいですが、にんにくの風味がかなりある感じです

にんにくバター なるものを使っていらっしゃる様なので、それがコクを作り出しているのでしょうか?

しかし、バターの乳臭さはありません

一緒に付いて来る澄んだスープが、色々な料理のベースになっている鶏ガラスープでしょうか?

【富士市 ラーメン】ラーメン井出

炒飯に付いて来るこのスープが旨い!

あっさりしているのに旨みが多くてとっても美味しいスープです♡

黒炒飯と相性抜群に良いです!

 

 因みに普通の炒飯も旨かった

因みに…ですが、普通の炒飯(650円)も非常に美味しかったので報告しておきます

【富士市 ラーメン】ラーメン井出

普通の炒飯も旨い♪パラよりモチが勝ってる

昔ながらの炒飯ですが、うま味が多いですねぇ

生姜の風味が効いています

最近食べた事のある炒飯の中で、上位に来る旨さです!

普通の炒飯も、黒炒飯と同様『もち>パラ』な感じです【富士市 ラーメン】ラーメン井出

 

ミニの量は普通盛りの3分の2程度なんだそうで…『ミニ』…じゃあ無いですね(笑)

大盛(大)が450g・普通盛り(中)が330g・小が210gになるそうです

 実はチャーシュー麺が人気

とココまで書いていてなんですが、実は【ラーメン井出】の人気メニューはチャーシュー麺なんだそうです(え

という事で、日を替えて『チャーシュー麺(※白髪ねぎトッピング)』も頂いております
(=゚ω゚)ノ

【富士市 ラーメン】ラーメン井出

人気の高いチャーシュー麺(白髪ねぎトッピング)900円+200円

チャーシュー麺の麺も細縮れ麺でした

【富士市 ラーメン】ラーメン井出

細縮れ麺

縮れ麺はスープがとても良く絡みますが、延びやすいのが欠点ですね

まあ…延びる前に食べ切っちゃう旨さだからいいんですが(笑)

チャーシューは厚みが8mmくらいで焼き目が少し付く位炙られています

【富士市 ラーメン】ラーメン井出

大振りで柔らかく、食べ応えのあるチャーシュー

この温かい状態で頂くと、このチャーシュー かなり美味しいのが判ります♪

食べ応え十分のチャーシュー麺は、男性に特に人気というのも頷けます【富士市 ラーメン】ラーメン井出

 

 大粒でジューシーな餃子

餃子は大粒で柔らかめです

【富士市 ラーメン】ラーメン井出

大粒で野菜たっぷり♪
下味がついた餃子

底はパリっと焼き上げた、中の餡もたっぷりのジューシーな餃子ですが、結構元々の『下味』がついています

私は『餃子のタレ』無しで充分頂けました

野菜がザクザクとしていて、好きなタイプです

【富士市 ラーメン】ラーメン井出

ジューシー♪

 

 その他メニュー

メニューで特に気になったのが『具無しラーメン』の存在!

【富士市 ラーメン】ラーメン井出

『具無しラーメン』が気になる

具無し味噌ラーメン(500円)と、具無し白湯ラーメン(500円)

麺とスープの旨さで勝負っ!ってとこなのかな?

とっても気になります

 

『味噌』は辛さがトッピングで選べる様です

文面を観ると…大辛はかなり辛そうです
(;・∀・)

【富士市 ラーメン】ラーメン井出

ラーメンメニュー

【富士市 ラーメン】ラーメン井出

飯類メニュー

【富士市 ラーメン】ラーメン井出

 外観と店内

 外観

2016年にリニューアルオープンしたお店はシンプルナチュラル【富士市 ラーメン】ラーメン井出

一般住宅に併設されたアットホームな雰囲気です

 

 店内

カウンター席と、2~4人用のテーブル席があります【富士市 ラーメン】ラーメン井出

カウンター席はオープンキッチンをL字に囲んで8席ほど

【富士市 ラーメン】ラーメン井出

オープンキッチンなので厨房の様子が良く見えます

テーブルが4脚ほどの小さなお店です

女性が注文利きをしていて、女性の一人客でも利用し易い雰囲気です

店内も綺麗ですね

 

 駐車場

店舗前に9台ほど停められる駐車場は、広くて停めやすいです【富士市 ラーメン】ラーメン井出

交差点付近に店舗はありますが、そう交通量は多く無い通りですので車の出し入れは容易です

地域の人気店で、ピーク時にはしばしば駐車場が満車になりますが、フェンスで仕切られた隣のスペースに停めてはダメです

 

 メモ

File142■ラーメン井出■@富士市

★黒炒飯・冷たいラーメンがメニューにある
★炒飯は大盛・小盛もできる
★チャーシューは厚めの炙り豚バラ
★女性でも一人で利用できる雰囲気

【富士市 ラーメン】ラーメン井出

ヾ(=゚・゚=)ノニャン♪

 お店のデーター

【ラーメン井出】
静岡県富士市本市場443
電話:0545-88-7403【富士市 ラーメン】ラーメン井出

営業時間)
11:00~14:30|LO14:00
17:00~21:30|LO21:15
※スープがなくなり次第終了

定休日)水曜日

駐車場)あり※店の前に9台

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

HN/ダヤンテール。 おうし座、A型。 静岡県出身、富士宮市在住。 食品会社の営業退職後に大手グルメサイトにて食レポを始める。 よくあるグルメ本とは違う、実際に行って人と話し自分の言葉で伝えられる様に記事を書くのを信条としています。 富士山を中心とした東海甲信地区情報をメインに、自分が実際に行った観光地やその土地のグルメなど、心地よいレポとして書いていこうと思っていますので、参考にして頂けると嬉しいです。