【富士市 カフェ】製茶場の日本茶カフェ 茶畑と富士山の景観『佐野製茶所』

【富士市カフェ】岩本山 日本茶 佐野製茶所

 【SANO SEICHAJYO(佐野製茶所)】

静岡県は言わずと知れたお茶の名産地

県西部の「牧之原」や「掛川」がとくに有名ではあるが、東部の富士市も なかなか『やる』のである

今日はどこ行く?何食べる?
こんにちは(*’ω’*) 
ドコべるblogの管理人 ダヤンテールです

新茶の季節である一番茶が楽しめるうちに、何処かお茶屋さんに行こうと思っていた矢先

ダヤンの地元『富士・富士宮地区』にも素敵な『お茶屋さん』があると知って、早速行って来ましたよ♪【富士市カフェ】岩本山 日本茶 佐野製茶所

ダヤン
地元にこんな素敵な場所があるなんて! ここは、月いちで是非足を運びたい♡

そんな風に思える本当に素敵な場所でした

 

 富士市岩本山の老舗製茶工場のサロン

市民の憩いの場である、富士市街が見渡せる高台の『岩本山』

以前紹介した【ババルーイ】や【KAGUYA CAFE】があり、岩本山公園も近くにある見晴らしのいい場所です

一面にお茶畑が広がり、天気のいい日には至る場所で『富士山と茶畑のコラボ写真』を収める事ができる素敵な場所

今回ご紹介する【SANO SEICHAJYO】もその幹線沿いにあります

 

 入り口

富士宮市街から来て、『ミニストップ』が見えたらそこから100mの左手

入り口は狭く、建物は奥まった場所にあるので少し判りにくいかと思います

【富士市カフェ】岩本山 日本茶 佐野製茶所

ミニストップから100m程
幟と看板が目印

10mほど敷地内に進むと製茶工場の建物があり、その前が駐車場になっています

【富士市カフェ】岩本山 日本茶 佐野製茶所

奥に進むと

【富士市カフェ】岩本山 日本茶 佐野製茶所

工場の前が駐車場

お茶屋(カフェ)の入り口は、突き当りです

小さな琵琶がこぼれんばかりに成っていました

【富士市カフェ】岩本山 日本茶 佐野製茶所

【富士市カフェ】岩本山 日本茶 佐野製茶所入り口

 

 店内

ガラスの扉を開けると…

そこは大きな窓越しに茶畑が広がる風景ー!

【富士市カフェ】岩本山 日本茶 佐野製茶所

先客さんが居ました

素晴らしい解放感があります

訪問した時期は、6月初旬

既に一番茶の刈り入れが終わり、手前は深刈りされた後でしたので新緑の茶畑…では無く少々残念ではありましたが、少し離れた畑ではまだお茶の緑の畝(うね)が連なり静かな里山の風景を楽しむ事ができました

店内の席は、カウンター席

【富士市カフェ】岩本山 日本茶 佐野製茶所

カウンター席

と外に向いたソファー席、テーブル席

屋外のウッドデッキテラス席は2テーブルありました

【富士市カフェ】岩本山 日本茶 佐野製茶所

ウッドデッキのテラス席
日よけもあるが、真夏は暑そう

【富士市カフェ】岩本山 日本茶 佐野製茶所

テラス席

今回は初夏の風が気持ちいいテラス席でまったり過ごさせて頂きました

 

 5町歩(ゴチョウブ)の茶畑

佐野製茶さんの茶畑は5町歩

『町歩』は田畑の面積を表す単位で、1町歩=3000歩=9917㎡=15,125坪

東京ドームと同じくらいの面積の茶畑が広がっています

茶畑の少し高くなった北東の方角には、鉄塔がありその向こうに薄っすらと『富士山』が見えます

【富士市カフェ】岩本山 日本茶 佐野製茶所

この日は鉄塔に重なる様に薄っすらと富士山

3代続く茶農家の【佐野製茶所】の一角にある『ちょっとだけお茶していきませんか?』の思いからできたサロン

毎月変わる日本各地の小さな銘菓とともにおいしいお茶をいただいて…私は気が付いたら1時間もそこにいました

本当に時間の流れが全然違う感じです

 

 少しお茶の話

私はお茶に関しては殆ど知りませんので、あまり間違った情報を書き連ねるわけにはいかないのですが

調べてみると『お茶』は年4回の刈入れ時期があるようで、今頃のお茶が『一番茶』と言われる新茶の時期で、『若葉のさわやかですがすがしい香り』、また二番茶・三番茶に比べて渋みのある『カテキン』や『カフェイン』が少なく、うま味・甘味の成分であるアミノ酸が多い傾向にあるそうです

 

 迷うお茶メニュー

メニューを見せていただくと…困りました(笑)

【富士市カフェ】岩本山 日本茶 佐野製茶所

500円メニュー

茶曹達(ちゃそーだ)や、アイスホウジ木苺ミルク等の変わり種もきっとおいしいだろうし、気にはなるが…とりあえず初訪では『亜種』なので、パス【富士市カフェ】岩本山 日本茶 佐野製茶所

しかしネットで

『アルコールランプで玄米とうるち米を炙って、茶葉を合わせ入れて煎れる「抹茶玄米茶」』【富士市カフェ】岩本山 日本茶 佐野製茶所

も見かけて存在も知っていたし、お店の方も案内してくださった『新茶』の時期の「上煎茶」も捨てがたい…

 

2017年の日本茶アワードで全国から出品された405点のお茶の中から、18点が選ばれたプラチナ賞を受賞したお茶『寒冷紗(かんれいしゃ)』

1年かけて枝を伸ばし背丈の高さの茶葉を手摘みしていて、新茶の中でもさらに甘みのあるプレミアムなお茶【富士市カフェ】岩本山 日本茶 佐野製茶所

しかもこの6月から限定で、冷製の寒冷紗『雫茶(しずくちゃ)』がいただけるなら…今しかないでしょ!(古)

氷出しの低温抽出なのでお時間が少しかかります』

ということでしたが、この風景さえあれば全く問題ありません
(*’▽’)

茶畑の上を時々ひらひらと舞ってくる蝶々や、出そうで出ない『雲』に隠れている富士山を見ながら待つことオーダーから12分

所作や言葉遣いも静かに、お茶を持ってきてくださいましたよ♪

 

 雫茶と6月の銘菓

なんか、歌のタイトルみたい(笑)ですが今回のオーダー品です

通常の品は銘菓がついて500円

限定メニューは同じくで600円

どちらもかなりお値打ちだと思います

限定メニュー『雫茶』の説明書き【富士市カフェ】岩本山 日本茶 佐野製茶所

盆の上に、小さなグラス【富士市カフェ】岩本山 日本茶 佐野製茶所

白い滴型の器【富士市カフェ】岩本山 日本茶 佐野製茶所

急須【富士市カフェ】岩本山 日本茶 佐野製茶所

銘菓

それと、ポットには冷水が入っています

【富士市カフェ】岩本山 日本茶 佐野製茶所

限定メニュー『雫茶』

『最初の1杯目はこちらで抽出させて頂きました。

この白い容器に3分の2程注いで、それを急須に入れ1分程置いてからお飲みください』

ということで、急須の蓋を開けて覗くと…

目が覚める様な綺麗な緑色の茶葉【富士市カフェ】岩本山 日本茶 佐野製茶所

なんて綺麗なんでしょう!

少し入った氷も愛おしいほどに綺麗♡

ポットに入った冷水は、キンキンに冷えている訳では無く

人間の体温より少し低い程度の温度に感じます

注がれていた最初の『雫茶』を頂きます…

 

 雫茶のお味は…

『雫茶』は、どんな味がしたと思いますか?【富士市カフェ】岩本山 日本茶 佐野製茶所

甘い?

苦い?

渋い?

 

私、お茶を飲んでこの味覚を感じると思いませんでしたが、なんと

『ほのかな だし汁の味』がしたんです!

渋みは殆どありませんでした

これは驚きました

お茶を口に含むと、下の両裏側から唾液が湧いて来る感じというんでしょうか?

お店の方に訊くと、それは茶葉の『アミノ酸(うま味成分)』なんですって!!!

何杯も呑んでるうちにその『お出汁』感は薄くなって来るんですが…

ビックリしました

そして、美味しかったです!
(*’▽’)

 

 今月の銘菓

今月は熊本県氷川町 白玉屋 新三郎の『香り白玉』【富士市カフェ】岩本山 日本茶 佐野製茶所

ニッキの葉って初めて見ましたが、可愛らしい葉っぱですね♪

【富士市カフェ】岩本山 日本茶 佐野製茶所

今月の銘菓

口元に近づけるとほのかに清涼感のあるあの『ニッキ』の薫りが漂ってきます

小さな白玉ですが、お茶ととてもよく合いました

 

これ、毎月変わるのなら毎月来ないとだ(笑)

 

ポットのお水を入れても500ml程度のお茶を1時間かけてじっくり飲む…

こんな体験は日常生活で、中々できるものではありませんね

 

 メモ

File115■SANO SEICHAJYO■@富士市

★富士市岩本山にある製茶所の一角
★店内・テラス席から茶畑と富士山が見える
★体験型(淹れ方を教えて貰う)のお茶も在り
★温・冷ともに500円から

【富士市カフェ】岩本山 日本茶 佐野製茶所

ヾ(=゚・゚=)ノニャン♪

 

 お店のデーター

SANO SEICHAJYO 佐野製茶場サロン
静岡県富士市岩本816-3

【富士市カフェ】岩本山 日本茶 佐野製茶所

【富士市カフェ】岩本山 日本茶 佐野製茶所

電話:0545-64-2288

営業時間)
9:00~17:00
※日祝|10:00~17:00

駐車場)あり※5台程

※茶葉やお茶用品の販売もあり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

HN/ダヤンテール。 おうし座、A型。 静岡県出身、富士宮市在住。 食品会社の営業退職後に大手グルメサイトにて食レポを始める。 よくあるグルメ本とは違う、実際に行って人と話し自分の言葉で伝えられる様に記事を書くのを信条としています。 富士山を中心とした東海甲信地区情報をメインに、自分が実際に行った観光地やその土地のグルメなど、心地よいレポとして書いていこうと思っていますので、参考にして頂けると嬉しいです。