【富士宮 カフェ】『繭玉茶寮』森の中の古民家茶寮 2020年かき氷と懐石風ランチ

 【繭玉茶寮(マユダマサリョウ)】

昨年の記事でご紹介した、夏場だけ出現する富士宮市北部の森の中ポツンと一軒家カフェ繭玉茶寮富士宮市 古民家カフェ 繭玉茶寮 ダヤンテールblog

今回の新型コロナ感染拡大を受け、どのような営業形態になっているのか気になって突撃してきました

٩( ”ω” )و

【富士宮 カフェ グルメ】『繭玉茶寮』かき氷・創作和食

【富士宮 スイーツ グルメ】『繭玉茶寮(マユダマサリョウ)』大人の隠れ家的な期間限定秘境カフェ

2019年7月6日

去年まではこんな感じ⇧でしたが、今年は

新型コロナ対策
※利用者の居住地域制限と名簿への記入

※ソーシャルディスタンスをとった半屋外のテラス席と下屋席

※テイクアウト可能・イートインも使い捨て容器

※利用食器類は利用者が所定の場所へ片す事

このように変更になっていました

予約をしなくても利用が可能な事、お洒落なランチ、豪華なかき氷メニューは変わらずでしたよ♪

繭玉茶寮】は夏季限定イベントカフェ

期間は今年、7月15(水)~9月5日(土)の水曜~土曜日

営業時間は11:30~15:00(LO14:30)となっていますのでご注意を!

早速、2020年今年の繭玉茶寮ご紹介いたします🐈

 場所・駐車場を軽く説明

場所についての詳細は昨年の記事の『行き方』の項目を参照にして下さい

人家はおろか建物も殆どない林道(一応舗装はしてある💦)を1.7Kmほど行った場所にポツンと立っています

富士宮市 古民家カフェ 繭玉茶寮 ダヤンテールblog

狭い林道を1.7Kmほど車で走ります
例年10月以降は真冬を除き予約制懐石料理の店になります

側道からの入り口こそ

(´-`;).。oO(え…ここ入るの?まじ?)

って感じの道ですが、要所要所に看板が立っていますので…気持ちが折れずに辿り着けると思います✨

駐車場は、トレードマークの『長屋門』(※納屋などが一緒になった重厚な古民家の門)付近にありますが、害獣除けの高圧電流鉄線が張られていますので気を付けてください

富士宮市 古民家カフェ 繭玉茶寮 ダヤンテールblog

長屋門手前に駐車場があります

 外観と席

昨年の記事では出し惜しみ(?)して一番最後に持ってきた外観

今年は惜しげも無く冒頭に持って来ます(笑)

富士宮市 古民家カフェ 繭玉茶寮 ダヤンテールblog

左側が母屋
突き当りが屋下席

(=゚ω゚)ノ

元々養蚕場として使われていた古民家をリノベーションした雰囲気ある景観

富士宮市 古民家カフェ 繭玉茶寮 ダヤンテールblog

元養蚕場の古民家をリノベーション

昨年まではテラス席を実際に使っている方はお見かけしませんでしたが、今年は『このテラス席』がメインイートイン席になっています

富士宮市 古民家カフェ 繭玉茶寮 ダヤンテールblog

イートン席は今年はテラス席のみ
荒天時は利用が難しい

(※離れの屋下席もあり)

富士宮市 古民家カフェ 繭玉茶寮 ダヤンテールblog

離れの屋下席

多少の雨風なら全然問題ない(伺った当日も小雨模様でした)のですが、風雨が強い場合は利用が難しいかも知れません💦

富士宮市 古民家カフェ 繭玉茶寮 ダヤンテールblog

ほぼほぼ屋外です

 虫よけスプレー推奨

夏…山の中の建物の屋外テラス席…

”`ィ (゚д゚)/

『蚊』の心配がありますよね

主人は『O型』なので直ぐに蚊にやられます💦

テラス席や玄関口では複数の蚊取り線香を炊いては下さっていますが…気になる方は、防虫スプレーをして行く事をお勧めします

富士宮市 古民家カフェ 繭玉茶寮 ダヤンテールblog

防虫スプレー使用推奨

 利用方法とメニュー

繭玉茶寮事前支払い制度になっています

まずは利用者情報カードに、住所・氏名・連絡先などを記入

入り口カウンターでオーダーと支払いを済ませるので、食べたいものを予め決めておきましょう

(=゚ω゚)ノ

富士宮市 古民家カフェ 繭玉茶寮 ダヤンテールblog

入り口の土間部分にレジカウンターがあるので、利用者名簿への記載・オーダー・支払いを済ませて屋内へ進みます(※履物は脱ぐ)

メニューは長屋門や入り口付近に写真とお料理の説明付きで張り出してあります

全体的なメニュー構成は変わっていませんが、イートインも『使い捨て容器』になった事で更にボリュームが少なくなった様に感じます💦

男性の方、量を多く食べたい方には全然足りないと思いますが、甘味も楽しみたい方や少食の方・高齢の方には適量だと思います

使い捨て容器になったとは言え、盛り付けのセンスは流石です!

退席時には配膳された容器を、所定の分別ダストボックスへセルフで片します

 お食事メニュー

・いなり折詰(1,500円込)

・サラダローストビーフ折詰(1,500円込)

 かき氷メニュー

・甘露 梅紫蘇(梅ゼリー入り)(800円込)

・抹茶あずき練乳(800円込)

・珈琲練乳(800円)

・いちご練乳(900円)

・桃(1,000円込)

 甘味メニュー

・あんみつ(800円込)

・クリームあんみつ(900円込)

土足厳禁なので履物を脱いで、用意されたスリッパに履き替えてテラス席へ向かいます

富士宮市 古民家カフェ 繭玉茶寮 ダヤンテールblog

履物を脱いで奥の掃き出し窓からテラス席へ向かいます

 オーダー

今回は『稲荷折詰』『桃のかき氷』を頂きました♪

去年食べ損ねた(※まだコンポートが完成していなかった💦)かき氷をやっと今年食べる事ができた訳ですが、個人的には昨年食べた『甘露梅紫蘇』が梅ゼリーも入っていて、紫蘇と梅の濃厚なエキスソースが2種類で満足度が高かったです

富士宮市 古民家カフェ 繭玉茶寮 ダヤンテールblog

今年は去年食べられなかった『桃』をオーダー
個人的には人気の桃より、梅紫蘇を推したい(笑)

もう一度食べる機会があったら、次はまた『紫蘇』かな~♪

 稲荷折詰

盛り付けが良いですよね~♪

富士宮市 古民家カフェ 繭玉茶寮 ダヤンテールblog

稲荷の折詰め1500円

どれから頂こうかなという楽しみがありますし、味もとっても上品です

ご飯ものは『赤飯』『山菜おこわ』『海老とアボカドの変わり稲荷』『大葉としば漬けの変わり稲荷』『鰻と錦糸卵の変わり稲荷』

富士宮市 古民家カフェ 繭玉茶寮 ダヤンテールblog

1つ1つ丁寧に作られています

おばんざいには『しんじょ』や『赤魚の西京焼きと夏野菜の素焼き』『酢の物』『田楽』などが色鮮やかに、丁寧に盛り付けられています富士宮市 古民家カフェ 繭玉茶寮 ダヤンテールblog

味付けも全体的に控えめで良いです♪

モミジの葉や笹の葉などをあしらって、簡易容器とは思えない豪華さがあります

 桃のかき氷

減農薬栽培の新鮮な桃のコンポートと富士宮市 古民家カフェ 繭玉茶寮 ダヤンテールblog『皮ごと擂り潰した丸ごと桃のソース』と『完熟桃の実のみたっぷり使った濃厚な桃』の2種類のソースがついています

富士宮市 古民家カフェ 繭玉茶寮 ダヤンテールblog

2種類の桃ソース付き

桃の産地山梨では桃を皮ごと食べる事は珍しくはないそうなのですが、実は桃は皮ごと頂いた方が甘みが増し栄養も充分に取る事ができるのだそうです!

桃で一番甘い場所は皮のすぐ下👀!

そういわれても…ねぇ(笑)

でもこのソースタイプなら何の抵抗も無く頂けますよね♪

まあ…ソース使わなくって良いほど全体に甘みは行き渡っていましたが富士宮市 古民家カフェ 繭玉茶寮 ダヤンテールblog

(*´Д`)

 

繭玉茶寮はガッツリ食べる場所では無く、お庭の景観や蝉の声

嫋やかな夏の風に吹かれながらのんびりと、転地効果を大好きな人と楽しむ場所だと思います

静岡県内近隣県にお住まいの方、ちょっとだけ足を延ばして行かれてみては如何でしょうか

ヾ(=゚・゚=)ノニャン♪

 お店のデーター

【繭玉茶寮】
静岡県富士宮市粟倉435
電話:0544-23-5981富士宮市 古民家カフェ 繭玉茶寮 ダヤンテールblog

2020年営業期間)7月15(水)~9月5日(土)

営業曜日)水曜~土曜日のみ営業

営業時間)11:30~15:00(LO14:30)
※去年より、営業期間・時間共に短縮営業

駐車場)10台可能

※ネット繋がりません

繭玉ご利用希望の方へ
新型コロナウィルス感染拡大防止のため、 以下記載の内容にお心当たりのある お客様のご来店はご遠慮頂いております。

ご理解ご協力をお願いします。

・2週間以内に、関東圏 流行地域への注来のある方(ご家族含む)

・流行地域から来た人と接触のある方(帰省や出張旅行など)

・1ヶ月以内に海外渡航歴のある方

・感染者と思われる方と接触のある方

・息若しさやだるき、 発熱などの症状のある方

・軽い風邪症状が続いている方

・味覚・臭覚に異常があるなど体調不良の方

当店をご利用頂いているお客様の中にはご高齢の方も数多くいらっしゃいます。

ご来店頂いたお客様が安心してお食事をお楽しみけますよう、 感染しない感染させない取り組みをお客様と共に取り組んで参りたいと考えております。

ご不便ををおかけいたしますが、新型コロナウィルス感拡大防止の 取り組みにご協力賜りますよう、 何卒よろしくお願い申し上げます。

繭玉店主

詳しくはHP facebook【繭玉茶寮】にてチェック⇦

公式HPは2018年で更新が滞っています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

HN/ダヤンテール。 おうし座、A型。 静岡県出身、富士宮市在住。 食品会社の営業退職後に大手グルメサイトにて食レポを始める。 よくあるグルメ本とは違う、実際に行って人と話し自分の言葉で伝えられる様に記事を書くのを信条としています。 富士山を中心とした東海甲信地区情報をメインに、自分が実際に行った観光地やその土地のグルメなど、心地よいレポとして書いていこうと思っていますので、参考にして頂けると嬉しいです。