【三島スカイウォーク】北エリアの新たな見どころ・あじさい祭り 静岡県民限定割引情報紹介!

三島スカイウォーク ダヤンテールblog

 【三島 SKY WALK(スカイウォーク)】

日本一高い富士山と、日本一深い駿河湾を、日本最長(400m)の歩行者専用つり橋から眺めよう✨

この壮大なプロジェクトを手掛けたのは国でも県でも無く、三島市に本社を置く民間の1企業『フジコー(アミューズメント会社)』の資本だというから驚きです!👀

オープンは2015年なのですが、令和元年(2019年)にはバギー体験や小動物とのふれあい施設等『北エリア(※吊り橋を渡った先)』をかなり充実させてリオープンしています三島スカイウォーク ダヤンテールblog

6月には園内に植えられた12,000株のアジサイの開花を待ってあじさい祭り(2020/6/13~7/26)も開催予定で、更に6月から7月の2か月間は静岡県在住者を対象に入場料無料&半額イベントも開催されるとの事!

 楽しみですねー!

٩( ”ω” )و🎶

無料&半額イベント詳細は記事末に記載しておきますので、是非ご確認ください♪

屋外施設がメインのスカイウォークですが、この時期心配な感染予防対策にも取り組んでいらっしゃいます⇩

新型コロナ対策
※施設内各所に消毒用アルコールの設置

※スタッフのマスク励行

※人の手が触れる部分に対して消毒作業

※屋内施設の換気

では、早速お勧めしたいポイントを中心に三島スカイウォーク ご紹介しちゃいます🐈

 アクセス・駐車場

スカイウォーク周辺では東海道の新規道路開発が進んでいますので、注意が必要です

笹原新田周辺で『笹原山中バイパス』が新たに延びていますが、大きく左カーブを進む事により旧道に乗る事ができます

道路案内が出ていますので見落とさない様に注意しましょう

 駐車場は無料

営業時間9:00~17:00(※変更あり)

年中無休となっています

普通車400台/大型車28台の広大な駐車場は、無料で利用できます

 総工費2億円のラグジュアリートイレ

駐車場が無料で、目の前には数軒のレストランやカフェ・ギフトショップ等があるので、【スカイウォーク】利用目的では無くドライブイン感覚でトイレ休憩に利用される方もいらっしゃる様です

(主人に訊いた所ですと、男性トイレは普通の様ですがw)女性トイレはガラス張りの日本庭園などを配していて、広々としてゆったりとしたパウダールームもある『ラグジュアリートイレ』になっています

三島スカイウォーク ダヤンテールblog

総工費2億円のラグジュアリートイレ

なんと!総工費2億円なんだそうですよ…

(;゚Д゚)

 料金設定

大人|1,100円 中高生|500円 小学生|200円

幼児は無料になっていて、雨の日は雨がっぱを無料配布しています

三島スカイウォーク ダヤンテールblog

まだ人出はありません(5月25日)

スカイウォークでは吊り橋を渡る際、日傘や傘をさす事が禁止されています

思わぬ突風で落下や事故にならない様にとの配慮ですね

園内ルールもあるので公式ページなどでご確認ください

 園内マップ

施設は大きく分けて、

駐車場南エリア【スカイガーデン・ギフトショップ・レストラン等】

チケット売り場(南ゲート)⇨吊り橋

北エリア【展望デッキ・ドッグラン・フォレストアドベンチャー等の体験施設】 となっています

三島スカイウォークダヤンテールblog

園内マップ

 ソフトクリームは後回しがお得

駐車場から屋外エスカレーターを利用した少し小高くなった場所に【スカイガーデン】というショッピングハウスがあります

天井いっぱいに広がる色とりどりのハンギングフラワーは一見の価値があり、ソフトクリームやドリンクなどの軽食販売もしています

三島スカイウォーク ダヤンテールblog

南エリアのスカイガーデンは一見の価値あり

また、ここでは【スカイウォーク】名物の金平糖の様なアラレを散りばめた濃厚ソフト『星ソフト』を販売していますが…

もしソフトクリームを食べようと思っていたら、散策の後をお勧めします

(=゚ω゚)ノ

お値段は500円

美味しいのですが…ちょっと高いんですよね💦

三島スカイウォーク ダヤンテールblog

名物の『星ソフト』は散策後に購入するのがお勧め

でも実は…吊り橋を渡る為のチケットを購入すると、50円の割引券がついて来るんです!(゚д゚)

三島スカイウォーク ダヤンテールblog

入場券購入したら、割引チケットGET!

という訳で、これを利用しない手はありません

ソフトクリームは是非帰りにどうぞ♪

 日本一長いつり橋

歩行者専用のつり橋としては日本一長い『400m』のつり橋!

公式HPより出典

歩道幅は1.6mありますので、車椅子やベビーカー利用者とのすれ違いも問題ありません

『吊り橋』といっても、安定感は抜群で思っている程は全然揺れませんが…

中頃まで進むとゆっくりと揺れているのがわかります

歩道中央は『金属の側溝の蓋』の様なシースルーになっていて…足元の風景をのぞき込む事ができますが、谷底まで70m!👀

観てしまうと足がすくみます💦

 フラワードロップポイント

吊り橋中央附近が『フラワードロップポイント』

三島スカイウォーク ダヤンテールblog

間伐材を利用して、谷底に種をまく企画

吊り橋を渡った先(北エリア)に、間伐材に花の種を貼りつけたチャームの販売をしていますので願いを込めて谷底へ投下…!

 ロングジップスライド

吊り橋の横を、ワイヤーに安全装置で体を吊り下げた『フライングヒューマノイド(?)』が飛んでいきます!👀

迫力のロングジップスライド
公式HPより出典

北エリアから出発

吊り橋の下を潜って南エリアへ到着 丘の斜面を登ってスタート地点まで再び滑走していきます

 北エリア

オープン当初ほぼ何も無かった『北エリア』でしたが、色々な体験施設が出来ていました!

あじさい小道散策・GOGO!バギーセグウェイ・アドベンチャーコース(樹上フィールドアスレチック)・ドッグラン…etc

ゴーゴーバギー1時間4500円 公式HPより出典

セグウェイガイドツアー1時間4900円 公式HPより出典

フォレストアドベンチャーは『キッズコース45分1500円』『キャノピーコース1時間2900円』『スタンダードコース2時間3900円』 公式HPより

公式HPより出典

中には無料のものもありますが、有料のものは結構利用金額が張るものもあるので何をやるか考えてからチャレンジすると良いと思います

以下は、ダヤンが実際利用した施設をご紹介します🐈

 ツリーツリーツリー

現在北エリア唯一のカフェ【Picnic Cafe(ピクニックカフェ)】が入った、授乳室やミュージアムを併設した建物

三島スカイウォーク ダヤンテールblog

北エリア唯一の飲食店取り扱いカフェが入っている『ツリー・ツリー・ツリー』

この【Picnic Cafe(ピクニックカフェ)】のメニュー『バスケットセット』は、ホットドッグやサンドなどのパン類とフライドポテト・ドリンクがセットになって『籐の籠』に入った本格的なピクニック気分を味わえるセットなんです♪

三島スカイウォーク ダヤンテールblog

バスケットセットは屋外へ持ち出しOK!
バスケットは後で返却してね!

屋外のお気に入りの場所へ持ち出して食べる事ができる(※籠は最後に返却)ので、とっても楽しいです✨

特に今の感染予防対策などをしている時期にはうってつけですね

(´ω`*)

ホットドックは粗びきウインナーが大きくってジューシーで、チーズソースが濃厚で美味しい!

三島スカイウォーク ダヤンテールblog

ボリュームあります

三島スカイウォーク ダヤンテールblog

ノンアルコールカクテルも可愛らしい

食べ難いかな?と思った方は、カットもして貰えるのでオーダーの際にスタッフさんに申し出て下さい

三島スカイウォーク ダヤンテールblog

バスケットメニュー

 ふろっく

三島大社のすぐ南側にある『GAJYUMARU』というお店が運営されている、小動物と触れ合えるスポットです

三島スカイウォーク ダヤンテールblog

小動物と触れ合える『ふろっく』

9:00~16:30(最終受付)で利用時間無制限

動物たちの休息の為原則『木曜日休館』です

入場料は(3歳未満無料)一律1100円

10種類近くいるフクロウやみみずくと写真を撮ったりそっと触ったり ベンガルキャットやハリネズミ・うさぎ・ハムスターを抱っこしたりと動物と触れ合いまくりです

三島スカイウォーク ダヤンテールblog

そっと背中の方を撫でて…嫌がられる(笑)

三島スカイウォーク ダヤンテールblog

ハリネズミはちょっと臆病

三島スカイウォーク ダヤンテールblog

ベンガルキャットのバロン君は寝坊助(笑)可愛い♡

三島スカイウォーク ダヤンテールblog

٩( ”ω” )و

手洗い場が店内に2か所設置されているので、遊ぶ前と遊んだあとはちゃんと手を洗いましょう

 恐竜アドベンチャー

あじさい小道を200mほど登って行った先に【恐竜アドベンチャー】があります

三島スカイウォーク ダヤンテールblog

あじさい小道の奥に【恐竜アドベンチャー】

パンフレットにもまだ記載されていないので、新しい屋外施設だと思います

【恐竜アドベンチャー】は2種類あります

①迷路の中にあるスタンプポイントでスタンプを押して全部集めると缶バッチが貰える『迷路コース500円』※10分~20分程度

②ARコープがセットされた『銃』を手に、画面に映し出された走り回る恐竜を倒していく『ARシューティングコース800円』※10分~20分程度

三島スカイウォーク ダヤンテールblog

恐竜の卵マークを見つけたらターゲット!直ぐに戦闘開始です

私達は②の『ARシューティング』で遊びましたが…これ、メチャクチャ楽しい(笑)

三島スカイウォーク ダヤンテールblog

実際には恐竜のオブジェを狙うのではなく、スコープ内の恐竜を撃ちます

『AR』とは、現実の世界をベースに情報を加えたもので、銃にセットされた『ARコープ』を覗くと…

現実の目の前にある森の中に恐竜が出現して歩き回っているという画像がみえるので、本当に恐竜と戦っている様な感覚になります

恐竜のオブジェは頭や尻尾が動く様になっているので、よりリアリティーを感じます

(※動画音声注意

注意 本物の恐竜オブジェを撃つゲームでは無く、あくまで『ARコープ内の恐竜』を撃つゲームです

 🌺2020あじさい祭り 静岡県在住者対象サービス詳細🌺

2020年6月~7月の間、静岡県の在住者に限り入場料金をサービスするイベントが始まります

事務局に確認した所

補足
※証明はサービスを受けようとする全員分必要 (保険証・学生証・免許証など住所と名前が明記されている物)

※大人は保護者としてだけでは無く、カップルやグループなど大人だけでもOK

『静岡県在住の方は証明書を持って来場して、自粛で疲れた心と体を開放的な屋外施設で楽しんで帰って下さい♪』 との事でした✨ (∩´∀`)∩ワーイ♪

三島スカイウォーク ダヤンテールblog ご利用の際はこちらの【インフォメーションページ】で詳細をご確認ください

5月末に訪問した時には咲いているアジサイの方が珍しく、蕾も固い状況でしたがあじさい祭りの始まる6月半ばからは見事なアジサイ群が楽しめると思います

三島スカイウォーク ダヤンテールblog

あじさい小道

運動靴・虫よけスプレーなど推奨です!

三島スカイウォークダヤンテールblog

木材チップが撒かれた小道
歩きやすいが、森林の中の為に虫も多く発生している

  【三島スカイウォーク公式HP】

■楽天市場のおすすめ商品■



※広告スポンサーリンク※



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

HN/ダヤンテール。 おうし座、A型。 静岡県出身、富士宮市在住。 食品会社の営業退職後に大手グルメサイトにて食レポを始める。 よくあるグルメ本とは違う、実際に行って人と話し自分の言葉で伝えられる様に記事を書くのを信条としています。 富士山を中心とした東海甲信地区情報をメインに、自分が実際に行った観光地やその土地のグルメなど、心地よいレポとして書いていこうと思っていますので、参考にして頂けると嬉しいです。