【富士市 笹場】11月5日まで開催!富士山と茶畑をバックにフジアンブレラスカイ

富士市 笹場【フジアンブレラスカイ】イベント ダヤンテールblog

 【富士市大淵 笹場 フジアンブレラスカイ】

元々富士山を撮るカメラマンや、地元の知る人ぞ知る【富士市大淵 笹場】は『駐車場が完備された富士山と茶畑の絶景スポット』

富士市 大淵笹場 ダヤンテールblog

【大淵笹場】の標高は338m。語呂合わせで『ささば』になる

近年では【茶の間】(※茶畑の中の完全貸し切りティーテラスでお茶を愉しむ催し)も開設され

富士市大淵笹場『富士山の茶の間』ダヤンテールblog

【富士市 大淵笹場】『富士山の茶の間』伊藤園CMで話題沸騰中!貸し切りプライベートテラス

2022年5月29日

お茶のペットボトル飲料で有名な会社がCM撮影場所として起用するなど多方面で話題にあがる事も多くなって来た富士市 大淵笹場 ダヤンテールblog

そんな笹場で地元富士市の『富士青年会議所』が65周年を記念して『アンブレラスカイ』を出現させたというお話をみかけたので、初日にあたる10月1日本日

どんな感じで『フジアンブレラスカイ』が広がっているのか早速見てきました🐈

 笹場でのアンブレラスカイは富士山と茶畑をバックに

頭上に色とりどりの雨傘(多くはカラービニール傘)をワイヤーなどで組んだ足場に吊るして飾る『アンブレラスカイ』は、元々2012年ポルトガルの芸術祭から始まったイベントだと言われており、映えるイベントとして日本各地でも期間限定で開催されるのを見かける様になりました

笹場での『フジアンブレラスカイ』は、一般社団法人富士青年会議所が主催する65周年の記念イベントとして開催され、目的のひとつとしてコロナ禍により家にこもりがちで俯(うつむ)きがちな多くの方に、傘を見上げる様に

『上を向いて』生きて頂きたい

そんな思いが込められているのだそうです

富士市 笹場【フジアンブレラスカイ】イベント ダヤンテールblog

確かに『アンブレラスカイ』は見上げるイベント

 会場

『アンブレラスカイ』が設置されているのは、笹場でお茶の試飲・販売などをしている小屋の南側の敷地

富士市 笹場【フジアンブレラスカイ】イベント ダヤンテールblog

会場はお茶の試飲販売などをしている小屋の南スペース

両側に鉄柱の基礎を築き、何本ものワイヤーを両側から3m以上の高さで張りだしそこに吊るしたカラフルなビニール傘をいくつも開いていったもの

陽の射し方によって地面にもカラーの影を落とし色々な表情を見せ

富士市 笹場【フジアンブレラスカイ】イベント ダヤンテールblog

地面にカラー色の影ができていました

傘群のバックには緑の美しい茶畑と圧巻の富士山の姿を一度に見る事ができる、他では絶対出来ない『フジアンブレラスカイ』

富士市 笹場【フジアンブレラスカイ】イベント ダヤンテールblog

どの角度が良い角度なのか判らないが、なんとか茶畑・富士山・アンブレラを一緒に収めてみた(笑)

 

駐車場から歩いて30秒

利用料・駐車場無料という利用者にとって嬉しい場所での開催となっています

 期間・時間

期間|10月1日(土)~11月5日(土)

時間|24時間開場

(※『笹場』は山の中になり夜間はかなり暗くなりますし、夜間は勿論富士山は見えません。地元の方の迷惑にならない様にご配慮下さい。ライトアップ開催のお話も出ていましたが今は未定です。詳しくは末尾のインスタ情報でご確認下さい)

注意|荒天・強風の場合傘を閉じる事があります

富士市 笹場【フジアンブレラスカイ】イベント ダヤンテールblog

一つ一つ傘を開く作業。大変だ~💦

 笹場へのアクセス・駐車場情報など

以前、【大淵笹場】の記事

【富士市】『大淵笹場』富士山と茶畑の北斎も知らなかった絶景スポット

2021年4月24日
でもご紹介しましたが

茶畑の保全・無料で利用できる整備された駐車場やトイレなどは地元有志の方々の好意により成り立っています

トラブル・迷惑行為などを起こさぬように楽しみたいですね☺

 

笹場へのアクセス・駐車場情報などは上記各記事から

もしくは、こちらからも飛ぶことができます⇩

【記事から抜粋|笹場へのアクセス・駐車場・注意点

 

 イベントの詳細情報などはコチラから⇨【アンブレラスカイin静岡県富士市】 

富士青年会議所インスタはコチラ⇨【JCI富士

ヾ(=゚・゚=)ノニャン♪

■楽天市場のおすすめ商品■



※広告スポンサーリンク※

Google検索エンジン

※広告スポンサーリンク※

広告スポンサーリンク


富士通 FMV LOOX

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

HN/ダヤンテール。 おうし座、A型。 静岡県出身、富士宮市在住。 食品会社の営業退職後に大手グルメサイトにて食レポを始める。 よくあるグルメ本とは違う、実際に行って人と話し自分の言葉で伝えられる様に記事を書くのを信条としています。 富士山を中心とした東海甲信地区情報をメインに、自分が実際に行った観光地やその土地のグルメなど、心地よいレポとして書いていこうと思っていますので、参考にして頂けると嬉しいです。