気になる商品

【山梨県】『麩の岡田屋』カラフルなもちもち生麩を使った夏限定生麩のかき氷

山梨県 【麩の岡田屋】『生麩のかき氷』ダヤンテールblog

 【麩の岡田屋】

夏本番!いよいよ暑くなってきましたね💦

7月25日は語呂合わせで『な(7)・つ(2)・ご(5)おり』で『かき氷の日』なんだとか🍧

去年は『かき氷特集』と題して地元ローカルラジオ番組出演時にお勧めかき氷店のお話をさせて頂いたダヤンなのですが、今年も気になった『かき氷』を都度ご紹介して行きたいと思います✨

初回の今回は、山梨県にある『お麩』屋さん【麩の岡田屋】が提供する『生麩のかき氷』です

これ、めっちゃカワ(・∀・)イイ!!ですよ♪

新型コロナ感染症対策
※店内は扉の無いオープンな造り

※入店は1人もしくは2人でいっぱいの売り場面積で密閉の密にはならない

※入り口にアルコール設置・お手拭き・個舗装使い捨てスプーン

※イートイン席は屋外の簡易テント下

※非接触ツール(PayPay)で支払い可能

 アクセス・場所

【麩の岡田屋】の場所は、身延道と呼ばれる県道3号線の『山梨大学病院入口』信号を北に100mほど行った左手

一番近い駅『身延線常永駅』からは750mです

※身延線は東海旅客鉄道(JR東海)の鉄道路線(地方交通線)

店舗周辺には巨大ショッピングモール『イオンモール甲府昭和』や、お洒落なカフェも点在していて、来るたびに発見がある新興地です

٩( ”ω” )و

 外観・店内・駐車場

店舗の外観はひとことで言うと『木製ログハウス風の小屋』

山梨県 【麩の岡田屋】『生麩のかき氷』ダヤンテールblog

【麩の岡田屋】外観

簡易的で素朴な感じで、ローカルな観光施設のお土産売り場エリアにありそうな雰囲気の平屋の小さな建物

ふらっと入り易い感じが良いですね♪

通り側の壁には紺地に白抜き文字で『ふ』と大きく書かれた帆が張ってあります

山梨県 【麩の岡田屋】『生麩のかき氷』ダヤンテールblog

通りから見える『ふ』の文字

さすが、お麩屋さん(笑)

 

 店内・イートインの場所

店内は、人が2人も入るといっぱいになってしまう様な小さな売り場と厨房(工房?)のみの狭い造り💦

山梨県 【麩の岡田屋】『生麩のかき氷』ダヤンテールblog

利用者が入れるのは、麩で囲まれたこの2畳ほどの広さだけ

壁面を使った商品棚に30種類以上のお麩が所狭しと並んでいて

山梨県 【麩の岡田屋】『生麩のかき氷』ダヤンテールblog

色々な麩を販売しています

山梨県 【麩の岡田屋】『生麩のかき氷』ダヤンテールblog

甘いスナックタイプの麩菓子

山梨県 【麩の岡田屋】『生麩のかき氷』ダヤンテールblog

お吸い物などに入れると華やかになる飾り麩

生麩商品を販売する為の小さな冷蔵ショーケースも置いてあります

山梨県 【麩の岡田屋】『生麩のかき氷』ダヤンテールblog

生麩の販売もしていました

山梨県 【麩の岡田屋】『生麩のかき氷』ダヤンテールblog

かき氷の詳しいメニューはその店内に貼り出されていて、オーダーして受け取って支払う流れ(PayPay可)

基本テイクアウトのみで、イートインしたい場合は店主が店の周りに設置してくれる簡易テントの下の数台のベンチなどを利用して頂くか…

山梨県 【麩の岡田屋】『生麩のかき氷』ダヤンテールblog

開店時間になると店主が設置してくれる簡易テントとベンチ

昨今流行りの溢れんばかりの大きなかき氷では無く、ハンディ-サイズの紙カップのかき氷なので、『立ち食い』するかのどちらかになります

 

 駐車場

駐車場はその店舗のすぐ北横にある7~8台ほど停められる駐車場があるのですが、【岡田屋】の専用駐車場は建物側の2台分のみ

山梨県 【麩の岡田屋】『生麩のかき氷』ダヤンテールblog

店舗のすぐ隣2台分が駐車場

ここが埋まっている場合は、南側お向かいにある【カレーハウスじゃがいも昭和店】の駐車場(3台分)を14時~17時の間でしたら使って良いのだそうです

山梨県 【麩の岡田屋】『生麩のかき氷』ダヤンテールblog

お店のインスタから

『ランチタイムを除いた時間ならOK』とのご厚意なんでしょうね♪

【カレーハウスじゃがいも】さんには、【岡田屋】の生麩を使用したカレーがコラボメニューとしてあり、ご近所仲の良さが伺えます

 

 『生麩』とは

ダヤン
『生麩』のかき氷食べに行くんだ~♪

と周囲に話した時に、『生麩?なにそれ?』的な反応をされたのですが、そもそも『生麩』余り周知されていない様に感じます

中には『生麩』だとは知らずに召し上がった事がある方もいらっしゃるかも知れませんが、『生麩』は割烹や小洒落た小料理屋の煮ものの吹き寄せの上やおせち等の彩アクセントに使われている事が多く

『花』や『もみじ』『手毬』といった形をしている事が多く、普通の乾燥麩とは違いもっちりとした白玉のような食感とカラフルな彩を施されているのが特徴の食品で

使用用途は『和食』としてはよく見かけますが、『スイーツ』に利用されているのは珍しいと思います山梨県 【麩の岡田屋】『生麩のかき氷』ダヤンテールblog

『生麩』は日本の伝統的な食材で、小麦粉に水を加えて練り抽出したグルテンを餅粉とあわせて蒸して成形されます

生麩自体には味が無いので、出汁や味噌・醤油などの調味料を含ませたり添えたりして提供される事が多く、『生麩』の60%が『水分』で出来ているので美味しい生麩には上質の『軟水』が欠かせない為、京都や金沢などで製造されたものが最上と言われていますが

山梨は日本のミネラルウォーター発祥の地で、全国シェアの4割を担う生産量を持ち、富士や南アルプスの天然水は代表的な軟水(硬度29~30)

『生麩』作りに相性がいいお水が山梨には豊富にあるんですね♪

 

 『岡田屋』はお麩屋さん

2014年から操業の【麩の岡田屋】の店主は、陸上での進学校として金沢大学に在籍中に、金沢の加賀麩老舗『不室屋』で『ふやき御汁』に出逢う

『加賀麩』に魅了された岡田さんは大学を卒業後、同店に入社

店舗管理や営業経験を経て故郷の山梨県甲府市で麩の魅力を伝える為に自らの店【岡田屋】をオープンさせたのだ

岡田屋
麩というと味噌汁などの和食を連想しがちだが、和食や洋食・スイーツにも利用できる華やかな万能食品。『楽しさや夢があり、思い出が生まれる食』としての麩が持つ魅力を発信していきたい

今回の夏季限定生麩かき氷を始め、色々な種類の麩も製造販売していてそのレシピも公開しています

 

 かき氷メニュー

『生麩のかき氷』メニューは現在

✔抹茶あずき

✔いちごベリー

✔アップルシナモン

✔マンゴー

✔キウイ

✔珈琲

✔バタフライピーレモン

の7種類があり

山梨県 【麩の岡田屋】『生麩のかき氷』ダヤンテールblog

生麩のかき氷メニュー

山梨県 【麩の岡田屋】『生麩のかき氷』ダヤンテールblog

2020年から発売された『バタフライピーレモン』

一番人気は『いちごベリー』なんだそうですが、かき氷と言えば『抹茶小豆』は外せないダヤンはそれを

珍しもの好きなダンニャは『バタフライピーレモン』を今回はオーダーしてみました♪

 

 生麩いっぱいVer.と通常Ver.

なお、トッピングの生麩に関しては+150円でどの種類のかき氷にも生麩を通常より多くトッピングさせることができます

山梨県 【麩の岡田屋】『生麩のかき氷』ダヤンテールblog

たっぷりVerは生麩ファンにはたまらない!✨

今回の例でいくと、『宇治金時』はいっぱいVer.

※まり麩1・花麩2・もみじ麩3

『バタフライピーレモン』は通常Ver.

※まり麩1・花麩2

山梨県 【麩の岡田屋】『生麩のかき氷』ダヤンテールblog

生麩たっぷり(800円)は左
通常(650円)は右
どちらがお好み?

この辺りは予算と好みで、生麩にまみれる(?)のも良し

ほどほどで抑えておくのも良し(笑)

因みに、いっぱいVer.は利用者さんのリクエストから生まれたもので、やはり珍しい生麩をここぞとばかりに愉しみたい心理は皆さん共通ですね

かき氷の氷は『井戸水を凍らせた氷』を使用

肌理の細かい優しいかき氷です

 

 ☑宇治抹茶(たっぷりVer.)

ほろ苦く濃厚な宇治抹茶は氷の中までたっぷり染み込んでいて、シロップは和三盆を使用

山梨県 【麩の岡田屋】『生麩のかき氷』ダヤンテールblog

『宇治金時』生麩たっぷりVer.※練乳あり(800円)

甘さを抑えて炊いた北海道産あずきには少し練乳もかけて頂きました

(※練乳はかける・かけないを聴かれます)

全体的に甘さを控えたビターで大人なかき氷

甘露水に浸した『生麩』は厚めで、もっちもち♪

生麩は加熱しすぎてしまうとデロンデロンな食感になってしまうので、上質な白玉の様にもっちもちした【岡田屋】の生麩は感動ものです!

山梨県 【麩の岡田屋】『生麩のかき氷』ダヤンテールblog

もっちもちの生麩♪

しかもこの可愛らしさ見て下さい!

美味しくて綺麗で可愛らしいなんて最強じゃない?山梨県 【麩の岡田屋】『生麩のかき氷』ダヤンテールblog

余りの可愛らしさに何枚も写真を撮り過ぎて、溶けかけてきました(笑)💦

 

 ☑バタフライピーレモン(通常Ver.)

時々お洒落なカフェで見かけますよね?バタフライピー

お花から出る青い色素を持つハーブでお茶なんかとしてよく飲まれますが

レモン果汁を垂らすとピンク色に変色するのが楽しいバタフライピー

かき氷でもそれを楽しむ事ができます

一緒にレモンピールの入った蜜がついてくるのでそれを垂らすと、青⇨紫⇨ピンクとカラフルに変化します

山梨県 【麩の岡田屋】『生麩のかき氷』ダヤンテールblog

バタフライピーかき氷はレモンピール蜜を掛けると色が変化します

山梨県 【麩の岡田屋】『生麩のかき氷』ダヤンテールblog

青⇨紫⇨ピンクのグラデーションと爽やかな酸味が特徴のバタフライピーレモンかき氷

今回は練乳無しをオーダーしたのですが、練乳をかける事に依って『富士山』をイメージして創られたんだそうです

こちらもさっぱりとして甘酸っぱい、夏にぴったりのかき氷🍧

バタフライピーにはアントシアニンが沢山含まれていますので、アンチエイジング・目の疲労回復・血液サラサラの効果も期待できると言われていますが

一方で『子宮収縮作用』や『血小板機能抑制効果』があるので、妊婦や生理中の女性は控えた方がいいとの指摘もありますのでご注意ください

 

 

『生麩のかき氷』は【麩の岡田屋】店頭で、5月~9月末までの期間限定販売スイーツ山梨県 【麩の岡田屋】『生麩のかき氷』ダヤンテールblog

但し、10月に入っても30度を超すような真夏日が在る場合は延長もあるんだとか?

もし気になる方がいらっしゃいましたら、来店はお早めに!

お店が混むピーク時間は15時頃なのだそうです

  ヾ(=゚・゚=)ノニャン♪  

 

 お店のデーター

【麩の岡田屋】

山梨県中巨摩郡昭和町河東中島1599-3

電話:055-288-0226

営業時間)11:00~18:00

定休日)月曜日

駐車場)あり※無料・店の横に2台分

※ランチ時間を避ければ、隣の【カレーハウスじゃがいも昭和店】の駐車場に停めても可

その他情報
※本業は『お麩屋』。かき氷は5月~9月末で終了。但し10月に名なっても30度以上の暑い日が在る場合は延長する可能性あり

詳しくは公式HP【麩の岡田屋】にてチェック⇦

Facebookはこちら【麩の岡田屋Facebook】⇦

インスタはこちら【麩の岡田屋インスタ】⇦

■楽天市場のおすすめ商品■



※広告スポンサーリンク※

Google検索エンジン

※広告スポンサーリンク※



2 件のコメント

  • Dayanさま

    こんにちは~大変な日常ですが、お元気そうで何よりです。
    お麩の岡田屋さんとはまた・・山梨国中地域の渋目なお店に・・・
    私も結構近いので数回伺ってますが、氷はまだ未体験です。
    金沢車麩のカツレツに一時期はまって買い出しに行ってました。
    あと蛇足ですが、お隣のじゃがいもさんは、個性的なトイレが
    結構有名だったりします。機会があればど~ぞ(笑)

    • >marさま
      こんにちは
      marさまもお元気そうで良かった

      車麩のカツレツ、美味しそうです!
      車麩はお肉代わりに使えるのでヘルシーでいいですね

      次に行ったら、【じゃがいも】のトイレ見てきます

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    HN/ダヤンテール。 おうし座、A型。 静岡県出身、富士宮市在住。 食品会社の営業退職後に大手グルメサイトにて食レポを始める。 よくあるグルメ本とは違う、実際に行って人と話し自分の言葉で伝えられる様に記事を書くのを信条としています。 富士山を中心とした東海甲信地区情報をメインに、自分が実際に行った観光地やその土地のグルメなど、心地よいレポとして書いていこうと思っていますので、参考にして頂けると嬉しいです。