山梨 琥珀色の絶景温泉『みたまの湯』 食事処で堪能 名物とりもつ煮と大塚にんじん

【みたまの湯~ふるさと味工房みはらし亭】@山梨県
『山梨 琥珀色の絶景温泉”みたまの湯” 食事処で堪能 名物とりもつ煮と大塚にんじん』

今日はどこ行く?何食べる?
こんにちは(*’ω’*) ドコべるblogの管理人 ダヤンテールです

 

以前もお話ししましたが、ダヤンの実家は山梨県

静岡と山梨は富士山を挟んで隣県同士なので、『実家に顔を出す』という名目の元、山梨で日帰りで遊び倒して帰って来るのですが、帰りがけにどうしても外せないのが『日帰り温泉』です♪

10年以上前は(他人と裸で風呂に入るなんてストレスの他、ナニモノでもないだろ―――っ!!)

という私でしたので、赤沢温泉に初で宿泊した時に温泉を利用しなかったという懺悔(?)は記憶に新しいところだと思います

送迎バスも出ています

そんな私が、今の『温泉好き』となったきっかけは、この【みたまの湯】を利用してから♪

泉質・温度最高
٩( ”ω” )و

市街の夜景も見える絶景の露天風呂♥

夏は市川大門の花火大会を駐車場で鑑賞
(^^)/

市川大門の花火大会の日にたまたま来てしまったw大混雑

また、ここの食事が美味しくって…この時期本当に旬のおいしい食材を使っているんですよ~っ♪
ヾ(≧▽≦)ノ

地元民の利用者の中には(1泊くらいするんじゃないか?)と思うような大きな荷物を無料の休憩所に持ち込み、日がな1日 の~ぉんびりと過ごす楽しみ方をしていらっしゃる方も見かけます

山梨の温泉ベストとかで必ず上位にくる【ほったらかしの湯】にも行きましたが、今のところ総合点が私の中で1番高い…ダヤンが1年に4~5回は行っているお勧めの温泉【みたまの湯】を今回はご紹介します♪
(*’▽’)

(温泉は写真が撮れませんので、記事は食事メインになりますがw)

 

 場所

地図はこちらになります⇩

山腹の景観が開けた良い場所に建っています♪

なので、露天風呂からは昼間は甲府盆地を眼下に見渡せる好地、夜はその市街地の夜景を楽しむ事ができるんです

駐車場からの夜景(露天からも同様に夜は夜景が楽しめます)

しかも【みたまの湯】の周辺は『のっぷい』と呼ばれる土壌の畑で、そこで獲れたお野菜がまた格別なんです♪

のっぷい とは
7千年~9千年前頃の八ヶ岳の噴火の際に、ここ市川三郷町の大塚地区にも火山灰が降り積もりました。
その後の長い年月の間に他の地域では火山灰はほぼ流出しましたが、大塚地区は火山灰が残り、火山灰土となり「のっぷい(土)」と呼ばれ、現在もきめ細かく肥沃な土として、地域の宝となっています。
のっぷい(土)は柔らかいので、大塚にんじんや牛蒡などの根菜の農産物の栽培に向いています。
(みたまの湯HPより)

 付随施設

【みたまの湯】は温泉施設棟他に、のっぷいで栽培収穫された旬のお野菜を近隣農家さんが持ち込んで販売している『JA西八代 のっぷい農産物直売所(9:30~18:00)』が敷地内に併設されています

『温泉棟(10:00~23:00)』には、マッサージ施設・お土産売り場・お食事処が入っています

マッサージ

お食事処の『みはらし亭(11:00~22:30)』では、みたまの湯周辺ののっぷい畑で獲れた旬のお野菜を堪能できる料理を提供していて、ちょっと他の温泉施設では味わえない様なちゃんとしたお料理を堪能できます♪

私がここを気に入っている理由のひとつでもあります

 

 温泉施設

 利用料金

まず、入り口で靴を脱いで100円硬貨返却式の靴箱にしまいます

右に在るのが靴箱

少し小さ目なので、ロングブーツとかは大変かも…

温泉利用料金(2019.2)

大人770円 小学生500円 小学生未満 無料

脱衣所でも100円硬貨返却式のロッカーを利用しますので、100円硬貨は人数分×2枚は必要になります

 

 フロント

フロントに、利用人数を申請して料金を払います

フロント

ネットのクーポン利用や、回数券やスタンプカードなどで、割引やプレゼントがあるのでHPやじゃらんサイトを確認してから利用される事をお勧めします

 

 温泉施設

温泉は男女別で『藤の湯』か『牡丹の湯』が入れ替わりになります

藤の湯(HPより)

牡丹の湯(HPより)

どちらにも露天風呂と内湯とサウナがあり、露天風呂は源泉かけ流しの高温浴槽と低温浴槽の2つ

南アルプス・八ヶ岳・秩父山系の新緑や紅葉、雪景色など自然情緒を堪能できます
視界を遮るものがなにも無いので、180度の大パノラマ

HPより

かけ流し高温温泉温度は44.9℃と少し高めですが、低温浴槽はちょうどいい温度で気が付くと平気で20分も湯船に浸かって居る事も在ります

温泉の色は透き通った茶褐色
琥珀の様な色をしていて、すこ~しだけぬるっとします

嫌な粘度では無く温泉特有の硫黄の匂いもしません

この温泉は、世界的に貴重な特異地形である『甲府大三角形構造盆地』の東南端、フォッサマグナ(大地裂帯)の地下深部の開口割れ目で育まれ湧出した、大自然の恵みをたっぷり含んだ名湯アルカリ性単純温泉

パンフより

透き通った茶褐色の色は、約100万年前の太古の植物から溶け出した天然有機物の色で、植物系の香りが仄かに漂うモール温泉♪

最高級の温泉相です( *´艸`)

 

 アメニティ

無料
ヘアシャンプー・スキンウォーター・ヘアコンディショナー・ヘアウォーター・ボディーシャンプー・綿棒・ヘアドライアー・コーム
有料レンタル
フェイスタオル50円・バスタオル100円

 清潔感

洗い場・湯船・脱衣所…どこを見ても清掃が行き届いていて、いつ利用しても気持ちのいい場所です♪

 

さて、温泉を堪能した後は…お待ちかねのお食事施設の紹介です( *´艸`)

 みはらし亭

みたまの湯周辺で獲れた、のっぷいな旬のお野菜を取り入れた郷土色豊かなメニューを提供して下さいます

温泉施設内食事処【みはらし亭】

今の時期は何といってもこの3つの食材⇩

山梨の日帰り温泉 みたまの湯 農産物直売所 大塚にんじん

長さ100cmにもなります。一般的な人参と比べるとビタミンA群のカロチンは約1.5倍、ビタミンB2は約3倍、ビタミンCは約2.3倍と非常に栄養価が高く、甘く、にんじん本来のしっかりとした香りが特徴です。(みたまの湯HPより)

山梨の日帰り温泉 みたまの湯 農産物直売所 大塚ごぼう

のっぷいで育った味が濃く柔らかいゴボウ(みたまの湯HPより)

山梨の日帰り温泉 みたまの湯 農産物直売所 寒ちぢみほうれん草

葉肉が厚く、葉が縮小しているのが特徴です。冬の寒さにさらす 『寒じめ栽培』 という方法で育てられるため葉が縮小しています。一般的なほうれん草と比べ、糖度は2倍・ビタミンCも3倍から5倍になります(みたまの湯HPより)

 

にんじんとゴボウは、去年ここで頂いてその美味しさを知っていましたので、この時期になるのが本当に楽しみでした♪

隣接の『JA』でお野菜と大塚人参のドレッシングは購入しましたが、ここではこれをオーダー⇩

 大塚にんじん釜飯セット

1380円

固形燃料で炊き上げ

生米から炊き上げの様で、テーブルに運ばれてきてから15分弱火が消えるまで待ちました

大塚にんじんからお出汁がでて、うんまい!

 海老と地野菜天重

950円

大塚にんじん・ごぼう等のっぷいの野菜と大エビの天婦羅の贅沢なお重

 甲州鳥もつ煮

580円

生モツを炒めて調理してあって甘辛い味付けが食欲をそそる

 

 

ゆったりのんびりと質の良い温泉に浸かって、美味しい物を食べる贅沢♪

こんな場所がすぐ近く…でも無いんだよな~っ

車で1時間ちょっとかかるけど、こんなに満足できるからまた暫くすると…行きたくなっちゃう(笑)

 

では、また~です

ヾ(=゚・゚=)ノニャン♪

 

 じゃらんのちょっとお得なプラン

じゃらん『みはらしの丘 みたまの湯』

 メモ

みたまの湯

山梨県西八代群市川三郷町大塚2608

電話:055-272-2641(フロヨイ)
メールアドレス:info@mitamanoyu.jp

2 件のコメント

  • こんにちは~
    コチラは本当に絶景温泉ですね~と言っても、数年前に一度しか経験してないのですが(笑)
    同じ県内ですが、休日の混みようを考えると・・ついつい腰が引けます。。情けないですが・・
    山梨はホント温泉だらけなので、穴場の温泉を探すのもまた楽し・・かもです。
    静岡のオススメ温泉などありますか??できればゆっくりゆったりのんびりと・・

    • >marさま
      私は休みの関係で、平日が殆どなので、ひどい混雑には当たった事が無いのですが、芋洗いの様になってしまうと、せっかくの名湯でも萎えますよね
      (´;ω;`)
      実は、今回記事を書くにあたり両県の温泉の統計を調べたら、静岡の方が圧倒的に数は多いのですね!
      伊豆の影響かしら??
      と、いうことで温泉=山梨でしたので、地元はマトモに行ったことが無いので、これから発掘です(笑)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    HN/ダヤンテール。 おうし座、A型。 静岡県出身、富士宮市在住。 食品会社の営業退職後に大手グルメサイトにて食レポを始める。 よくあるグルメ本とは違う、実際に行って人と話し自分の言葉で伝えられる様に記事を書くのを信条としています。 富士山を中心とした東海甲信地区情報をメインに、自分が実際に行った観光地やその土地のグルメなど、心地よいレポとして書いていこうと思っていますので、参考にして頂けると嬉しいです。