【志賀高原 2019.7.14 】静岡県から長野県へ① トレッキング池巡り 一沼・田野原湿原~木戸池・渋池~四十八池

【2019.7.14志賀高原池巡りトレッキング】

 【2019.7.14志賀高原 池巡りトレッキング】

毎年1~2回

車中泊と1泊を利用してのトレッキングを趣味としています

去年は(blogをまだ開始する前ですが)好天に恵まれ長野県の白馬八方尾根『八方池』に行っています

2018.7.26最高のコンディションだった八方池

今年は同じく『長野県』

『志賀高原の池巡り』をトレッキングの目的地としました
(=゚ω゚)ノ

 旅行日程

たまたま2人の休みが合った日…少し不安だったのは、世間は『海の日』祝日を含めた3連休💦

渋滞状況など全然分からなかったのですが…天気予報が雨80%の連休この時期(7月半ば)は心配になる程『志賀高原』『横手山』は閑散としていて、全然『渋滞に嵌る』『列に並ぶ』という状況は発生しませんでした

唯一、失敗したのは…

 今回唯一失敗した計画ポイント

土曜日

私が仕事が退けてから帰宅後、シャワー浴びて20時半出発!

富士宮朝霧線⇨中央道⇨長野道

塩尻北ICには22時半ごろ到着

ダヤン
富士宮から約2時間っ!同じ静岡県の一番西の浜松を抜けるのにも約2時間!静岡県やはり無駄に横長~っ💦

余裕で、予約無しで仮眠と日帰り温泉施設『信州健康ランド』を利用できるだろうと思っていたら、まさかの300台以上停められる駐車場が満車!

この状況では、万が一入館できてもゆっくりはできない
(´;ω;`)ウゥゥ

因みに、周辺のラブ○も満室!ラブ○の空きスペースで部屋の空き待ち…
なんて事態も💦

諦めて次のICへ

ビジネスホテルは既にチェックインできるような時間は過ぎて居たので、そこから北上したICで2~3回降りラブ○巡るも…

満室!満室!!満室~っ!!!(笑)

時間は既に0時を回り、宿泊施設は諦めて『姨捨SA(オバステ)』というちょっと不本意な名前の小さなSA駐車場で4時間ほどの車中仮眠…

 翌朝(日曜日)朝4時起床

翌朝4時に起床!

天気は、時折強く雨が降ったり止んだり…
余り良くは無い天候【2019.7.14志賀高原池巡りトレッキング】

SAでトイレとトレッキングの支度をして、志賀高原の最初の目的地『田野原湿原駐車場』へ向かいます

٩( ”ω” )و

途中通過する『滋賀中野有料道路』は朝6時過ぎには普通車で100円かかります

 色々なコースがある『志賀高原』

志賀高原には大小23程の池や沼、7つの湿原が点在していて全ての池や湿原を1日で巡るのはほぼ不可能

代表的な『池巡りコース』などは池から池までの所要時間などの情報がネットで調べると、たくさん出て来る【2019.7.14志賀高原池巡りトレッキング】

自分の体力や時間などを考慮しながらチョイスすると良いと思います
(=゚ω゚)ノ

 

 余り本数の無い路線バス

池をチョイスしながら池と池が離れているので、ここの移動は『路線バス』を使おうかとも考えていましたが…路線バスの本数が、少ないっ!!

【2019.7.14志賀高原池巡りトレッキング】

バスの本数、少なっ!
Σ(・ω・ノ)ノ!

危うく『秘境路線バスに乗って飲食店を見つける度仕様』になる所でした…💦

最初はどうしても『大沼』が外せないポイントになっていたのですが、『大沼』が他の池よりかなり離れて(片道60分)いたので、天候が悪かった事も加味して今回は断念しておきました

 無料駐車場(?)と車で行ける池

 ・無料駐車場(?)

(?)にしたのは、概念的に想像する『駐車場』とは違うから

例えば今回の目的地『田野原湿原駐車場』はこんな感じ

【2019.7.14志賀高原池巡りトレッキング】

田野原湿原の駐車場?
ただの『路肩の広い場所』だと思って一回見逃した

駐車場管理する人も、車の区画ラインもありません

池や湿原の観察ももちろん無料

1日目はリフト以外は交通費や観光費は『ゼロ』でした

 ・車で行ける(道路沿いにある)箇所もある

『池』や『湿原』の中には、自家用車ですぐ近くまで行ける箇所もあります

トレッキング装備せずにドライブがてら、気になる景色を見つけたら車を停めて簡単に見る事ができる景観です

『田野原湿原』を目指して車を走らせていましたが、『一沼』という池が道路沿いから見えたのでちょっと車を停めて観察

【2019.7.14志賀高原池巡りトレッキング】

志賀高原の玄関口にある『一沼』

『一沼』は、志賀高原の入り口にあり『一番初めにある池』なので『一沼』と言うのだそうです
(´ー`)

当日は濃霧でしたので余り綺麗ではありませんでしたが、紅葉の時期にはとても綺麗なんですって♪

9月下旬~10月中旬が例年紅葉の見頃なんだそうです

 今回鑑賞した湿原と池

山では標高が100m上がるごとに0.6度気温が下がると云われています

また、高原は曇りでも虫が多く発生しているので虫よけも必須です

天気|曇天時々霧雨(19℃)

服装|トレッキングシューズ・帽子・トレッキングタイツ・マウンテンパーカー・半袖Tシャツ・薄手の長袖パーカー【2019.7.14志賀高原池巡りトレッキング】

前回の八方池トレッキングから『トレッキングステッキ』を使う様になりましたが、これ本当に楽です!

志賀高原はちょこちょこ車に戻って来れるのですが、飲み物(パウチがゴミが少なくて便利)とナッツやドライフルーツなどを携帯していきます

携帯おやつ

『田野原湿原』~『木戸池』のトレッキングは6時半~8時の1時間半で1周

元の駐車場へ戻ってきました

 田野原湿原

【2019.7.14志賀高原池巡りトレッキング】

田野原湿原

【2019.7.14志賀高原池巡りトレッキング】

『ニッコウキスゲ』がたくさん咲いていました

【2019.7.14志賀高原池巡りトレッキング】【2019.7.14志賀高原池巡りトレッキング】
【2019.7.14志賀高原池巡りトレッキング】

晴れていたら座って休憩も気持ちよさそう

【2019.7.14志賀高原池巡りトレッキング】

田野原湿原の奥の丘を登って行くと、木戸池に通じるルートに

 

 木戸池

なんと!ここ 車で気軽に観れる池でした(笑)

【2019.7.14志賀高原池巡りトレッキング】

車で来れるとこだった…

田野原湿原から結構な高低差乗り越えてトレッキングして来たのにw

【2019.7.14志賀高原池巡りトレッキング】

霧がかかって居る時

【2019.7.14志賀高原池巡りトレッキング】

霧が晴れて居る時の木戸池

【2019.7.14志賀高原池巡りトレッキング】

木戸池のほとりにある木戸池ホテル

【2019.7.14志賀高原池巡りトレッキング】

小屋では…

【2019.7.14志賀高原池巡りトレッキング】

朝ご飯!

車で移動します

前山サマーリフトを使って、四十八池をぐるっと回って下山まで2時間半

 前山サマ―リフト利用

8:20~16:30 大人往復|600円

池巡りコース中には大沼までトイレが無いので、しっかり済ませておきます

【2019.7.14志賀高原池巡りトレッキング】

前山サマ―リフトチケット

【2019.7.14志賀高原池巡りトレッキング】

前山サマーリフト

【2019.7.14志賀高原池巡りトレッキング】

結構急勾配

【2019.7.14志賀高原池巡りトレッキング】

リフトを降りた先には『ツキノワグマに注意』の看板!Σ(゚Д゚)

【2019.7.14志賀高原池巡りトレッキング】

 

 渋池

【2019.7.14志賀高原池巡りトレッキング】

リフトを降りて5分程度で渋池に到着!

【2019.7.14志賀高原池巡りトレッキング】

浮島の様な小さな島がある渋池

【2019.7.14志賀高原池巡りトレッキング】

渋池

【2019.7.14志賀高原池巡りトレッキング】

手前の白い点々と咲く植物は『ワタスゲ』

【2019.7.14志賀高原池巡りトレッキング】

『ワタスゲ』は本来もっとホワホワしていますが、昨日の雨でしっとり(笑)

 四十八池

『渋池』から45分で『四十八池』に至るコースと、105分かけて『滋賀山』経由で『四十八池』に至るコースがありますが、今回は45分コースを選択

【2019.7.14志賀高原池巡りトレッキング】

渋池から45分歩く!

【2019.7.14志賀高原池巡りトレッキング】

所々設置してある『クマ避け装置』※鉄パイプを鳴らす

【2019.7.14志賀高原池巡りトレッキング】

足場が悪い場所も多い

【2019.7.14志賀高原池巡りトレッキング】

富士山の樹海みたい(笑)

【2019.7.14志賀高原池巡りトレッキング】

巨大な樹木!

【2019.7.14志賀高原池巡りトレッキング】

真っ白い亜高山帯の植物『ギンリョウソウ』

四十八池から更に50分程歩くと、今回断念した『大沼』へ至ります

【2019.7.14志賀高原池巡りトレッキング】

四十八池到着!

【2019.7.14志賀高原池巡りトレッキング】

四十八池の休憩所

【2019.7.14志賀高原池巡りトレッキング】

四十八池は湿地帯

【2019.7.14志賀高原池巡りトレッキング】

霧が凄くて

【2019.7.14志賀高原池巡りトレッキング】

何だか神秘的!

【2019.7.14志賀高原池巡りトレッキング】

四十八池の遊歩道は平たん

 

山の天気は変わりやすいと云いますが、まさにそれでした

霧が晴れたらまた違う景色が観れたと思いますが、これはこれで神秘的でした♡

 

『田野原湿原~木戸池』の後、横手山の日本で2番目の標高にあるベーカリー

『渋池~四十八池』の後、あの人気ジブリ作品の舞台モデルと言われている旅館がある温泉街

1日目はこの行程で終了しています

 

そのレポはまた次回に!
ヾ(=゚・゚=)ノニャン♪

 データー

【志賀高原】

志賀高原観光協会HP

2 件のコメント

  • 折角の三連休でしたが、天気がイマイチでしたので出不精の我が家に対して、
    志賀高原とは・・素晴らしい行動力に脱帽です。志賀高原は、学生時代にSKIで
    行ったくらいかな~草津から志賀はなんたって温泉ですよね。non activeな我が家(笑)
    でも、雨に煙る湿原も幻想的です(@@)銀嶺草(銀竜草)は、別名で幽霊茸と言って、
    昔は地中の動物の死骸に芽を成すと言われて忌み嫌われた時期もありますが、実は真っ赤なウソ。
    菌類との共生植物ですが、あの見た目は、確かに・・・ヒュードロですね。
    無駄な長文失礼しました。

    • >marさま
      あら、この三連休 あまり遠くには行かれなかったのですね
      お天気良く無かったですものね…

      パッシブスキル『晴れ男』の主人のおかげ(?)で、1日目こそ霧と小雨のあいにくの天気ですが、それなりの雰囲気ある写真が撮れ、2日目には暑いくらいの晴天になりました
      (*´ 艸`)

      さすが、mar様
      高山植物にお詳しい♪

      小さい頃、この植物どこかでみた覚えがあるのですが、思い出せません
      (富士山かしら?)
      あのビジュアルを神秘的で美しいと取るか、不気味ととるかは紙一重ですよね
      ネットで調べたら、これ専門でblog記事をずっと綴っている人がいて、興味深く読みました

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    HN/ダヤンテール。 おうし座、A型。 静岡県出身、富士宮市在住。 食品会社の営業退職後に大手グルメサイトにて食レポを始める。 よくあるグルメ本とは違う、実際に行って人と話し自分の言葉で伝えられる様に記事を書くのを信条としています。 富士山を中心とした東海甲信地区情報をメインに、自分が実際に行った観光地やその土地のグルメなど、心地よいレポとして書いていこうと思っていますので、参考にして頂けると嬉しいです。