富士市にも遂に白いカレーうどん降臨 釜飯王将・ヒロDLの最強タッグ店【姓屋】

File73【芙蓉峰の麺処 姓屋】@富士市
『富士市にも遂に白いカレーうどん降臨 釜飯王将・ヒロDLの最強タッグ店【姓屋】』

今日はどこ行く?何食べる?
こんにちは(*’ω’*) ドコべるblogの管理人 ダヤンテールです

 

白いカレーうどん…って訊いた事がありますか?

その正体不明の食べ物は、東京恵比寿の『初代』や、その姉妹店『路じ』というお店で食べられると噂では聴いていましたが、まさか地元富士市で頂けるとは思ってもいませんでしたので、情報をゲットしてすぐに好奇心に駆られ早速突撃して来ました

今回は、カレーうどんの常識を覆す富士市の『白いカレーうどん』の正体に迫ってみたいと思います♪
(*’▽’)

 

 白いうどんが食べられる姓屋ってどんなお店?

おととしのクリスマスにオープンした、まだ新しいお店です

富士市にある釜飯や焼き鳥がおいしいお店【王将】がお料理のプロデュースをしているとの事で、特に『鶏肉』を使ったお料理に、ほかのお店には無い工夫が見られます

真っ白く四角い建物は、世界的にも有名なHIRO DESIGN LABO(ヒロデザインラボ)というデザイン事務所の企画なのだそうです

真っ白い四角

そば屋とか、うどん屋とか居酒屋というには余りにもおしゃれな外装内装で…

【姓屋】の周りの一角だけが別世界になっています

周りとの環境の差が

因みに『芙蓉峰』というのは富士山の美称なのだそうです

 

 駐車場

幹線から1回曲がって細い道に入るのですが…

周りは『工場』と昔ながらの市営住宅の長屋が立ち並ぶ場所で、曲がった瞬間に(あれ!間違った!?)と思ってしまうような周囲の環境です

工場あり、長屋あり

お店の前に4台ほどの駐車スペースがありますが、お店から100mほど東の敷地にも、出入り口正面から左側13台分の【姓屋の駐車場】があります

 

 店内

床がコンクリート打ちっぱなしで、シンプルモダンな店内はさながらカフェの様です

外観から見るより(入口側には窓がほぼ見当たらず、窓が無いお店だと思っていましたw)中は明るくて安心しました

カウンター席・テーブル(8卓)席がありました

ひっきりなしに利用者が訪れているのと、おうどんやお蕎麦の茹で時間等の兼ね合いもあり回転はそれ程よくは無いように感じました

 メニュー

釜めし・焼き鳥の【王将】さんが料理をプロデュースしているだけあって、鳥肉を使った料理は期待できますね

(余談ですが、私は【王将】さんの白レバーが好きですw)

釜飯も気になりますが、予約制でしたので今回は見送ります

肉カスうどんや、ガリ天うどんなど…あまり見かけないメニューもあり、思っていたよりメニュー数も多く、迷います

おうどんは太さを選べます

太いおうどんは茹で時間が余計に10分かかります

 本日のオーダー

オーダー品より先に、ミニサラダが提供されました

サラダのサービスは記載に気が付いていなかったので、少々びっくり(笑)

揚げそばのスナックが載っていて美味しかったです

 

 白いカレーうどん

1000円

カレーは辛さが『甘口』『辛口』から選べます

うどんなので、太さも『太い』『細い』から選べます

無料で『追い飯(白飯)』もお願いできるようです

今回は、提供時間を合わせたかったので『細うどん』を、辛さはわからなかったのでとりあえず『甘口』にしてみました

ご飯は頼みませんでした

おうどんが運ばれて来ると…

お盆の上に、紙の…?
広げてみると、『紙のエプロン』でした

カレーは洋服に飛ぶと厄介ですからね~!
うれしい気遣いです(^^♪

さて、白いカレーうどんのビジュアルは…まるで『枯山水』w

白い…何かふわふわしたものの上に、枝豆とカレー粉とピンクペッパーを粉砕したものが散りばめられています
(どこから食べようか…)

暫し悩んで、とりあえず本当に『カレーうどん』なのかどうか知りたいですよね~(笑)

箸を白い物体の雲海に差し込んで、ゴソゴソと沈んでいるうどんを…リフトあ~っぷ!!

うん…確かに、カレーみたいな…色(白い物体が絡みついて、本来のカレーよりカフェラテみたいなw)

うどんが『在った』ので、安心していよいよ謎の物体の解明に参ります!

白いカレーうどんで有名な初代とか路じは、レビュー拝見すると…ジャガイモムースを使っているとのこと

さて、【姓屋】さんのカレーうどんは…『生クリームっ??!』

正確には『生クリーム』と『ジャガイモ』とお出汁などを混ぜたエスプーマ(泡状の食品)

え~っ?!生クリームゥ~?って一瞬思ったけど、生クリームは牛乳が主原料だし、カレーに入れることもあるよね
ジャガイモだって、そうだ

てことは…合いますね♪

というか、『カレーうどん』って熱くて食べにくいっ!ってイメージなのですが、このエスプーマのおかげで、熱くないっ!

猫舌の主人も普通に食べることができましたよ♪

炭火焼の焼き鳥も、具材で入っていました♪

ただ…おうどん、もしかしたら細くないほうがいいかも?
後半、麺が柔らかくて少し飽きてきました( ノД`)

辛さは『甘口』でもカレーの辛さは感じることができました

 

 炙り親子丼定食

1300円

こちらもうどんか、そば
温かいか冷たいかを選ぶことができます

今回は、温かいお蕎麦をお願いしました

親子丼…ですが、わっぱで提供されますw

親子丼に使われている鶏肉は、一般的な親子丼とは違い『炭火焼』してあります

さすが、串焼きの王将さんプロデュース(笑)
炭の風味が独特ですね♪

青木養鶏さんの鶏肉使用ですが、軍鶏のようなしっかりした食感のお肉です

お蕎麦は、この地方独特の甘いおつゆのお蕎麦です
そば自体は星もなく、綺麗な細めのお蕎麦でした

上に散らした『姿焼きのり』が、よくお蕎麦に絡んでいい感じです

 

 手羽先から揚げ

100円(1本)

1本からバラでオーダーできるの、嬉しいですね♪

この手羽、すごく脂が載っていて味付けも上品で柔らかく、とても美味しかったです

これは是非ともまた食べたい一品でした

持ち帰りもできます

 

 蕎麦プリン(コーヒー付き)

500円

そば粉のプリンの上に、蕎麦シロップと蕎麦の実のあられ、3色の寒天と食用菊の花弁が1枚

見た目も上品ですが、味も癖が全く無く上品♪

これならお腹がいっぱいでもぺろりと食べちゃえますね

珈琲とセットで500円という価格もうれしいです

セットで500円♪

 

 メモ

■芙蓉峰の麺処 姓屋(ショウヤ)■

★駐車場はお店の前の他に100m先にもある
★うどんは太さが選べる
★テイクアウト可能品もある
★釜飯は予約制
★実は…隠れ蕎麦湯(トロトロ系)が出る

ヾ(=゚・゚=)ノニャン♪

 

 お店のデーター

芙蓉峰の麺処 姓屋
静岡県富士市宮下109
電話:0545-32-9005

営業時間)
11:00~14:00
17:00~21:00(※夜は金・土・日のみ)

定休日)
第3水曜日

駐車場)
店舗前と100m東に13台

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

HN/ダヤンテール。 おうし座、A型。 静岡県出身、富士宮市在住。 食品会社の営業退職後に大手グルメサイトにて食レポを始める。 よくあるグルメ本とは違う、実際に行って人と話し自分の言葉で伝えられる様に記事を書くのを信条としています。 富士山を中心とした東海甲信地区情報をメインに、自分が実際に行った観光地やその土地のグルメなど、心地よいレポとして書いていこうと思っていますので、参考にして頂けると嬉しいです。