富士宮やきそばの本当に美味しい 変わり種 を食べたいなら【ゆぐち】

File48【ゆぐち】@富士宮市
『富士宮やきそばの本当に美味しい 変わり種 を食べたいなら【ゆぐち】』

今日はどこ行く?何食べる?
こんにちは(*’ω’*) ドコべるblogの管理人 ダヤンテールです

 

地元民は、もし外で富士宮焼きそばを食べるとしたらどこが旨いのか、自分好みの『おいしい富士宮焼きそば』のお店を把握していると思うけれど、県外の人ってどうやって選んでいるんだろ?(´・ω・`)
やっぱり、メディアか観光情報本とかからが多いのかな?

ネットで『富士宮焼きそばおすすめ』って検索すると、富士宮市街を中心とした交通の便が良さそうなお店から名を連ねていますね~

今回紹介する【ゆぐち】は交通の便、メチャ悪いです(※要自家用車)
しかし、そんな条件ながら平日休日問わず、県外ナンバーの車で来店する方が多いお店でもあります

昔はダヤンはこの近くに住んでいて、電話で お持ち帰り焼きそばや お好み焼きを利用していたのですが…この混雑ぶりではもう無理そうですね(笑)

お値段ははっきり言って高い設定なので、美味しくても【ゆぐち】さんの『普通の焼きそば』は余りお勧めしません
(一般的焼きそばが450円~、ゆぐちさんは600円~なので、お得感とそれに伴う満足感が少ないから)

それでも時々食べたくなる創業30年【ゆぐち】の『ホルモン焼きそば』と『ふわっふわのお好み焼き』のお話をしますね♪(*’▽’)

 富士宮焼きそばについて

富士宮焼きそば学会が唱えている『富士宮やきそばの特徴』というのもありますが、きっちり決まってはいません

決まっているのは

富士宮の歴史・文化・観光アカデミーで学び、かん水を使った独特のコシのある蒸し麺(富士宮市に工場がある製麺会社)とロイヤリティー契約を交わすこと

これだけになっています
(定義に従いロイヤリティー契約した店舗だけに『富士宮焼きそば』のオレンジの幟の購入権と、『富士宮やきそば』の名称を名乗る許可が降りる)

ですので、今回なぜ【ゆぐち】さんの富士宮ホルモン焼きそばが1000円もして美味しいと思うのかは、ダヤンの偏見となっていることをご承知ください(^^)/(いや…いつも偏見ですがw)

ちなみに、ダヤンが平均価格450円近辺で現在一番おいしい(家の焼きそば基準)と思っているお店は以前の記事でも紹介した【さくら】になっています

 場所と駐車場

場所は、富士宮市の北部の住宅街『万野原新田』という場所にあります
ちなみに、駅から車で15分ほどかかります

駐車場は店舗敷地内にありますが…使いづらく、また最近では利用者が多く危ないので、30台停められるという、道を挟んで斜め南側の第2駐車場をお勧めします(舗装なし・ラインなし)

個性が出る停め方

 利用の仕方

いつからその方式を取り入れているのかわかりませんが、『着席後の商品提供を少しでも早くする為に』入店前の決まりがあるようです

 予備知識

※開店と同時に利用したいのなら開店30分前頃までには店舗前に行っていること(開店11時半:LO13時半・夕方まで中休みありで13時頃には材料が予定数量なくなるとお店を一回閉めてしまう様です)

※ゆぐちで何を食べたいのか、だいたい決めておいたほうがいい
(何故なら店員さんに、これはどんな商品?と訊けるタイミングが無さそうだから)

変わり種が並ぶメニュー

ドリンクメニュー

 店に着いたら

①車を停めたら、店の前(店舗入り口は、軒に『ゆぐち』と書いてある方の建物)のウエイティングボードに『カタカナで苗字と、利用人数』を記入(東のお店っぽい建物は違う)

店の前のウェイティングボード

②開店10~数分前になると店員さんからウエイティングボードの順番に呼ばれ、『商品名と金額だけ書かれた写真の無いメニュー表』と『自分で記入するオーダー表』と『ボールペン』を渡されます

オーダー表へ記入して店員さんに渡し、開店時間まで再び待つ

④開店時間に名前が呼ばれ、入店~♪

店に入ると、時間のかかるお好み焼きはどんどん焼きが始まっていて、着席からものの10分としないうちにお好み焼きが提供されます(焼きそばはお客さんが入店してから焼かれる為、お好み焼きの提供が早く始まる)

このスピードは、他の一人ひとりオーダー聞きながら作るお店ではできないスピードですね~(*’▽’)

結構待って居る時にお客さん同士で『ウエイティングボードに最初に書くのよ』とか教えあっていたので、お店のほうでもっとアピールして周知させておいたほうが、お互い誤解なく気持ちよく利用できそうなんだけどな~って思います

 カウンターでダヤンは見た|д゚)!

『焼き』は南側のガラス張りの厨房内で行われます

向かって左がお好み焼き、右が焼きそば・焼き物の鉄板です

【ゆぐち】のお好み焼きは、富士宮によくある『皮を薄く焼いて、キャベツをもりっ!と盛って、生地液を垂らして裏返して鉄板に押し付けながら、じゅ~~うっ!!!…と焼くタイプ』のものではなく、混ぜ混ぜした生地に『蓋』を被せ蒸し焼きにし、一切押し付けることなくまるで『スフレ』のようにふっくらプルンプルンに焼き上げます

巨大スフレの様なお好み焼き

それを二つに折って大きな陶器の皿に載せ、上からオムライスのケチャップをかけるが如くソースをたら~っとかけ、鰹節とネギをふりかけて提供されます

このプルンプルン巨大お好み焼きを『好き』と取るか『嫌い』と取るかは個人の見解でしょうね~

 

お好み焼きが焼きあがって来ると、右側の鉄板で店主が焼き物を焼き始めます

ダヤンが利用していた時は、金髪短髪の年配の元気な名物女将が『まいどっ!!!(`・ω・´)ゞ』と元気な声でお店を切りもりしていましたが、今は代替わりか…女将は支店でやっていらっしゃるか…かな?

体格のいい若い方が焼き手と店主を担っています

焼きそばの焼き手は本当に体力がいる仕事で、ダヤンも香具師のようにイベントで焼きそばを焼いていた時には、少しすると腕が上がらなくなってくるほど大変でした( ノД`)シクシク…

大きな鉄板で、高火力で手際よく空気を含ませながらちゃっちゃと焼くと、余分な水分が飛んで混ざりがいい艶のあるおいしい焼きそばが焼きあがります

ちまちま低温で焼いていると、野菜の水分が出てしまって、そこに挿し水やソースの水分がべちゃ~と残りべちゃべちゃの焼きそばになります。まず~いです(´;ω;`)

【ゆぐち】の店主さんは、10人前くらいを一気に数分で焼き上げていましたね~
すごく上手な焼き手さんだと思います

せっかくコシのあるおいしい『叶屋』の麺を使っていても、いい『肉カス』『ソース』を使っていても焼き手さんが上手でないと美味しくならないのが富士宮焼きそばです

普通の焼きそば→人気商品ホルモン焼き→人気焼きそばホルモン焼きそば…という順番で鉄板を使っていましたが、『ホルモン焼き』で大量の生ニンニクを鉄板の上でガーリックプレスで潰して使っていたので…昔から、ゆぐちのホルモン焼きそばが(ニンニクスライス入ってんじゃねっ???)と思うほどガーリックだったのは、これか~ぁっ…って知りましたw

 店内

店内はこんな感じ
カウンター席と小上がりテーブル席があります

混んでる時の相席は当たり前的な所がある地域なので許可無しでいきなり『相席』宣告されることもあります

小上がり席

L字型のカウンター席

 今日のオーダー

レビューみて、わかりましたよね?w

『ネギ玉お好み焼き1000円』

小手で二つに切ってみました

『ホルモン焼きそば1000円』

にんにくの香りたっぷりのホルモン焼きそば♪玉ねぎの甘みと柔らかいモツの焼きそばは人気メニュー

どちらもボリュームた~っぷりですが、それを鑑みても最初にお伝えした通りお値段は高いです

でも、これはこれでココでしか出せない味…ではあると思いますので、富士宮焼きそば好きな方のリピーターも多いですね(#^^#)

 

ちなみに、お隣富士市に【ゆぐち伝法店】がありますが

…一時噂になっていた東京進出はその後、どうなったのかしら??(。´・ω・)?

今日は居なかった女将さんの事も気になるし…本日は主人と来ましたが、実はダヤンは同僚とも行こうと約束しているので近々再訪予定です(〃艸〃)ムフッ

その時には、店舗前に看板が出ていた『辛子やきそば800円』を主人にお土産に…と頼まれているので、果たして『こんなに忙しいのにテイクアウトに対応できるのか』『女将さんは?』『立川は?』を聞いてみないとならないと思っています

 

あ。

後ですね

富士宮ですからね

ポットのお水、おいしいですよw←

ヾ(=゚・゚=)ノニャン♪

 お店のデーター

■ゆぐち
静岡県富士宮市万野原新田4032-3
電話:0544-58-4092

昼11:30~14:00(LO13:30)
夜17:00~20:00(LO19:30)
※時間内でも材料が無くなり次第終了

席:カウンター・小上がりテーブル席合わせて40席ほど
定休:月曜・第2第4火曜
駐車場:店舗前および道の反対側に30台駐車場あり

5 件のコメント

  • ダヤンさま

    おはようございます。
    実は・・私達が初めて聖地富士宮でいただいた焼きそばがこちらでした。
    きっぷの良いオバハンに勧められて、ホルモン焼きそば(850円)を美味しく
    食したことが懐かしいです。今はだいぶ混雑しているのですねぇ(@@)

    • >marさま
      こんにちは(*ˊᵕˋ*)

      私はゆぐちのすぐ近くに住んでいたので、富士宮やきそば(家で作るのと味が似てたので)を、手抜きで外食品で使うのは何も疑問を持たずに、ここでした(*´ 艸`)

      一風変わった名物女将でしたよね~
      今元気にされているか気になります

  • 好きな店が登場すると嬉しいです(笑)
    ここ、ちょっと高いけど他には無い美味しさがあるので気に入っています。
    一度土曜日のお昼に行ってみたらあまりの混雑ぶりなので、休日のお昼は近寄らない事に決めました。
    平日の夜も早じまいしたり、気まぐれにお休みになったりするので油断できないです(笑)
    この店大盛りは麺を二玉使うので、イヤと言うほど焼きそばを食べたい時は重宝します。麺に辛子を練り込んである辛子焼きそばもここでしか無いメニューですよね~。

    女将さんとても気の良い方ですよね。
    、私も気になったのでいつか行った時に聞いてみたら隣で定食屋をやっているとの事です。確かに看板は出ているのですがいつやっているのかは謎です。

    • >hi-deさま
      Σ(`・ω・ )オォ!!
      hi-deさまも好きでしたか♪

      ホルモンやきそば、私がよく食べていた頃は900円で、1000円の大台に乗ると流石に高っかいな~Σ(|||▽||| )って思いますが、それだけかかっても食べたいと思ってしまうのが…ね(笑)

      そうですか!
      あの、隣の住居らしからぬ謎の入口かな?
      情報ありがとうございます♪

      開店時間の件も、私も何回もハマってますw

      ただ、その時 県外ナンバーからの方が結構いらっしゃるので、それは気の毒に感じますねぇ…

  • 開店時間…
    3回連続で振られた時は、ちょうどお店のお姉さんがいたので
    「今日はなんでお休みなんでしょうか…」
    って聞いたら
    「疲れちゃったので…」
    との事でした(笑)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    HN/ダヤンテール。 おうし座、A型。 静岡県出身、富士宮市在住。 食品会社の営業退職後に大手グルメサイトにて食レポを始める。 よくあるグルメ本とは違う、実際に行って人と話し自分の言葉で伝えられる様に記事を書くのを信条としています。 富士山を中心とした東海甲信地区情報をメインに、自分が実際に行った観光地やその土地のグルメなど、心地よいレポとして書いていこうと思っていますので、参考にして頂けると嬉しいです。