鎌倉【茶房雲母】の巨大ぷにぷに白玉あんみつは寒くても雨でも開店前から行列覚悟で

鎌倉 茶房雲母

今回の場所はダヤンの『活動限界地
(テリトリー外)』鎌倉です

仕事にひと段落つけた所で
静岡から日帰り観光できる場所に『鎌倉』
を選んで行って来ましたよ♪

(2019.2.26火曜日)

 

今日はどこ行く?何食べる?
こんにちは(*’ω’*) 
ドコべるblogの管理人 ダヤンテールです

鎌倉といえば『小町通り』♪
可愛い小物屋や食べ歩きが楽しめる人気のスポット

その小町通りから
歩いて10分ほどの住宅街に今回
どうしても行ってみたかった

【茶房 雲母(キララ)】があります

【雲母】の名物は何といっても
ピンポン玉ほどもある大きさの

『ぷにぷにっ♡』とした巨大白玉っ!

その白玉が5~6個入っているので
甘味というより『食事』という心持で
食した方が良さげです(笑)

当日は今にも雨が降りそうな寒~い
天気だったのですが
行列必至と言う噂だったので
念の為に、早めに行ってみました

今日は、鎌倉銭洗弁天の近くにある
大人気の甘味屋【茶房 雲母】さんの
記事です♪(*’▽’)

 アクセス

鎌倉駅から歩いて9分
鎌倉 茶房雲母

鎌倉 茶房雲母

鎌倉駅からのルート

小町通りからでも歩いて10分

少し喧騒(ケンソウ)を離れた
住宅街の中ある
【茶房 雲母(キララ)】

銭洗弁財天宇賀福神社にも近い
(雲母から約1km)ので、その行き帰りの便の良さからもここを訪れる方が多いようです

この周辺は大きなお屋敷の様な建物が多いのですが、【雲母】の建物は至って普通の一軒家のお家の様にも見える外観で行列がなければ気が付かずに通り過ぎてしまいそうな感じです

27年ほど前からの開業なのだそうです

注意
駐車場は数台あるとの情報もありましたが、確認できませんでした
車でのアクセスはお勧めしません

 天候が悪くても行列必至!の待ち時間

伺う前のリサーチで

『凄く混むっ!行列が半端ないっ!
甘味の為に2時間待つことも!』

との情報でしたので当日は小雨もまう
肌寒い天気でしたが開店時間の30分前
にはお店に着いている様に
小町通りから頑張って歩きました(笑)

途中で何かの『発掘現場※』の脇を

補足
※鎌倉にはこういう場所が多いのだそうです

通りましたが、観察したい気持ちを抑え

鎌倉にはこういう場所が多いのだそうです

き…気になる!

ひたすら住宅街の中を速足で歩いて最後の坂道を上り

鎌倉 茶房雲母

この坂を登ればすぐ!

まだ誰も並んでない【雲母】さんの前に
到着(^^♪鎌倉 茶房雲母

(な~んだ!天候が悪いと並んでないじゃん)
と思ったのもつかの間w

その後どんどん利用者が集まって来て
最終的にはこんな天気の平日でも
第1陣で全組が入りきらず待ちが発生

鎌倉 茶房雲母

混雑時には雲母を囲む様に長~い行列ができるんだって!

第1陣に入り損ねたら30分は席が空きません

開店前に、グループの人数を聴かれます

 

 開店10分前に入店

この日が寒かったからなのか
いつもそうして下さっているのか分かりませんが

開店予定時間の10分前に店内に招き入れて頂けました

鎌倉 茶房雲母

お庭が見える素敵な席

店内は暖房が効いていて心地良い温かさになっていました

 

席間はとても狭いので、コートは早めに脱ぎ、大きな荷物は持って行かない方が良い感じです

鎌倉 茶房雲母

竹取物語がモチーフらしい落ち着いた店内

 

1つだけある『テラス席でもいいから』と通されたのでしょうか?

鎌倉 茶房雲母

外のテラス席と大人数用の奥の席

足元に暖を取ってくれているとはいえ
小さなお子さんを連れてテラス席に行った方もいらっしゃいましたがとても寒そうでした

補足
席は入り口付近に二人用席、奥に大人数用の席計28席
テラス席(屋外)4席の小さな店内です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

HN/ダヤンテール。 おうし座、A型。 静岡県出身、富士宮市在住。 食品会社の営業退職後に大手グルメサイトにて食レポを始める。 よくあるグルメ本とは違う、実際に行って人と話し自分の言葉で伝えられる様に記事を書くのを信条としています。 富士山を中心とした東海甲信地区情報をメインに、自分が実際に行った観光地やその土地のグルメなど、心地よいレポとして書いていこうと思っていますので、参考にして頂けると嬉しいです。