古民家カフェ&ラテアートの富士宮先駆店は23時までの謎多きカフェ

File46【ten cafe HIGASHI-CHO(テンカフェ ヒガシチョウ)@富士宮
『古民家カフェ&ラテアートでの富士宮先駆店は23時までの謎多きカフェ』

今日はどこ行く?何食べる?

こんにちは(*’ω’*) ドコべるblogの管理人 ダヤンテールです

 

ダヤンの生息地『静岡県』は良い所です(´ー`*)ウンウン

東(東京)と西(大阪)の文化に挟まれ、のほほんとした温暖な地の…….特に『富士宮市』はド田舎です!ヽ(≧Д≦)ノえ?w

なぜこんな暴言を急に書き出したかと言うと…

仕事が終わった後に一息つく為に行ける(夜8時以降も営業している)珈琲ショップを探しているのですが…ドトールとコメダと…コンビニくらい(ってか、コンビニも珈琲ショップに入れちゃうんだ?w)しか、な~いっ!!w٩(°̀ᗝ°́)و

….

と思っていたら、発見しました(≧▽≦)やったー!

今回は、23時まで空いている 古民家カフェやラテアートの富士宮での先駆けとなったカフェのお話です♪

ちょっと、謎が多いです(*’▽’)

 概要

お店の名前を【ten cafe HIGASHI-CHO】と云いますが、昔は【てんカフェ】という名前だったと思います(2009~

平成27年にメニューやらなんやら..(アバウトダヤン露呈)を少しリニューアルされたらしいので、その辺りで名称を少し変えたのかしら??(詳細は不明)

建物は築80年越えの古民家を富士宮浅間大社付近(レストラン長屋門※現在のSAKUYA)から移築してきたものです

静岡県富士山遺産センター前にある【富士山神田川楽座】内、珈琲スタンドの【SFJ Coffee&ロースターズ】は分店?シェアキッチン??他の店舗名や他の営業者の方の名前が出て来てこの辺りの関係がどうなっているのか良く判りませんでしたが… 多分、ten cafeの分店です(適当だw)

此方にもそのうちに伺ってみる予定ですので、詳細は判ったらその時に♪(≧▽≦)←

判らないと云えば、ten cafeの店内のエリア分けの仕組みも良く判らないのですが…

店内は『01』と『02』エリアに分かれています

実はダヤンは5年前の2013年にten cafeを利用していて、『01』は珈琲利用者『02』は食事もする方のエリアと伺っていて、現在のHPにもそのように記載されていましたが…『珈琲を飲みたい』とお伝えして、通された先は『02』でした(笑)

エリア02

ダヤンは珈琲を飲もうと決めてきたので『01』に座る気満々出来たので、ちょっと肩透かしでした

HPによると『01』では器具の貸し出しもしていて、豆を購入して自分で珈琲を入れる事もできるとか???

(´-`).。oO(1g=10円からのセルフ(自分でいれる)珈琲とか企画が色々あり過ぎてわからないデス)

 場所

2015年に利用してからその後ここへ来なかった理由の一つに『場所が判り辛い(地元民なのに見事に迷子)

と言うのがあります

とにかくten cafeがある場所の周りは、車1台通れるか通れないかの狭いジモ路地の上に、あちこちが一通でしかも、細かいマス目様に道があるので、曲がる箇所を一つ間違うとまた大回りして来ないとならないという立地条件です(´;ω;`)ウゥゥ

駐車場も、店の前に数台停められます(小型)が、『15台』とHPに書かれているので近くに契約駐車場があるのかな?(さらなる取材不足)

普通の古い住宅みたいな外観の店前

 てんカフェラテ(wショット)

今夜は『珈琲だけ』って決めて来たので、いつものようにスイーツの誘惑には負けませんでしたw

メニューの横に『♡が描かれたカップのマークがある』ものがラテアートが楽しめる珈琲

『てんカフェラテ』は700円と高めですが『wショット12オンスカップ(360ml)』なので、通常の約1.5倍量と考えれば高くはないの…かな?

きめの細かいふわっふわでツヤのあるフォームドミルクとぬるくも熱すぎもしない丁度いい温度のラテです♪

2019年の干支のイノシシが描かれていましたよ~

スチームミルクがほんのりと甘い感じで、加糖は要らないですね(#^^#)

 

初訪問時にはお食事も頂いたのですが…ダヤンは余り食事の好みとしては合いませんでした( ノД`)

マスターのオーダーの取り方や、他の利用者さんへの食事提供のされ方を拝見すると…少し不器用(愛想や所作的に)な感じを受けますが、帰りに『ek43グラインダー』がカウンター越しに見えたので『写真撮ってもいいですか?』って聴いたら快諾してくれましたし

ek43グラインダー-パワフルに均一に豆を挽く機械

珈琲はten cafeを気に入って3回来ると1回ドリンクがサービスして頂けるショップカードも頂けたし

お洒落な透かしが入ったショップカード

(…って、プレゼントに弱いダヤンw)

 

また来てみようかな~って思ってます

ヾ(=゚・゚=)ノニャン♪

 お店のデーター

ten cafe HIGASHI-CHO(テンカフェ ヒガシチョウ)■
静岡県富士宮市東町21-9
電話:0544-25-1316
11:30~23:00
定休:日・月曜
駐車場:15台完備
(※詳細が変わる可能性があるので必ず確認の事)

4 件のコメント

  • ここ、お洒落で親切で気に入っているお店なのですが
    夜にこのお店に来るイメージが無かったので嬉しい情報です。
    一番鶏→てんカフェという豪華なハシゴを思いついてウキウキしてきました(笑)

    てんカフェさん、以前は長屋門のところでアンダーグラウンドというバーをやっていました。
    当時の長屋門の建物をライトアップしてディスプレイしたりしていて、
    店舗もこぢんまりと綺麗にまとまっていて良いお店でした。
    店主が自力でお店を作り上げていました

    てんカフェも自力で作っていたと思います。

    • >hi-deさま
      マスター、取っ付きにくそうな第一印象を与えそうな雰囲気を纏った方ですが、何回かお話しして行くと良さそうな雰囲気の方ですね(*´ 艸`)

      一番鶏!
      帰る時光る看板見つけましたw
      まだ1回も行った事は無いのですが、美味しいと噂は聴いてます

      私の今年のキーワードは『夜カフェ』です(๑•̀ㅂ•́)و✧

  • ダヤンテールさん こんばんは~✨
    此方のお店、この前一方通行をグルグルしてやっと辿り着き行ってきました!(^^;
    夜11時までやってるのは気が付きませんでした!情報ありがとうございます♪(人´∀`*)

    此方のお店の奥様が淀師で「MIKAKOFFEE」というお店をやっていて、そこでお休みの日にお店を貸す(?)シェアキッチンもやってました。
    奥さんが別にお店をやるに際して、てんカフェさんもリニューアルしたのでは!?
    そのお店を閉店後、現在「SFJ Coffee&ロースターズ」をやっておられます。勿論、ラテアートもありますよ♪(^^)b

    • >H.Sanoさま
      コンバンハー(´∀`∩
      今夜は仮眠するつもりで寝過ごして、返信遅れてしまいました(•̥ ̫ •̥ )

      やはり、迷われましたか(*´ 艸`)

      情報、ありがとうございます♪
      ひとつ…1番引っかかっていた謎が解けたのでスッキリしました

      なるほど!奥様なら合点がいきました(๑•̀ㅂ•́)و✧
      ミカココーヒーの名前をどう出したら良いのか迷っていたので、なんかあやふやな表現になって困ってました

      他の記事でも何かご存知の事がありました教えて下さいね٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    HN/ダヤンテール。 おうし座、A型。 静岡県出身、富士宮市在住。 食品会社の営業退職後に大手グルメサイトにて食レポを始める。 よくあるグルメ本とは違う、実際に行って人と話し自分の言葉で伝えられる様に記事を書くのを信条としています。 富士山を中心とした東海甲信地区情報をメインに、自分が実際に行った観光地やその土地のグルメなど、心地よいレポとして書いていこうと思っていますので、参考にして頂けると嬉しいです。