【静岡市 ランチ】あの三國シェフのフレンチ ミクニスペシャリテを清水で『ミクニシミズ』

静岡ランチ ミクニシミズ

 【MIKUNI SHIMIZU(ミクニ シミズ)

今日はどこ行く?何食べる?
こんにちは(*’ω’*) 
ドコべるblogの管理人 ダヤンテールです

プロフィールでも少し触れていますが、私のグルメblogの前身は『食べログ』

2014年5月にほぼ更新を停め、5年程経っていますがその当時から行って見たかったフレンチのお店が、今回ご紹介する【ミクニ シミズ】静岡ランチ ミクニシミズ

東京新宿の高級フレンチ【オテル・ドゥ・ミクニ】よりもずっと気軽に『ミクニスペシャリテ』を楽しめる…

のですが

ドレスコードが設けられて居たり、世界の三國シェフのプロデュースした料理を楽しんで人様に伝えるには余りに自分を経験値不足だと感じていたので、当時は行けませんでした

(経験値の点では、未だですがw)

そんな訳で(?)今回は5月の自分のbirthdayランチとして、思い切って予約して行って来ましたよ♪

 

 ミクニスペシャリテ

『スペシャリテ』とは、そのレストラン(シェフ)の看板メニュー・得意料理などの事

その店(シェフ)らしいお料理のことです静岡ランチ ミクニシミズ

三國シェフは清水には常駐はしていませんが、20歳で駐スイス日本大使館の料理長に就任し、日本フランス料理技術組合の代表でもある世界的にも有名なかた

 

日本一日照時間が長く、土壌が豊かで作物は言うに及ばず畜産物も豊富な静岡県

更に清水は清水港があり新鮮な魚介も豊富

そんな清水の旬の食材をどんな風に『ミクニスペシャリテ』として仕上げられたのか、ワクワクします♪

 

 ドレスコード

当時はハードルが高いと感じていた『ドレスコード』

(今でも悩みますよねぇ)

 ドレスコード(服装規定)の段階

①フォーマル

②セミフォーマル

③インフォーマル

④スマートカジュアル

⑤ビジネスカジュアル

の順となっていて、【ミクニシミズ】のドレスコードは上から④番目の『スマートカジュアル』となっています

 

 スマートカジュアルの定義

スーツ…までは行かないが、清潔感がある上品なおでかけ服

身近で言うと『TVアナウンサー』の着こなしがお手本になります

女性なら、露出の高く無いデザインのワンピースや、ブラウス×パンツ×ストール・ボレロなどの羽織りもの等が定番

男性なら、ジャケット×パンツスタイル(ウール・チノパン等)が無難

ジーンズは解釈が分かれる所らしいのですが『ダメージジーンズ』等ラフなスタイルはNG

コーディネートによっては形がきれいなジーンズパンツならOKです

カジュアルすぎる『パーカー』『Tシャツ』『ジャンパー』『半パン・短パン』等はNGです

 

今回は人の意見を聴かない頑固な主人の服装(柄TシャツINの白ドレスシャツとジーンズと革靴)が多分…コードにひっかかるレベルだったと思います

なにも言わずに通して頂いて感謝です

( ノД`)シクシク…

 

 小物も気をつけたい

折角素敵なコーディネートをしても、バックが『いつも使っているトートバック』

財布が『マジックテープ開閉のくたびれた財布』

が『履き古したスニーカー』…では折角のコーディネートも水の泡です

高級なものでなくてもイイのですが、小物にも気を配る必要があります

 

 店内の雰囲気

店内の雰囲気はこんな感じです

静岡ランチ ミクニシミズ

店内

天井がアーチを描いていて、少し『船底や船のパドック』をイメージされている様に思います

この日は完全にカップルのみの来客でした(笑)静岡ランチ ミクニシミズ

女性のグループでの会食も楽しいかと思いますが、店内の構造的に声が響きそうな感じでした

 

 場所と駐車場

場所は【エスパルスドリームプラザ】の南方350m程の場所にあります

レストランは正面建物(左はフェルケール博物館)入り口に入り、吹き抜けの階段を上がった2階なります

静岡ランチ ミクニシミズ

正面まっすぐ行って、吹き抜けの階段をのぼります

静岡ランチ ミクニシミズ

2階のホールから入店される時の様子が見られてます

2階踊り場ホールに化粧室があります

 

 駐車場

駐車場は店舗建物前と北側、道を挟んで北側にもあります(20台)

静岡ランチ ミクニシミズ

駐車場

静岡ランチ ミクニシミズ

 

 予約に関して

ランチは予約無しでも大丈夫のようですが…行って見たらダメだった時のダメージは大きいので、予約はした方が無難静岡ランチ ミクニシミズ

ディナーは3日以上前に予約しないとならないものも、あるようです

 

 ランチ

ランチは3500円と5000円があり、5000円コースはメインが魚・肉の2皿

3500円は魚or肉のどちらか片方を選ぶ形です

3500円はコース金額だけを伝えて置いて、チョイスは当日メニューの紹介を聴いてから決められます

アレルギー等がある場合は先に告げておくと考慮して頂けます

今回は私のbirthdayランチでしたのでその旨を伝えましたら、デザートにサービスクッキーを付けて下さいました

食事にかかる所要時間は1時間20分程でした

 ランチ3500円コース

【ミクニ シミズ】のオープンから約9年

静岡ランチ ミクニシミズ

テーブルセット

当時はお店が限られていたフレンチも今では、気軽に食べさせて頂けるお店も増えている中、どんな料理が頂けるのか実際に頂くまで少し不安も在りましたが、色あせた感じは全然無く素晴らしい皿の数々でした

 ひとくちアミューズ

ズワイガニ、ホタテのラビオリ

静岡ランチ ミクニシミズ

ラビオリがモッチモチでおいしい

 オードブル

清水港で獲れたタチウオ炙り焼き 静岡産タケノコと春野菜サラダ仕立て

静岡ランチ ミクニシミズ

オードブル

静岡ランチ ミクニシミズ

地元で採れたもの、初夏のお野菜 目にも綺麗なボリュームある一皿

タケノコやお茶天ぷら、食用花等季節を感じられる目にも嬉しい一皿で非常にボリュームがあります

 スープ

しめじと新玉ねぎのスープ

静岡ランチ ミクニシミズ

本日のスープ

塩気とバター、生クリームが感じられる濃い旨みのスープ

ボールいっぱい並々と飲みたいくらいに美味しかったです

(カロリーは高そう!というか、フレンチ頂くのにカロリーの心配はいかんですねw)

 メイン

 ◆魚のポワレ

メダイのポワレをメインに、 ハマグリとニラ・岩のりの塩仕立てで磯の香りがするソース

静岡ランチ ミクニシミズ

魚のポワレ

メダイは皮がパッリパリで脂も載っていて肉厚で、とても美味しかったです

静岡ランチ ミクニシミズ

魚介風味たっぷりのポワレ

 ◆肉料理

こちらは主人のチョイス

静岡ランチ ミクニシミズ

国産牛のフィレステーキ(オプション)

国産牛のフィレステーキ ピカントソース(たぶんw)

脂身の全くない赤身ですが、とても柔らかくおいしいお肉です

(※基本は『ポーク』ですがプラス800円で牛フィレステーキに変更しました)

 デセール

バニラアイスとフルーツの酒粕のブランマンジェ

静岡ランチ ミクニシミズ

酒粕のブランマンジェ

カフェと頂かないと甘さが強い感じでしたが、ボリュームがありました

 カフェ

静岡ランチ ミクニシミズ

カフェ

 

 料理の印象

一皿一皿の味付けがパンチが効いていてぼやけることも無く、かといって濃すぎて飽きてしまう事も無く、丁度いい『あんばい』の数々でした

ボリュームも結構ありましたね!

5000円のコースだとお魚・お肉と2種類メインですが、3500円の方を頂いてみた感想として、私達には食べ切れそうもない感じでした

白ワインを1グラス頂きました(650円)

また、カトラリーに『お箸』がセットされていたのが好印象でした

静岡ランチ ミクニシミズ

グラスワイン

 

総評としてはこのお値段でしたら満足度が高く、あらたまった席を設けるにはリーズナブルと言えると思います

季節が変わったら、また来たいお店でした♪

(その時には、主人のファッションをどうにかしないと…)

 

 個人的に

ちょっと個人的なお話になるのですが…

電話予約で、お店の方でリザーブして下さっていた席は一番奥のBOX席タイプの丸テーブルで、主人と対面では無く横に並んで食事をする格好の席でした

私は、左に柱とクッションがあって非常に落ち着けるポジションだったのですが、主人の席が目を上げると入り口のフロアマネージャー(かな?)と何回か目が合って気まずかったと申していました(笑)

そのかたの指示でお料理がタイミングよく提供されていたと思うのですが、ちょっと『直視しない方法』を取って貰えるともっと良かったと思いました

給仕に女性が1人もいらっしゃらなかったので、男性スタッフだけで粛々とお料理が進んだので、個人的にはもう少し柔らかい雰囲気があるともっと好ましく思います

 

11時半オープン直後は暫く私達だけでしたが、12時頃には3組ほどのかたが来店されていて静かに最高のフレンチを堪能しました

 

 メモ

File110■ミクニ シミズ■@静岡市

★世界の三國シェフプロデュースのフレンチ
★ランチは3500円もしくは5000円の2種
★ドレスコード『スマートカジュアル』
★レストランは吹き抜けの階段を登った2階入り口

静岡ランチ ミクニシミズ

ヾ(=゚・゚=)ノニャン♪

 

 お店のデーター

ミクニ シミズ
静岡県静岡市清水区港町2丁目8-1
電話:054-355-3923

営業時間)
ランチ|11:30~14:00LO
ディナー|17:30~20:30LO

コースメニュー)
ランチ:3500円・5000円
ディナー:7500円・12,000円※12,000コースは要3日前予約
※ディナータイムには別途サービス料10%追加料金

定休日)火曜日(※

席数)22席※パーティールームあり

アクセス)『エスパルスドリームプラザ行き無料シャトルバス利用可』

駐車場)無料20台

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

HN/ダヤンテール。 おうし座、A型。 静岡県出身、富士宮市在住。 食品会社の営業退職後に大手グルメサイトにて食レポを始める。 よくあるグルメ本とは違う、実際に行って人と話し自分の言葉で伝えられる様に記事を書くのを信条としています。 富士山を中心とした東海甲信地区情報をメインに、自分が実際に行った観光地やその土地のグルメなど、心地よいレポとして書いていこうと思っていますので、参考にして頂けると嬉しいです。