入浴剤詰め放題で27個詰めるコツ

今日はどこ行く?何食べる?

こんにちは(*’ω’*) ドコべるblogの管理人 ダヤンテールです

 

三が日も終わり、今日から仕事始めという方も多いのでは無いでしょうか?

仕事から帰ってきて入浴剤いれた温かいお風呂にゆっくり浸かるのは至福のひと時ですね♪

でも、入浴剤って案外高~い( ノД`)シクシク…

しかし、ダヤン家正月から向こう1か月くらいまでは入浴剤に困らないのですよっ!!

何故なら…昨年の元旦に発見した、近隣のマックスバリュで今年も温泡詰め放題やって在庫持ってるからっ(参加は今年で2回目)w

マックスバリュ温泡詰め放題』で検索すると、22個くらいで結構詰められているようですが、ダヤン家では旦那さんが実は詰め放題の達人(?)っ…てお話です♪(*’▽’)

 

ダヤン家が、元旦早々お買い物に寄るのが『マックスバリュ富士八幡店』(*’ω’*)

(他のマックスバリュでやってるかどうかは知らないけれど)ここのマックスバリュさんは、元旦のイベントでいろいろな『詰め放題』の企画をやっていて、店内を見て回るだけでも楽しいです(^^♪

因みに店内にどんな『詰め放題』があるのか確認して見ました

★おつまみ詰め放題 598円

フライドポテト・エビフライなどの揚げ物詰め放題(怖くて詰めれないw)

★天津甘栗詰め放題 500円 ★芋けんぴ詰め放題 300円 ★落花生詰め放題 300円 ★さくらんぼ詰め放題 500円

芋けんぴ詰め放題って難しそうw

★フルーツよりどりみかん・キウイ・アボカド・レモン詰め放題 500円

これ、欲かくと悲惨なことになりそうw

★飲み切り飲料詰め放題 648円

子供に人気みたい

★マスキングテープ詰め放題 500円

ちょっと不人気

★シューアイス詰め放題 368円

そして…

★入浴剤詰め放題 380円

一番人気

詰め放題ってなんかワクワクする響きがありますが、中には『危険な香りがする詰め放題メニュー』もありますね(笑)

でも、まぁ…多少のハプニングが起こってもそれはそれで楽しいかも知れませんね (;・∀・)w

 

人だかり具合で見ると、詰め放題の中でも人気があるのは『飲み切りパック詰め放題』と『入浴剤詰め放題』(^^)/

去年、主人と1袋づつ詰めて実家に新年の挨拶で居間に上がり込んで『戦利品』を山分けしたのですが、『これ、いいじゃん!もっと欲しい♡』とのリクエストに応え、今年は二人で2袋づつチャレンジしてきました

検索すると22個くらい詰められると、結構いい感じで詰められてるらしいです

ダヤンもそのくらいでした

しかし、主人に言わせると『全然なってない』らしく(笑)途中でダメ出しを食らって、ダヤンは1袋だけで主人が3袋やることにwww

( ゚Д゚)ムッキー!!!!w

 

それでは、27個以上詰められる達人の技を見てみましょう(笑)

因みに、ここのマックスバリュさんのルールは『袋の淵からはみ出していても、片手で持ってレジへ行ければ(手を添えなければ)OK』というルールです(マックスバリュさん、ありがとー!w)

まず、袋の中ですが『4つを横向きで揃えて奥まで』入れて、『その横に1つだけ立てて』ゆっくり入れます

横向きで4っ揃えて居れた後、縦向きで1つゆっくり差し込む

これを袋の中で4段作ります

5段目からは、その土台に交互に差し込んでいくだけで27個は普通に入ります

もう少し入れる気になれば入れられるけど…w

もっと欲を出せば30個でも行けるのですが…恥ずかしいのでこの辺で(…って、27個でも充分恥ずかしい)

レジに片手で持って行きますが、たぶん重さが500gは確実にありますよね(笑)

レジが混んでると、手がプルプルしてきますw

1個辺り通常25円相当が、14円位の計算

 

去年たまたま、このマックスバリュで元旦の手土産を購入しに寄った事で見つけた『入浴剤詰め放題』ですが、ダヤン家ではお正月恒例の楽しみな行事になってます

去年は300円でしたが、今年は少し値上げ( ノД`)シクシク…

でも充分です(笑)

 

しばらくは、温泡のお風呂でゆっくりバスタイムが楽しめそうです(^^♪

(=^・^=)ノ♪ニャン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

HN/ダヤンテール。 おうし座、A型。 静岡県出身、富士宮市在住。 食品会社の営業退職後に大手グルメサイトにて食レポを始める。 よくあるグルメ本とは違う、実際に行って人と話し自分の言葉で伝えられる様に記事を書くのを信条としています。 他サイトで例え高評価な施設でも、不誠実な部分が見えてしまったお勧め出来ない施設は、記事にはしません。 富士山を中心とした東海地区情報を心地よいレポとして書いていこうと思っていますので、参考にして頂けると嬉しいです。