マグロ解体SHOWに初セリ参加してみた結果!東名駿河湾沼津NEOPASA(上)

今日はどこ行く?何食べる?

こんにちは(*’ω’*) ドコべるblogの管理人 ダヤンテールです

 

去年末、年内最後の二人揃ってのお休みに、大掃除もそこそこ 年越しそば用のお蕎麦を購入する為に、東名駿河湾沼津NEOPASAへと、ドライブがてら行ってきました

今回は、【東名駿河湾沼津NEOPASA(上)】の概要と、そこでたまたま『マグロの解体SHOW』が開催されていたので、初セリ(?)に参加してみたら…というお話です♪(*’▽’)

 東名駿河湾沼津NEOPASAとは

海老名SAの約1.5倍の広さ

高台にあり昼間は駿河湾・富士山、夜には市街地の夜景等の素晴らしい景観を臨める

テーマパークのような2階建ての異国情緒いっぱいの建物外観

近海の海の幸・箱根西麓野菜等を使ったグルメ

地元でも人気のある『沼津村の駅』での地元ブランド品のショッピング

2階には書籍を扱うTUTAYA・コーヒーショップのスタバ

テラス席も持つデザートが豊富なレストラン【家族庵(※旧ソラノテラス店舗)】

2階の展望デッキから行ける

最上階の『鐘の鳴らせる展望デッキ

1階にきれいで広いトイレがあるのにも関わらず、バスできた観光客が団体で見学(?)に訪れ混雑する『プレミアムレストルーム(撮影不可)』という、内部の装飾に飾り枠がついた丸い鏡やシャンデリアが下がり、ホテルのドレッサー様のパウダールームがありとてもSAのトイレとは思えない施設があったりと、このSAへ来ただけでプチ旅行感覚が味わえますね(´▽`*)

スマートETC(2017年)やぷらっとパーク(一般道から施設を利用する為の駐車場66台分)なども完備され、ドライブの休憩的役割は勿論、地元の人達が食材を求めて訪れる、同時期にできた他のNEOPASAと比べても、ダントツな人気がありいつも利用者で活気ついている事も納得できます

特に、現在『ラブライブ!サンシャイン!!プレミアムショップ』が2月12日までの期間限定で出店しているので、それ目当てでここを訪れる方も多いみたいですね

 マグロの解体ショーの掲示

この日は、以前購入した『半生のお蕎麦』が非常に美味しかったので、村の駅で『自然薯そば』『くるみそば』『山葵そば』を購入して帰路に着こうかと思って居たのですが

…こんな掲示を発見してしまいました

15時からか…今は14時15分…どうしようかなぁ(´・ω・`)

見てみたい気もするけど…暇そうに見えるけど、年末ですからねっ?

休みも今日だけだし、やらなければならないことは山ほどあるのですよ!

ん~っ…ん~っ…(´-ω-`)a

『マグロの解体SHOW』って見たこと無いし、正月らしい食品って殆ど買ってないから参加してきていいよ~との主人の言葉に甘えて家事を放棄…いえw、もう少し待って解体SHOWに参加することに(^^♪

 初参加!マグロの解体SHOW

まだ時間はあったのですが、ウロウロしていていい場所を取り損ねたら折角の主人の好意が無になってしまうので、14時半に物産所の奥にある『佐政水産の冷蔵ショーケス』の前で陣取ります

14時半過ぎには真っ白いまな板の上で、今日の解体SHOWの主役『本マグロ(高知産:養殖:38㎏)』の前処理(洗い等)が始まりました

サービスに、尻尾をつけて見せてくださいました

脳天の部分に空いている穴は〆に使われたもので、そこから神経に電気ショックを流して〆るのだそうです

解体と同時進行でされる解説によると、本マグロにしては小ぶりらしいのですが、目の前でみるとかなり大きいです

告知の15時少し前には、解体場の前には多くの人だかりができていましたが、ちゃんと15時ぴったりに解体が始まりました(^^)/

マグロは、ヒレはムナビレ背びれすべて体に沿うように収納できるような構造になっていて、きれいな流線型に体がなること、手際よく切り分けられていく部位の説明

お店で『さく(切り身)』となったマグロしか今まで見たことがありませんでしたが、こうやって命を頂いていることを実感する解体の工程も、一度は見ておくといいかも知れませんね

一番初めに切り落とされた大きな『あたま』の部分は、『自分んで調理ができること』を条件にじゃんけん勝者1名に無料で提供されました

ダヤンの家には普通の万能包丁しかなく、いくらタダとはいえ兜を割ることができないので、挙手は諦めました|д゚)

(´-`).。oO(そうか…解体SHOWは見るだけじゃなく、セリ(じゃんけん)で権利を得て、切立のサクの購入もできるのか)

なら、狙うは『なかおち』か『アラ』か『中トロ』しか無いでしょう ( ゚Д゚)クワッ!

じゃんけんは…自慢じゃないけど……弱いです ( ノД`)ハイ

3つしかない『なかおち』2つしかない『カマ』は1回戦にて敗退 ( ノД`)よわっw

手に入れられなかった『かま』安っ!!

でも、『アラ』は…じゃんけんに『一番負けた人が購入権利』を貰える…ということで、なんとGE――――――Tッ!!!ww (; ・`д・´)ナニカ?w

中トロはサクの数が多かったので、難なくGE―――――Tッ!!!

結局1回も『じゃんけんで勝てなかった』ダヤンですw(´;ω;`)ウゥゥ

でも、お祭りみたいで楽しかったwww

参加して良かった( *´艸`)♪

 勝利(?)品

思いもよらず、新鮮な『アラ』と『本マグロの中トロ』を格安で手に入れた訳ですので、主人の実家に寄ってお蕎麦と『アラ』を半分こにして置いてきましたよ(^^)/

主人の実家と半分こにしてもまだこんなにある

『本マグロ中トロ』は100g1000円の単価で購入

まったりと舌に絡みつくような上質の脂と、マグロ本来の旨みが感じられ全然水っぽい感じが無いお刺身(^^♪

主人がナマモノ全然食べられない人なので、ダヤンがぜ~んぶ独りで頂きましたw

手前のハラミ部分はアラから

『アラ』と呼ぶには立派すぎる『アラ』は1P328円の格安!

お刺身で食べれそうな箇所はそぎ落として『ハラミ部分の刺身』を取って、残りはナマモノが食べられない主人の為に塩焼きにしました

焼くと特に脂が…凄いです!!

新鮮なだけあって、血合い部分も全然臭みがなく、焼き調理しても素材が新鮮なものはびっくりするほどおいしいですねっ!!!(≧▽≦)

 

また、マグロ解体SHOWのタイミングに遭遇したら、参加してみたいな(^^)/

最後に…

解体SHOWを動画で撮りましたので、興味がある方はご覧ください

(=^・^=)ノ♪ニャン

 佐政水産 本マグロ解体ショー(動画)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

HN/ダヤンテール。 おうし座、A型。 静岡県出身、富士宮市在住。 食品会社の営業退職後に大手グルメサイトにて食レポを始める。 よくあるグルメ本とは違う、実際に行って人と話し自分の言葉で伝えられる様に記事を書くのを信条としています。 他サイトで例え高評価な施設でも、不誠実な部分が見えてしまったお勧め出来ない施設は、記事にはしません。 富士山を中心とした東海地区情報を心地よいレポとして書いていこうと思っていますので、参考にして頂けると嬉しいです。