このリコッタチーズパンケーキ、理想形90パーセント♪

file15【高倉町珈琲 甲府昭和店】@山梨県中巨摩郡

『このリコッタチーズパンケーキ、理想形90パーセント♪』

今日はどこ行く?何食べる?

こんにちは(*’ω’*)ドコべるblogの管理人 ダヤンテールです

 

今から5年前…

日本全国のパンケーキ情報が集まる『パンケーキの聖地』の様なサイトに出会って、そこから仕入れた情報で遠路はるばる浜松まで(車で片道90分程)『淡雪の様なプルプルしゅわしゅわパンケーキ』を食べに行った事が在った

その時食べたパンケーキは…今でも感触を覚えて居るほど衝撃的な食べ物だった…

メープルシロップの重みにも耐えられない程繊細な浜松のパンケーキ(2013年)

てか…

この、スプーンですくって食べてる物体は『パンケーキ種・スフレ属・クリーム科・ぷるぷる目』に属する新種の『パンケーキに属するもの』であって、私の求めてるパンケーキじゃぁぬわ―――――いっっ!!!⊂⌒~⊃。Д。)⊃

(マスターはメチャクチャいい人だったけど)

…その日から更なる『ダヤンテールのパンケーキを探す冒険』は始まったのです…!

(; ・`д・´)イヤ、マジデ

今日はダヤンは、嫌々…いえ、積極的に自分の実家(山梨方面)へ久しぶりに行こうかな…っと、昨夜からウダウダしてる延長で、少しでも目的意識を持たせる為に(?)、ダヤンの好物の『蕎麦』と『パンケーキ』で検索をかけ、とあるお店に辿り着きました(`・ω・´)

(え?実家は….?)←

今日はその話です♪(*’▽’)

 

 店名の由来・コンセプト

高倉町珈琲の名前の由来は、1号店の住所…この住所(地域)で一番になって欲しいと命名したもの

….らしいです(`・ω・´)

それなら私は、地域ごとの名前にしちゃおうかな←『高倉珈琲』『昭和珈琲』…やっぱ駄目ですねw

なんだかわからなくなりそうw

現在は、東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・山梨・石川・富山に20店舗あるようです

私たちはコーヒー屋さんの直営店ではなく「お客様においしいコーヒーを飲んでゆっくり過ごしていただく店」として高倉町珈琲をつくりました。

(※HPより抜粋)

私はこの意味を理解するのに少し時間がかかりましたが、お店や自己満足になる恐れのあるプライドやブランド主体では無く、無条件においしいと思って貰える店づくりをしたい…そう意味なのかな?って捉えました

(; ・`д・´)チガウカナ?

 お店のカテゴリーとメニュー

カフェ(喫茶フランチャイズ店)

朝から閉店までずーっとオーダー出来る『リコッタチーズパンケーキ』、『エッグベネディクト』(今でさえメジャーなメニューになりましたが、私これ食べたさに昔、東京に行きましたw)等の、軽食・デザートと…それに合うオリジナルブレンドの珈琲が推しみたいです

 場所

高倉町珈琲の周りの環境…凄いですw

星乃珈琲・ワールド珈琲などの珈琲チェーン店が立ち並ぶ中、割り込む様に来てますね( ̄▽ ̄)

以前とある会社の社長さんに訊いた事があるのですが、その方はわざわざライバル会社店舗が在る場所に自社店舗を建てるのだそうです

そこでライバル会社が流行っているのは『その系統の店の需要があるから』だって理由と、悪い言葉でいうと『顧客を取ってライバル店舗を潰してやろう』って考えもあるそうです(; ・`д・´)コワッ…

まあ、自信とギャンブラー精神が無きゃ出来る事じゃないですね

あ、ちなみにダヤンは星乃もワールドもコメダも好きです(#^^#)

 外観とファサード

フランチャイズって…大体同じ外観で展開するものとばかり思っていましたが、ほぼバラバラの外観ですねw

甲府昭和はレンガタイル調の外壁で統一されています

 駐車場

39台

出入口は2方向あります

出入りし易い構造です

 店内の雰囲気と席の配置

店内の雰囲気は…まるで、ホテルのラウンジッ!Σ(゚Д゚)壁の一部に外壁と似た雰囲気のタイル調の壁をとりいれて、流れを出していますね

テーブルやボードはシックな色合いにしてある分、チェアーとランプシェードの可愛らしさが引き立ちます♪

この内装、好きだわ♡

ご飯メニューに並んで『TOILET』の画像をモロに載せるのは生理的にイヤなので、化粧室の一部を

化粧室もおしゃれ

喫煙ルームも化粧室近くに設置されていました

席への案内も、隣の方と余り接触しない案内の仕方をしているのかな?

この日、空いていた関係もあるのか、周りに利用客が見えなかったのと、間仕切りの造りが絶妙でお一人様利用でもストレス無かったです店内のBGMが『ビートルズ』ってことで賛否(どちらかと言うと、ピ?←)あるようですが、お店のターゲット層がシルバーなので『シルバー=ビートルズ』ってオチ(?)らしいです

若い世代層の利用が多くなれば、BGMもそのうち変わるのかな?w

 創業者について

『高倉町珈琲店』は御年80歳になる、日本の投資家 横川竟氏が自身創業者の一人である『すかいらーく』代表取締役会長兼最高経営責任者から2008年退任後、2014年4月東京八王子に『高倉町珈琲』設立

一生衰えない新しい物へのチャレンジ精神は、さすが投資家って感じ

カンブリア宮殿(ビジネス番組)に取り上げられたのも大きな話題になったみたいです

 本日のチョイス

Σ(゚Д゚)ハッ!!

前置きが長すぎて、肝心なお味のレポ 忘れるとこでしたw

えっと…

そうだっw

ダヤンはこの『高倉町珈琲』の噂のパンケーキが、ダヤンの求めるパンケーキなのか否かを確かめに来たのです!

(あれ…山梨に来た目的、それだったっけ…かな?)←(; ・`д・´)?

他の方の感想で

『フルーツ系は普通だった』

『特製クリームのリコッタパンケーキが最高♡』

ってのが印象深かったので、座るや否や

『★特製クリームリコッタパンケーキ¥1000と、★高倉町ブレンド¥420をっ』(`・ω・´)プリーズ

 

オーダー後、金属のカトラリーがテーブルにセットされます

カトラリー

….(スプーン….)

(;´・ω・)

一瞬またかよ…って思いがよぎりましたよね

クリームみたいな、火が通っているかいないか判らない様なとろっとろの『パンケーキ種・スフレ属・クリーム科・ぷるぷる目』あれかよ…(´・ω・)シュン

テーブルの上のポーションやお砂糖を見ながら、複雑な気持ちになっていると先に、可愛いコーヒーカップでオリジナルブレンド登場♪

一口目は、星乃珈琲の炭火焙煎珈琲に似てるかな…って思ったけど、違ったw

香りはそれに似てたけど、それより苦みが少なくて飲み易かった♪

確かに、このストレートなら甘ったるいスイーツとよく合いそう♡

これはよく分からなかったw

それから、10分程でお待ちかねの『パンケーキ登場』ヾ(≧▽≦)ノ♪

キャラメルソースのすっごーくあまーくて良い香りにテンション(∩´∀`)∩アゲアゲ♪

で、写真とってる時に気が付いた

『こ、こいつ…しぼんでないっ!!!』(; ・`д・´)!

『パンケーキ種・スフレ属・クリーム科・ぷるぷる目』って、すぐヘたるんだよね…

(`・ω・´)こ、これはっ!!!!もしや

おもむろに、ナイフを手に取りクリームに恐る恐る、すっ…….

!!!!!!!

て、切り応えが あるよぉ(´;ω;`)ウゥゥ

ふかふかだけどしっかりしてる、これよ、これっ!!!!

『パンケーキ種・スフレ属・ふわふわ科・しっかり目(レイヤータイプ)』(*ノωノ)♡

2杯目から半額で珈琲がお替りできるし、多少甘くても平気♡

小麦粉に卵黄・牛乳・リコッタチーズを混ぜた生地にメレンゲをさっくり混ぜ合わせて焼いたパンケーキ♪

とろとろクリームと相性ばっちり(∩´∀`)∩

トップに散りばめられたローストアーモンドダイスが良いアクセント♪

…って勇んで食べ始めたけど…3分の2でちょい苦しいw

(しっかし、なんでクリーム時間が経ってもでろんでろんにならないんだろ)とか、考えながら気を紛らわす為にさっき撮ったメニュー写真見たりしてw

なぜへたれない?なぜクリーム一緒に切れる?w

て…あれ?

もしかして、『Ⓕリコッタパンケーキ(お飲み物代+436円)』って…クリームも付いてくんじゃね?

( ̄▽ ̄;)ありゃ

1人なんだから、Ⓕで良かったんじゃね?

 

 

おいしかった以上お残しは勿体無いので、流石にもう無理だったクリーム一口分だけ残して完食!(;´∀`)

珈琲さえお替りできない位に満腹(´;ω;`)ウゥゥ

 

折角山梨に来たんだから、美味しいお蕎麦をお昼には食べて…って思ってたのに夕方まで何も食べられず(´;ω;`)ウゥゥ

そして、何か重大な事を山梨で忘れてる気がするダヤン…

 

(=^・^=)ノ♪ニャン

 

 お店のデーター

■高倉町珈琲 甲府昭和店■
山梨県中巨摩郡昭和町河西1600-1
電話:055-244-7447 
7:00~23:00(LO;22:30)

定休日なし

喫煙席80席

WiFi

ブランケット貸し出し

バリアフリー(車椅子用トイレあり)

喫煙ルームあり

駐車場39台

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

HN/ダヤンテール。 おうし座、A型。 静岡県出身、富士宮市在住。 食品会社の営業退職後に大手グルメサイトにて食レポを始める。 よくあるグルメ本とは違う、実際に行って人と話し自分の言葉で伝えられる様に記事を書くのを信条としています。 富士山を中心とした東海甲信地区情報をメインに、自分が実際に行った観光地やその土地のグルメなど、心地よいレポとして書いていこうと思っていますので、参考にして頂けると嬉しいです。